FC2ブログ

運転マナーに関する一考察

ずっと富山に暮らしていると麻痺してくるのですが、
他県などで聞くと、
富山県民の運転の評判は、すこぶる悪いです。
特に、合流や割り込み、信号の変わり目の右左折など、
主に運転マナーの部分で、富山県民のマナーの悪さは有名のようです。

私はかねがね、クルマの運転に県民性なんてあるものかと疑っていました。
確かに、首都高速や阪神高速を日常的に運転しているドライバーと、
田舎の農道のようなところばかり運転する牧歌的なドライバーとでは、
運転に差はあるだろうなとは思うのですが、
でも、それは、運転技術の問題で、平たく言えば、“慣れ”であり、
マナーについては全国共通、そんなに差はないはずだと。
しかし、名高い富山県民の運転マナーの悪さを耳にするにつれ、
これはどういうことかと、不審に思っていたというわけ。

そう思っていた先日、私はある発見をしたのです。

数日前、記録的な寒波が西日本を襲い、長崎や鹿児島まで大雪に見舞われました。
雪国の富山からしてみれば、
確かにドカンと降雪はしましたが、記録的というほどでもなく、
しばらく休んでいた冬将軍が、ようやく重い腰を上げて働き始めたと、
その程度だったんですが、道路に雪が積もっているので、
運転には、いちおう、雪道特有の注意が必要です。

雪道の運転の、一番の要諦はなんでしょうか。
私は、それは、「不用意にブレーキを踏まない」だと思っています。
急ブレーキを踏むと、タイヤは止まるかもしれませんが、
ハイドロプレーニングで、そのまま横に滑ってしまい、
かえって凍った路面で制御を失うことになりかねないので、
雪道や凍った路面では、ブレーキは避けたほうが賢明でしょう。
つまり、凍結路面でのブレーキはリスクがあるということです。

これは、法令遵守とは別次元の話です。
たとえば、結果的にやや強引な割り込みになってしまう場面に遭遇したとして、
仮に、気づいてブレーキを踏めば間に合うのかもしれないけれど、
凍結路面であれば、ブレーキのリスクを考えて、
そのままブレーキを踏まずにやり過ごすのが得策の場合も多いということです。
この様子を第三者の目で見ると、「おいおい危ないな」と思うのですが、
当事者は、おそらく割り込まれたほうも含め、なにしろ凍結路面でのことなので、
無理な運転をしたとは思っていないのです。

何が言いたいのかというと、
富山の、雪道の運転に慣れている人は、おしなべて、
ぶつかったら元も子もないと思っており、
特に、凍結した路面では、
急に何かをしないほうがよいと考えています。
実際、善し悪しは別にして、冬場は、踏切手前ですら、
その傾斜で停止することにリスクを感じ、
完全には止まらないドライバーも多くいます。
それは、安全に走行するには、教科書通りの運転よりも、
クリープなどの『惰性』を駆使し、ブレーキやアクセルを控え気味にして、
慌てない、焦らないというのが大事だと思っているからです。

さて、その、凍結路面の運転方法で、
冬以外の、たとえば夏場に運転するとどうなるでしょうか。
教科書通りの運転よりも、慌てない、焦らないことを重視し、
やや強引な割り込みになってしまう場面でも、
慌てるくらいならそのまま突破する、と。

まぁ、そりゃ、他県のドライバーから見れば、
「富山の人は、なんちゅう運転をするんだ!」って、
思われても仕方ないですよね。

富山県民のマナーの悪さは、
雪道に順応しすぎてマイペースになったということではないかと。
これが私の、この冬の発見です。

[SE;KICHI]
スポンサーサイト



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

No title

ああ、確かに!
岡山在住ですけど、
富山ナンバーのクルマの運転って、
マナー悪いですよね (# ゚Д゚)
雪国だから仕方ないのかぁ (-_-)
プロフィール

kkseishin

Author:kkseishin
株式会社セイシン
私たちは工場設備機器を中心に、お客様にご提案・販売をしている総合商社です。

■富山本社/〒930-0821
富山県富山市飯野16番地の5
TEL:(076)451-0541
FAX:(076)451-0543

■新潟営業所/
〒950-1142
新潟県新潟市江南区楚川甲619番地6号
TEL:(025)283-5311
FAX:(025)283-7469



URL:http://www.kk-seishin.com/

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR