FC2ブログ

その後の経過報告 ~家族が増えました♡ ④

無事手術も成功し、我が家へ戻って来た娘たち。
 前回までのあらすじ ⇒ 『年齢詐称疑惑。。。。

お疲れ様でした。
しばらくはエリザベスカラー装着の日が続きます。

エリザベスカラーってアレね。
首の回りに巻き、頭の方へ円錐状に広がるヤツ。
傷口舐めて開いてしまわないための装具。

似合いすぎる。

三毛猫のほうは舐めてお腹の毛が抜けてしまう、
所謂舐め壊し状態だったため、以前より時々は着けておりました。
2人とも装着し、めちゃめちゃ大人しい。
それが手術による影響なのか、カラーによる影響なのかは不明です。
カラー外した時に以前と変わらないようであれば、カラーの影響ってところでしょうか。
実際、1~2週間でカラー外れたのですが、
大人しいままなので手術による影響だった、という事で。

マーキングやら夜鳴きやらで少々苦労しましたが、
ものすごく飼いやすい子たちへと変身。

下の子が上の子の所へ近づくとかなりの確率で「激おこ」だったのですが、
どうなったか。と言うと・・・・
長時間一緒にいると「おこ」ぐらいで済みます。
少しの時間であれば、共に行動しています。
成猫になってからの同居なので少々は縄張りがあるのでしょうね。
こちらも少しづつ慣らす方向で。

まぁ、気になると言えば・・・・
お互いにお尻のにおい(猫の習性のようです)嗅ごうと、
互いのお尻追いかけまわすのが気になるかな・・・・
女の子同士やろ。。。。

上の子の膀胱炎もしっかりと完治し、
病巣摘出した事により食欲も回復し、一安心です。

下の子は・・・・食欲は以前から旺盛でしたが、
さらに食欲が増したのか、
台所からちょいちょい失敬するように。。。。
オイオイ 野良猫の本領発揮か!
それどころか、自分のご飯は残しておいて、
上の子のご飯にまで手を出す始末。
病院で買ってくる年齢別の食事だから高いのよ(涙)
躾として人間の食事には手を出さない、
もちろん上の子の食事にも手を出さない、を学ばせねばなりません。
難しいですね。

犬について詳しくは知らないのですが、イメージとして
犬は人の言葉を単語で理解しているイメージがあります。
お手、おかわり、ふせ等々。
猫は人の話している言葉を理解しているようです。
よく話しかけているのですが、
「今日はどこで寝るの?いつもの部屋?お兄ちゃんたちの部屋?押入れ?ケージ?」
と聞くと自分の寝たい場所へ歩いて向かいます。

上の子が一時夜鳴きしていた時は、眠れないので
「にゃおんダメだよ。」
と言っておいたらその日の夜から
「うーっ、うーっ」と唸りながら練り歩くようになりました。
唸り声が大きいので結局眠れないのですが。
いまだに時折夜中に唸ってます。

下の子も言葉は理解しているようですが、やんちゃ盛り。
まるでいう事を聞きません。
こちらが怒ってるときはいうことを聞くので、理解はしていると思います。

上の子は理解しすぎてて少し怖いくらいです。
どちらの子も甘えん坊で気紛れで少々いたずら好きで、
かわいい我が家の娘たちです。

[y2k2]
スポンサーサイト



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

kkseishin

Author:kkseishin
株式会社セイシン
私たちは工場設備機器を中心に、お客様にご提案・販売をしている総合商社です。

■富山本社/〒930-0821
富山県富山市飯野16番地の5
TEL:(076)451-0541
FAX:(076)451-0543

■新潟営業所/
〒950-1142
新潟県新潟市江南区楚川甲619番地6号
TEL:(025)283-5311
FAX:(025)283-7469



URL:http://www.kk-seishin.com/

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR