FC2ブログ

今年の大失態

「今年はどんな年でしたか」というようなことが
話題になり始める時期となりました。
今年は・・・やはり津波や台風など、災害の年だったでしょう。

そういう災害自体は一過性のもので、
悪い言い方をすれば「風化」は致し方ないと思うのですが、
「リスクマネジメント」というか、教訓は残ります。

しかし、気になることが。

リスクマネジメントの鉄則は
『主観を理由に対応を変えてはならない』ということ。

例えば放射性物質の話なら、
客観的に「この対策をやれば、これぐらいリスクが下がる」と考え、
科学性に基づいて対策を実施するということです。
今は、政府ですら、
「みんなが怖がっているから、対策を厳しくしよう」
とか言い始めていて、
主観的というか、感情的と言ってよく、
科学性を放棄しているように見えます。

原子力発電所は、動かしていても止めていても、
そこに存在するだけで、
地震や津波のような外部ダメージによるリスクは
大きく変わらないでしょう。
それなのに感情的に原発を止めてしまったので
莫大な経済損失が発生してしまいました。

そればかりか、国際的には、
「日本は根拠もないのに原発を止め、
自ら電力不足に陥る変な国」

と思われ始めているようです。
実際、震災後、被災したわけではないのに、
日本で製造業を続けるのを諦めた企業も多いようです。

本来、津波で被害に遭った福島の事故と、
全国の原発の安全性はまったく無関係なのに、
トップが「原発は危ないものだ」などと
極端なことを言ってしまったばっかりに、
全国の原発稼働の是非に
大きな時間とコストが必要になってしまいました。
日本は、経済的に大きなリスクを抱えてしまったなぁと思います。

いまは金融的な政策が効いているので気になりませんが、
海外に企業が出て行ってしまえば、基本的に雇用は減ります。

つまり、リスクマネジメント的には、政府は
「数百万人の雇用がなくなり、困窮によって自殺者が相当に増えますが、
みなさんの安全のために全国の原発を止めます」
と言うのが正解です。

なにバカなこと言ってるんだ、と思うでしょう?

年末なので、ちょっと難しい話をしてみました。

[SE;KICHI]
スポンサーサイト



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

kkseishin

Author:kkseishin
株式会社セイシン
私たちは工場設備機器を中心に、お客様にご提案・販売をしている総合商社です。

■富山本社/〒930-0821
富山県富山市飯野16番地の5
TEL:(076)451-0541
FAX:(076)451-0543

■新潟営業所/
〒950-1142
新潟県新潟市江南区楚川甲619番地6号
TEL:(025)283-5311
FAX:(025)283-7469



URL:http://www.kk-seishin.com/

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR