FC2ブログ

エアロビクス体験記

私事ではありますが、
この2月から、とあるスポーツクラブに入会して通っています。
私は齢40ウン歳。
下腹がデップリ飛び出し、正しくメタボ予備軍です。
そうです、日頃の運動不足解消目的。
スポーツクラブにお金を支払うことで、
半ば強制的に通いながら自分の体に負荷をかける。
そうして、「健康」なるものを得る。
そんな感じでしょうか。

別に通わずとも、
例えば、ジョギングをすれば事足りると言われればそれまでですが、
10年前、「よし、走ろう!」と思い立ってジョギングシューズを買い、
結局は一度も走らなかった私ですから、御勘弁くださいませ。
只今、そのシューズをスポーツクラブで履かせて頂いてます。
シューズもようやく日の目を見たのです。

さて、実はもう一つ、健康目的以上に、大きな目的があります。
常々、人への関心・興味が薄い、と言われる私。
今さらですが、営業という仕事上、
「自分が、自分は」のままでは、極めてマズいのです。
自分中心から脱却して、人への関心・興味を持ち、
人様中心であることも大切となります。
スポーツクラブは、人を知る、言わば、人間観察の格好の場所。
いずれは、出会いや交流も生まれるでしょう。

頭の中の未知で未開な部分を刺激してくれること間違いなし、と考えたのです。
体も心も良い方向へ向かうならば、クラブの月謝なんて安いものです。
(と強気にでてみました・・・汗)

私はいくつかある中から、家の近くのスポーツクラブを選びました。
妻が以前通っていたクラブですし、何より近いから。
近所の名物おじさん(ちょっと失礼かな。長年、町の公民館長をしてくれています。)
昔から通っています。
以前、その彼がエアロビクスをしている姿を、
建屋の外からたまたま見かけたことがあります。
長髪を振り乱し、汗まみれになりながら、全身全霊で踊っていました。
私は、見てはいけないものを見てしまった、と思いました。
エアロビクスやダンスに随分と抵抗があったのも、このことが一因でしょう。

そんな私も思い切ってエアロビクスに参加しました。
初めてなので、一番後ろに陣取って、見よう見まねでエアロビクス。
不思議と恥ずかしさを感じず、周りのみんなについていくのに必死。
もともとが運動オンチの私ですから、本当に難しかったですよ。
規定の時間も随分と長く感じましたね。

隣には私より歳が一回り上と思しきおじさんがいたのですが、
途中から訝しげにジロジロと私を見るんです。
全くの初心者ではなさそうでしたが、それほどうまくもない。
それでも、私よりは様になっているのですが。
さぞや私のバタバタぶりが気になったのか、はたまた何なのか。
どんな思いで私をあんなにも見ていたのか、今度会ったら聞いてみましょう。

一方、目の前では、小柄なおばさんがとても上手にエアロビクス。
常連なのでしょう。
身体が一連の動きを覚えてるんですね。
流れるようなスムーズな動き。
さてここで、びっくりしたことがあります。
私はその方にトキメキを感じてしまったのです。
それは、彼女の手の動きがきっかけでした。
動きの中に、左、右、と軽く手を突き上げる動作があるんですが、
そこがとても女性らしさを感じさせたのです。
あまりにも、その動きがかわいらしいので、
ふと、ときめいてしまいました。
面白いもんです。
面と向かったら、普通の小柄なおばさんなんですから。

さて、当然ですが、ランニングマシンやバイク、筋トレなどにも挑戦しています。
特に、ランニングマシンはよく利用しています。
先日、隣の女性に合わせて、走るスピードをUPさせたら、すぐ息切れしました。
カッコ悪いので、汗みどろでアップアップになりながら、
しばらくは我慢してこなしましたよ。
その女性は涼しい顔でしたけど。
この場でカッコつける必要はないんですね。
少しずつ体が慣れていって、最後はできるようになるんです。

周りをよく見ると、特に若い男性に多いんですが、
決めポーズで俺はイカしてる(表現古い?クールの方がいいかな。)といった感じで、
周りをジロジロ見ている輩がいます。
自己顕示欲がむき出しなんです。
まあ、それはそれで、ある意味では羨ましくもあるんですが、
スポーツクラブはいろんな人がいるもんです。

私は夜限定のプランに入っているので、比較的若い人が多いのでしょう。
休日の昼間に、入会手続きに伺った折には、
老若男女、幅広い年齢層の方々がいらっしゃって、
「えっ、あんなおばあちゃんが・・・」と絶句してしまいましたよ。
20代、30代ばかりだろうという偏った思いは見事に打ち砕かれました。
それが、40代の自分にも、
スポーツクラブに対する親しみを感じさせるきっかけにもなりましたけどね。

人種の坩堝とまではいきませんが、
スポーツクラブでは色々な人間模様が垣間見れそうです。
最後に汗を流すお風呂やサウナでも。
まだ、挑戦したことのないプールでも。
私はまだ入会したばかり。
面白いこと、びっくりすることがあれば、また報告したいと思います。

[TOTSU]
スポンサーサイト



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

kkseishin

Author:kkseishin
株式会社セイシン
私たちは工場設備機器を中心に、お客様にご提案・販売をしている総合商社です。

■富山本社/〒930-0821
富山県富山市飯野16番地の5
TEL:(076)451-0541
FAX:(076)451-0543

■新潟営業所/
〒950-1142
新潟県新潟市江南区楚川甲619番地6号
TEL:(025)283-5311
FAX:(025)283-7469



URL:http://www.kk-seishin.com/

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR