FC2ブログ

揺れたら負け。

世の中には情報が氾濫し、雑念の素が溢れていますから、
優れた経営者ともなってくると、
テレビやインターネット、携帯電話や書物など、氾濫する全情報を遮断し、
意図的に何もせず、1人でただ沈々と思索する、座禅のような時間が、
1日のうち最低でも30分は必要なんだそうです。

以前から私が懇意にしている、九州のM社長は、
そういう時間を実践することで判断力が磨かれ、
売上高を10億円ほど押し上げることができたんだそうで、
なるほど、精神統一は大事なのだなぁと思わされます。

私は以前、このM社長に、教会に連れて行ってもらったことがあります。
彼は教会で、その精神統一を行うのです。

故人だとソニーの井深大さんとか、松下電器の松下幸之助さんとか、
現役では資生堂の池田会長とか、日航を再建した稲盛名誉会長など、
何を信仰しているかは個人の好みだと思いますが、
優れた経営者ともなると、自分の知識や能力を超える判断力を求められる場面があり、
そういうときの行動や経営判断に備えるため、
バックボーンとして、何がしかの信仰を持っているのが普通だそうです。
だから、M社長が教会に出入りすることは不思議ではありません。

きっと、社長ともなれば背負うものも大きいのでしょう、
私が隣にいるにもかかわらず、
黙って動かず、じっと祈るM社長の姿を、私は美しいと思いました。

さて、それはともかく、
私は、そのM社長と一緒に行った教会の司祭の話が印象に残っているのです。

それは、揺れたら負けという言葉。

釈尊の四諦を挙げるまでもなく、生きていると、苦しいこともありますよね。
それも、他人からの心ない一言とか、不当に理不尽な扱いとか、
自力ではどうにもならない、理不尽な苦しみというのも、あるでしょう。

しかし、揺れたら負けなんだそうです。
悪いのは心ない一言を浴びせた他人のほうかもしれないし、
理不尽な扱いで接してきた相手のほうなのかもしれないけれど、
それでも、心が揺れたほうの負け

だって、相手に悪気はなかったのかもしれません。
自分の行為で何か気に病んでいる様子もなく、しゃあしゃあと暮らしているとすれば、
つまり、相手は気にしていないのだとすれば、
ダメージを受けた自分だけが心を乱され、鬱々とした気分になっていることになります。
結局、損しているのはダメージを受けた自分だけ。
じゃ、ダメージを受けなければいい。

逆もあります。
生きていると、苦しいことばかりではなく、たまには嬉しいことも起きるでしょうし、
他人との関わりやスポーツなどで、感動することもあるでしょう。

しかし、やっぱり揺れたら負け
嬉しくて嬉しくて、つい他人にヘラヘラと話したくなる気持ちは分かりますし、
感動のあまり、興奮して他人の共感を求めたくなる気持ちも理解するのですが、
それも、心が揺れたほうの負け

だって、どんなに嬉しいことがあっても、どんなに感動しても、
所詮は本人の心の動きにしか過ぎないので、
そもそも、本質的には、周囲の人々が共感できるものではありません。
一方で、喜びのあまり興奮したことにより、視野が狭まることは否定できないので、
結局、興奮してしまった自分が損することになります。
ということは、興奮してはならぬということ。

まぁ、仏教にも論語にも同じような教えはあるのですが、
結局、この司祭が言いたかったのは、
物事に動じない心を作れということでしょう。

一水四見。
同じものを見て、悲しむか怒るか喜ぶか笑うかは、人それぞれ。
ただ、どれを選んでも、あとに引きずりやすいので、
何を見ても、つまり何が起きても、
一喜一憂というか、喜怒哀楽の感情で心が掻き乱されることなく、
いつも泰然としておれと、そういうことでしょう。

なるほど、冒頭の、経営者にとって精神統一が重要であるという話もそうですが、
喜怒哀楽の感情をベースにした判断は、結果的に誤ることも多いですし、
それが経営判断ともなれば、情に流される悪い経営ということになるでしょう。

何が起きても泰然とできていれば、
まぁ、喜びも苦しみもないわけだから、
常に心は穏やかで、判断にも胆力が備わっていると思うのです。
そういう意味でハッピーですよね。

心を揺らすな。
これは、それなりに修行がいることですが、なかなか大事なことかもしれません。

[SE;KICHI]
スポンサーサイト



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

kkseishin

Author:kkseishin
株式会社セイシン
私たちは工場設備機器を中心に、お客様にご提案・販売をしている総合商社です。

■富山本社/〒930-0821
富山県富山市飯野16番地の5
TEL:(076)451-0541
FAX:(076)451-0543

■新潟営業所/
〒950-1142
新潟県新潟市江南区楚川甲619番地6号
TEL:(025)283-5311
FAX:(025)283-7469



URL:http://www.kk-seishin.com/

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR