FC2ブログ

公共交通機関の旅

少し前、九州方面へ旅行した際に
飛行機、鉄道、路面電車、バス、モノレールと
あらゆる公共交通機関を利用してきました。

普段は車移動がほとんどで、
ここまでの利用は初めてだし大丈夫かな~なんて思っての出発。
けど、車とは違った、足!腰!飲♪ の旅ができました。

まず飛行機で福岡へひとっ飛び、
空港から中心へのアクセスは地下鉄。
旅行者にとっては博多、天神などへ短時間で移動できるのは魅力です。

九州各県を走っている特急は
長崎へはソニック号、ハウステンボスへはハウステンボス号、
大分へはゆふいん号と、他にも観光地向けの車両がさまざまあり、
それぞれ趣向を凝らしていて、
これから向かう目的地までの気持ちを
よりいっそう「旅」に来たと思える時間にしてくれると思いました。

111213JR九州

今年開通した九州新幹線は
これまた「ちょっと贅沢感」を感じさせる車両造りになっていて、
博多から鹿児島中央までの一時間と少しの旅を
「移動手段」とは違う気持ちで楽しめました。

今回初めての地だった長崎、鹿児島では
路面電車とバスの本数の多さは驚きでした。
近場の観光地めぐりはこの二つをうまく使いこなすと
とても安く移動できます。
桜島へのフェリーもバス感覚で乗れてしまうくらいの便数に運賃でした。

公共交通機関は旅行ぐらいでしか利用しませんが、
旅行先で感じる便利さが果たして地元にあるのか?
旅行しながらそんな事を考えてしまいました。
いつか車を手放す歳がやって来るわけで、
そうなると年寄りに優しく財布にも優しい乗り物は必要ですからね。
待ち時間が少なく料金が安い交通機関が
地元も充実して欲しいと感じました。

ま~色々書きましたけど・・

運転しない旅行の最大の「魅力」は何と言っても、
20歳以上の特権となる「ドリンク」を
好きな時に「飲める」って事ですね

[fu~ma]
スポンサーサイト



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

kkseishin

Author:kkseishin
株式会社セイシン
私たちは工場設備機器を中心に、お客様にご提案・販売をしている総合商社です。

■富山本社/〒930-0821
富山県富山市飯野16番地の5
TEL:(076)451-0541
FAX:(076)451-0543

■新潟営業所/
〒950-1142
新潟県新潟市江南区楚川甲619番地6号
TEL:(025)283-5311
FAX:(025)283-7469



URL:http://www.kk-seishin.com/

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR