FC2ブログ

知らぬが普通

例年、家庭菜園でなにがしかを育てるのですが、
いわゆる“お花”とか“お野菜”といったものには少しも興味がないので、
育てるのはバジルとかコリアンダーとか、そういう類いのもの。

今年は例年のスペースに加え、家の北側にも少しスペースが。
2年ほど前に手入れが面倒になって引っこ抜いたゴールドクレストの植栽跡地。
そこにもなにか植えようと、思いついたのがミョウガです。
なにしろ、北側なので、イマイチ日が当たらず、ミョウガにはうってつけ。

さて、それではミョウガのために畝を寄せようと、
まずは鍬を買うことを思いついたのだけれど、
いかんせん湿った土地なもので、先に予定地の根切りが必要みたい。
根切りとなると普通の鍬ではやりにくい。
じゃあ買うのは備中鍬にするかと思ったものの、
待て待て、備中鍬では根切りはできても畝が寄せられぬではないか。
それならと思いついたのは鋤鎌。
これだったら根切りも畝寄せもできるのでは?と、
ここまで考えたところで、所詮は素人、結論が出ないので考えるのはやめ、
ホームセンターで係の人に聞いてみようと、とりあえず家を出ました。

売り場で呼んだら来てくれた、ホームセンターの係の人。
年のころは40代くらいの女性。
備中鍬にするか鋤鎌にするか、アドバイスをお願いします。
「……じょ? ……すいません、何ですか?」
あらら、まさかの鋤簾を知らず。
まぁ、最近あんまり見かけないから、仕方ないですね。
いくらホームセンターの方とはいえ、自分で使わないものは知らないか。

気を取り直し、畝寄せと根切りという、希望の用途を詳しく説明して、
そのうえで何を買えばいいか、聞いてみます。
「えっと…… 畝って、何ですか?」
え……、あぁ、そこから?
いや、いくらなんでも、ホームセンターで働いてるんだから、
畝ぐらい知っておこうよ。
ちょっとモノを知らなすぎるんじゃないの、と。

しかし、どうなんでしょうか。

私の会社にも、一般常識に疎いTさんという人がおり、
彼は「焼き魚に添えられている赤い棒状のもの」が何であるかを知らず、
また、「刺身の下に敷いてある大根の千切り」の名称すら知らず、
「あまちゃん」で副駅長役を演じていた坊主頭の怪優のことも知らず。
私はかねがね、ちょっとモノを知らなすぎるんじゃないの、と思っておりました。
しかし、ホームセンターの一件で、分からなくなってしまいました。

私は、自分は極めて一般的な会社員だと思ってきましたが、
ちょっと怪しくなってきました。
備中鍬も鋤簾も知らず、はじかみも刺身のケンも荒川良々も知らないほうが、
もしかしたら、世の中ではそっちのほうが普通なのかしら、なんて。
周囲からやたらと「そんなモノは知りません」と言われてしまうと、
むしろ、備中鍬も鋤簾も、はじかみも刺身のツマも知っている、
私のほうが変なのかしらと。

最近、知らなくて普通、知ってる自分がおかしいって感じになり始めています。

知らないモノたち
左から、
鋤簾 http://www.asaka-ind.co.jp/tools/deadstock/scratch_01.html
備中鍬 http://www.asaka-ind.co.jp/tools/deadstock/spade_01.html
はじかみ http://japan-word.com/food/%E3%81%AF%E3%81%98%E3%81%8B%E3%81%BF
ケン http://temaeitamae.jp/top/t6/b/japanfood3.06.html
荒川良々 http://n-jinny.com/8377.html


[SE;KICHI]
スポンサーサイト



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

kkseishin

Author:kkseishin
株式会社セイシン
私たちは工場設備機器を中心に、お客様にご提案・販売をしている総合商社です。

■富山本社/〒930-0821
富山県富山市飯野16番地の5
TEL:(076)451-0541
FAX:(076)451-0543

■新潟営業所/
〒950-1142
新潟県新潟市江南区楚川甲619番地6号
TEL:(025)283-5311
FAX:(025)283-7469



URL:http://www.kk-seishin.com/

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR