FC2ブログ

Take on me.

このブログではおなじみの ZUMBA の話。

ZUMBA は、ラテン音楽を使ったダンスプログラムですが、
年中、同じ曲を踊っているわけではありません。

ZUMBA で使う CD は、インストラクターがスタジオに持参するわけですが、
この CD は、インストラクターの自宅に、
ZUMBA協会のような団体から定期的に郵送されてくるものだそうです。
“定期的”にというのは、だいたい1箇月に一度。
つまり、1箇月に一度、新曲が10曲ほど詰まった CD が届くわけで、
私たちが参加するスタジオのプログラムも、
それぐらいの周期で新曲が登場し、古い曲はかからなくなっていきます。

だから、インストラクターのサジ加減もありますが、
あとからあとから新曲が出ますので、
基本的に、同じ曲をそんなに長くは踊らないのです。

さて、Take on me です。
もともと 1985年に発表された曲で、世界中でヒットしましたので、
聞いたことすらないという人はいないでしょう。
それの ZUMBA版が、ZIN43という ZUMBA の CD に収録されています。

https://www.youtube.com/watch?v=WLDk3saYVVM

ZIN43というのは、2013年3月の CD なので、もう2年も前の CD です。
前述のとおり、あとからあとから新曲が出ますので、
2年も前の Take on me なんて、もはや過去の曲だと思うのですが、
いま私が参加している ZUMBA のプログラムでは、
どうゆうわけか、まだやっています。(執筆時;2015年7月現在)

それが、超イヤなんです。
私は、こういうオールデイズっぽいメロディーが嫌いなので、
2013年当時に Take on me が登場した時点から、ずっとイヤでした。
こんな曲、早く引っ込めと思いつつ、
それでも、極端な話、「まぁ、何か月かの辛抱だ」と思っていたのですが、
なかなか引っ込みません。
業を煮やして、昨年頃から「もう勘弁」とインストラクターに申し入れると、
申し入れた次の回の ZUMBA からは削られるのですが、
逆の申し入れをする者がいるのか、何者かの陰謀か、
その次の回からは復活するのです。
どうやら、基本、インストラクターがこの曲を愛しているらしく、
逆の申し入れとインストラクターの意志で、現在まで踊らされ続けているようです。
繰り返しますが、私、それが超イヤなんです。

ところが、先日、ZUMBA のプログラム中に、キョロキョロしていたら、
予想外のものを発見しました。
それは、Take on me を嬉しそうに口ずさみながら踊る、若い女性。
爽やかな顔立ちで、高いポニーテールの長い髪が印象的な彼女、
私とは以前からの知り合いで、ZUMBA 歴もそこそこ長く、
もともと、小首を傾げ、いつもはにかんだように口角を上げている女性です。
そんな彼女が Take on me ではサビの歌詞などを楽しげに口ずさんでいます。

私は、いたく驚くとともに、不思議な感覚に包まれたのでした。
小首を傾げ、はにかみながら「Take on me(私を受け入れて)」と歌う彼女、
なんだかチャーミングだし、何より楽しそうだなって。

TOTSUさんが「エアロビクス体験記」に書かれていましたが、
あんまり楽しげにされていると、「惚れてまうやろスイッチ」が入ることは、
確かにあります。
まつ毛の長いこの彼女、はにかみながら首を傾けて踊るさまは、
そのスイッチが連打で入るほどのチャーミングさです。

そこで、試しに私もそれを実践に移してみたのでした。
つまり、口角を上げて笑顔を作り、サビを口ずさみながら踊ってみたのです。
そしたら、なんと、楽しかったのです。

そういえば、この娘さんは、Take on me 以外にも、
たとえば Taboo とか、Livin La Vida Loca とか、
ZUMBA に興味のない方でも知っているようなメジャーな曲を中心に、
かなり楽しそうに、口ずさみながら踊っているのです。
ははぁん、もしやこれが、ZUMBA を何倍も楽しくする秘訣だったのかぁ。

楽しそうに口ずさむという、ZUMBA のコツを知ってしまった私。
いまだに Take on me がかかるとテンションが下がるのは事実ですが、
彼女に免じて、今日も歌いながら、楽しげに Take on me を踊るのです。
ま、それでも渋々なのですが。
イヤでもできるだけ楽しもうって話ですかね。

[SE;KICHI]
スポンサーサイト



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

No title

でも、Take on meって、いい曲じゃね?
プロフィール

kkseishin

Author:kkseishin
株式会社セイシン
私たちは工場設備機器を中心に、お客様にご提案・販売をしている総合商社です。

■富山本社/〒930-0821
富山県富山市飯野16番地の5
TEL:(076)451-0541
FAX:(076)451-0543

■新潟営業所/
〒950-1142
新潟県新潟市江南区楚川甲619番地6号
TEL:(025)283-5311
FAX:(025)283-7469



URL:http://www.kk-seishin.com/

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR