正語

原始仏教以来説かれる、仏教の代表的な修行方法に八正道というのがあります。
まぁ、人として生きるための8つの正しい道というようなものでしょうか。

正見・・・自分中心の見方や偏った見方をせず、物事を正しく見ること。
正思・・・怒りの心、我を押し通す心を捨て、すべてを大きな心で考えること。
とか、まぁ、こういう感じの8項目です。

正見の、「物事を正しく見る」というのは、
「すべては変化する」「すべては関係しあっている」という、
仏教的真理に照らして物事を見よという意味です。
このことを深く探求すると、
すべての存在に対して感謝と思いやりの気持ちが湧いてくるもので、
つまり、自分中心の見方を捨て、相手の立場に立って物事を見よということなのですが、
それって、普段の生活なかでは存外に難しいことです。

また、正思に挙げられている「大きな心で考える」を実践するためには、
自分の名誉心や金銭欲,自己顕示欲や過度な食欲や睡眠欲や性欲を捨て、
自分のなかの欲しがる心や怒りの心を押し殺していく必要があるので、
ある程度のストイックさが要求されることであり、
これも、普段の生活なかで意識するのは大変かもしれません。

何が言いたいかと言うと、八正道は実践が難しいということです。
正見も正思も、大事なことだけれど、
自分の欲を抑えるという努力を伴う点で、なかなか難しいのです。

ところで、八正道のなかには、正語という項目もあります。
「嘘、二枚舌、悪口、でまかせな言葉のない正しいものの言い方をすること」
だそうで、それって、突き詰めれば意外と奥は深そうではあるものの、
正見とか正思よりも取り組みやすそうな気がします。

なぜ急に八正道の話をしだしたかというと、
最近、他人の言葉を聞いていて、正語について考えることが多かったからです。

正見や正思は内面のことなので、他人からは分かりにくいですが、
正語は、身近な言葉のことなので、できていないと意外と目立つものです。

嘘とか二枚舌がダメだということは、子供でも分かることなので、
それができていない大人はあまりいないかもしれませんが、
他人の悪口を言うのが楽しくてならぬという人は、意外といます。
また、他人から責められたときなど、咄嗟にでまかせを言う人も見かけます。
こういう人は、自分を守り固めるために他人を攻撃したり、
自分が責められないために言い逃れたりしているわけなので、
まぁ、結局のところ、自分本意の自慰好きという感じがします。

以上は、原始仏教以来の、伝統的な八正道ですが、
私は最近、これらに「ネガティブな言葉」というのを、
禁忌として加えてはどうかと思っています。

曰く、「そうは言っても、なかなかできないよねぇ」、
曰く、「オレ、そういうの、うまくやれないんだよねぇ」、
曰く、「ほら、アタシ、昔から落ち着きないからさぁ」、
曰く、「結局、ボクなんてダメ人間ですよぉ」、
曰く、「あぁ、最悪ぅ~」などなど。

ダメ人間とか最悪ぅは論外としても、他の3つの例文の共通点は、
文中に“ない”という否定語が含まれていること。
ダメ人間とか最悪ぅの例文も、
“ない”ではないものの、否定的な意味合いの文章ですし、
他には「苦手」とか、「イヤ」とか、「最低」も、
ネガティブという意味で、結果は同じでしょう。

自分のことをダメ人間なんて言うヤツは、
本当のバカか、ダメ人間を目指して自己暗示をかけているのか、
もしくは自己卑下することで攻撃を防御している自慰野郎か、
どれかでしょう。
ネガティブは伝染するので、
そういう人とは付き合わないほうが得策です。

……ちょっと言葉が過ぎましたが、
私はネガティブな単語が嫌いです。
自分の口から出た瞬間、それを耳から聞いてしまうことで、
ネガティブな自己暗示にかかってしまうからです。
正見とか正思であれば単なる心の問題ですが、
口から出てしまうと、暗示になってしまうのです。

そして、その効力は自分のみならず、
他人に聞こえることで、その他人をも暗示にかけ、
自分の周囲にネガティブを蔓延させる結果になるのです。
それは、なかなかに罪の重いことです。

日本人特有の謙遜などの影響もあるかもしれませんが、
これだけ世界から腰抜け国家のように見られている昨今、
あんまり自分のことを否定的に表現するのは、
やめたほうがよいでしょう。

どうせ暗示にかかるなら、
できること、やれること、ポジティブなことを発言し、
それを耳から聞いて、むしろ自分を鼓舞できたほうが、
結果はどうあれ、少なくとも朗らかで結構でしょう。

ネガティブなことを言わないという正語、
生活習慣として身に付けたいものです。

[SE;KICHI]
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

kkseishin

Author:kkseishin
株式会社セイシン
私たちは工場設備機器を中心に、お客様にご提案・販売をしている総合商社です。

■富山本社/〒930-0821
富山県富山市飯野16番地の5
TEL:(076)451-0541
FAX:(076)451-0543

■新潟営業所/
〒950-1142
新潟県新潟市江南区楚川甲619番地6号
TEL:(025)283-5311
FAX:(025)283-7469



URL:http://www.kk-seishin.com/

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR