FC2ブログ

Gran Class

わが社の窓からは、開業まであと半年ほどに迫った北陸新幹線の高架が見え、
わが社の社長などは、それを眺め、試験車両の走行シーンを見ては、
「あっ、いま新幹線通った!」などと、少年のような声をあげています。

さて、現在、わが社では東京出張などの交通手段に飛行機を多用していますが、
今後は新幹線という選択肢が増えるかもしれません。
ただ、新幹線の料金は東京-金沢で11,110円程度になる予定だそうですので、
今のところ、費用的には飛行機利用のほうが優勢になりそうです。
(飛行機だと往復・宿泊費込みで26,500円ですので。2014年4月1日現在)

そうなってくると、付加価値の部分の競争になってくるでしょう。

付加価値ということで言うと、
北陸新幹線には Gran Class というのが導入されるようです。
東北新幹線「はやぶさ」でおなじみの、エグゼクティブなシートで、
謳い文句は『列車のファーストクラス』
実際、飛行機のファーストクラスから着想を得たそうです。
グランクラス
http://www.sankeibiz.jp/business/photos/101214/bsd1012140503003-p1.htm

私は、プライベートで東京から青森に行くのに、2度ほど乗ったことがあります。

確かに、乗り心地はかなり良いです。
シートはレカロの本革だそうで、電動リクライニングで、ほぼ寝た状態にまでなります。
東京-新青森間のだいたい3時間、
普通の新幹線座席のように、乗っていて腰が痛むなどということはありません。
最近の新幹線のグリーン車も、そこそこ乗り心地はいいですが、
やはり Gran Class は格が違うという感じがします。

乗車するとアテンダントさんがやってきて、おしぼりが提供され、
弁当が提供されたり、アルコールを含めて飲み物が飲み放題だったりします。
コーヒーも普通の車内販売ではありえないくらいに美味しいですし、
ハーブティーなども提供されており、優雅に過ごすことができます。
グリーン車でも、そういうサービスはやっていませんので、
さすが Gran Class は豪勢だなぁという感じがします。

細かいことは、言ってはいけません。
国際線のファーストクラスなら、パーテーションで区切られて、
23インチのTVも見れるし、もっと個室空間っぽくて快適なのに、とか。
国際線のファーストクラスなら、こんな弁当みたいな食事ではなく、
ビジネスクラスですら、食器に盛り付けた料理が運ばれてくるのに、とか。
国際線のファーストクラスなら、おしぼりを手渡す時に、
ビニールに入った状態のままってことはないはずだ、とか。
国際線のファーストクラスなら、食事が配られる際に、
自分でテーブルを出すように指図されるようなことはないはずだ、とか。
国際線のファーストクラスなら、新聞をお願いしたとき、
自分で取りに行く必要がなく、アテンダントが持って来てくれるはずなのに、とか。

国際線のファーストクラスならなんて、意地悪を言ってはいけません。

・・・実際のところ、Gran Class は、新幹線としては破格ではあるけれど、
国際線で言えば、ファーストクラスというレベルではなく、
まぁ、プレミアムエコノミーってところだと思います。


でも、私は Gran Class 自体には満足しています。
そりゃ、国際線と比べたら陳腐なサービスですし、
アテンダントのサービスマインドもちっとも育っていませんが、
いままで、新幹線として、こんな快適な車両はなかったわけで、
新幹線の進化形態として、満足です。

つまり、自らがライバルとして指名した国際線ファーストクラスと比較した場合、
快適性には横綱と、関脇か小結ぐらいの実力差があって、
付加価値としては Gran Class はほとんど「ない」ように感じてしまいますが、
普通車やグリーン車と比較すれば、その快適性やサービスは絶大な付加価値であり、
付加価値って、相対的で難しいものだなぁと思います。

ところで、私が乗車した2回が2回とも、
グリーン車との価格差5000円(もしくは普通車との価格差10000円)の、
モトを取らなければ損だとばかりに、
車内でベロンベロンになるほどアルコールを飲んでいる男性がいて、不快でした。
その人の酒臭さや、つまみを食べる時のクチャクチャいう音、
最終的にうたた寝するときの低いイビキなど、
ファーストクラスとしては非常に不快でした。

私はもともと、電車内で弁当を食べたり、アルコールを飲む人が、かなり嫌いです。
理由は、音や匂いを発するからで、
そういう人と同じ空間にいることに嫌悪感すらあります。

ちょっと、うまく言えないのですが、
どうせ飛行機のファーストクラスにはかなわないのですから、
独自の高級感を演出する Gran Class として、
優雅に車窓を眺めつつハーブティーを飲む人の車両と、
下品にダラダラ酒を飲む人の車両とを分けてもらいたいと思ったりします。

なかなかのアイデアだと思いますが。
北陸新幹線に期待です。

[SE;KICHI]
スポンサーサイト



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

kkseishin

Author:kkseishin
株式会社セイシン
私たちは工場設備機器を中心に、お客様にご提案・販売をしている総合商社です。

■富山本社/〒930-0821
富山県富山市飯野16番地の5
TEL:(076)451-0541
FAX:(076)451-0543

■新潟営業所/
〒950-1142
新潟県新潟市江南区楚川甲619番地6号
TEL:(025)283-5311
FAX:(025)283-7469



URL:http://www.kk-seishin.com/

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR