FC2ブログ

育て、2本目の柱

当社が楽天市場にお店を出店して、もうすぐ半年が経とうとしています。

当社が楽天市場にお店を出店した理由、それは、
「将来に対する危機感」です。

当社はもともとヒーターなどの工業製品を扱う商社で、
小規模ながら小回りの利く営業で、
お客様から信頼をいただいてきました。
主なお客様は製造業を中心とした法人様です。
「何屋さんなのですか?」と問われると、
なかなか一言では言えないけれど、
お客様のイメージを形にするために、
なんでも調べ、イメージに合うものを取り寄せてはご紹介してきました。
当社はそのような「なんでも屋」として、
創業40年を超えてまいりました。

それはそれで大事な業態で、現在でも当社の主力です。
今後も肌理の細かい営業で、
お客様を大切にしていきたいと考えています。

ただ、
このところ製造業で顕著な日本離れなどが影響しているのでしょうか、
お客様のなかには投資を控える方が目立ってきました。

このことによって、すぐさま影響があるとは思いませんが、
さらに40年、社業を邁進しようとするとき、
40代以下の若い社員を中心に、危機感を感じたのです。

そこで、
もうひとつ、主力を育てようということになりました。

それが当社が楽天市場にお店を出店した理由です。

主力を育てるという趣旨で、
「楽天市場」というのは正しいのでしょうか。
この自問自答は長く続きました。

結論として、現在、
「楽天市場」というチョイス自体は
誤っていなかったなと思っています。
実際のネットショップ運営や楽天大学での講義を通じ、
どうやら、客層がぜんぜん違うということに気付いたからです。

客層が違うということは、
きっと、
まったく新しい experience になるはずで、
独立した主力に成長するだろうと期待しています。

また、法人様であっても個人様であっても、
ネットで買い物をする人の多くは
実際の街のお店から買おうとしませんし、
実際の街のお店で買い物をしたい人は
ネットを使わないようなのです。

ということは、当社は「なんでも屋」として、
街の「なんでも屋」としての役割と、
ネット上の「なんでも屋」としての役割を、
両方担うことができそうです。

残す課題は、品揃えですね。
何しろ楽天市場の商品数は 90,161,428点だそうです。
その中からお客様に選んでもらえるよう、
毎日の工夫が大切でしょう。
努力してまいりますので、
ご支援をお願いいたしますね。

[SE;KICHI]
スポンサーサイト



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

kkseishin

Author:kkseishin
株式会社セイシン
私たちは工場設備機器を中心に、お客様にご提案・販売をしている総合商社です。

■富山本社/〒930-0821
富山県富山市飯野16番地の5
TEL:(076)451-0541
FAX:(076)451-0543

■新潟営業所/
〒950-1142
新潟県新潟市江南区楚川甲619番地6号
TEL:(025)283-5311
FAX:(025)283-7469



URL:http://www.kk-seishin.com/

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR