FC2ブログ

“国の借金”

しばしば「国の借金が1000兆円を超えた!」とか、
国民一人あたりの借金額が800万円!」とか、
そういう報道を目にすることがあります。

“国の借金”というのは、長期債務残高のことでしょうか。
だとすれば、それが1000兆円を超えたのはその通りだと思いますが、
危機感を煽る意図があるとはいえ、
こんなバカな報道を真に受ける人は少ないだろうと思っていたところ、
それがそうでもなかったようで、
先日、同僚と話していたら、
冒頭のセリフを、「国の借金って、すごいんですよね?」と、
確定した事実のように話していたので、驚きました。

日本はこの5年ほど、十年物国債金利が1%を切っているので、
この状態で破綻することはありえないのですが、
彼の話は、「日本もギリシャのように破綻する可能性があるらしい」というもので、
まさに、危機感を煽っているマスコミの思うつぼです。

この彼が、ことさら無知なのかどうかは私は知りませんが、
こういう衝撃的な報道を見て鵜呑みにしてしまうのは彼だけではないでしょう。
報道を信じる方々が悪いわけではありません。
不安を煽るマスコミ報道が恣意的なのが問題なのです。

だいたい、“国の借金”という単語がけしからんと思います。
普通の感覚で『借金』と言うと、お父さんがサラ金で借りる的な、
対外的な借金を指すでしょう。
確かに日本は外国から借金していますが、同時に外国に貸し付けもしており、
相殺したところの純資産は320兆円もあって、その額は世界最大です。
つまり、日本は超お金持ち国家であり、
日本に「借金問題」なんてありません。

いやいや、1000兆円を超える長期債務残高があるじゃないかと言われれば、
確かにそうなのですが、それは日本政府の負債の話で、
国民の負債ではありません。
その日本政府の負債は100%円建てであり、
日本国債を所有している50%ほどは日本国内の銀行です。
デフレ下で融資先のない銀行が、私たちの預金を運用する形で、
仕方なくわざわざ金利の低い国債を購入しているわけで、
この時点では確かに返済義務のある負債のような気もしますが、
黒田総裁になってから、この国債を、日本銀行が大量に買い取っています。

日本政府と日本銀行は親子の関係であり、
簡単に言えば、お父さんが近所の人やら同僚やらに向けて書いた借用書を、
せっせと息子が買い取ってきているという話であり、
息子が買えば買うほど、一家としての借金は減っていくも同然でしょう。
親子間の貸し借りなど、普通は『借金』とは言いません。
対外的には「何も起こっていない」のと同じであり、
実際にも、連結決算で相殺されてしまうため、
こんなもの借金でも何でもありません。

わざとだと思いますが、ここを混同して報道することで、
マスコミは、「日本は借金が大量にあるのだ」と、
ネガティブな誤解を国民に与えているのです。

本当は、“国の借金”なんてないのです。
ウソの報道です。
増税や緊縮財政を推し進めたい財務省の思惑でしょうか。

日本は、ありもしない“国の借金”に恐れおののき、
絶対にしてはいけないはずの、
増税や緊縮財政(支出抑制)が実施され、
その結果、はっきりとデフレ脱却が遠のいてしまいました。

まさに、ウソの情報に踊らされて損こいた状態です。

私の同僚のように、
「国民一人あたりの借金額が800万円」と聞いて、
国の将来を悲観している人はたくさんいるでしょう。
しかし、そういう悲観的なマインドでいると、
悲観的な未来が引き寄せられてくるような気がして仕方がありません。
その悲観的マインドの根拠となっている報道はウソなので、
ウソ報道に基づいた悲観的なマインドは捨ててほしいと思います。
そして、私を含めですが、
未来は明るいと信じ、できる精進を重ねることが肝要ではないでしょうか。

[SE;KICHI]
スポンサーサイト



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

kkseishin

Author:kkseishin
株式会社セイシン
私たちは工場設備機器を中心に、お客様にご提案・販売をしている総合商社です。

■富山本社/〒930-0821
富山県富山市飯野16番地の5
TEL:(076)451-0541
FAX:(076)451-0543

■新潟営業所/
〒950-1142
新潟県新潟市江南区楚川甲619番地6号
TEL:(025)283-5311
FAX:(025)283-7469



URL:http://www.kk-seishin.com/

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR