冬至にはかぼちゃ、夏至には?

冬至には、ゲン担ぎでかぼちゃを食べることは皆さんご存知だと思います。

さて、夏至には何を食べるのでしょうか?

調べてみると、決まった食べ物を食べる風習は少ないようです。
というのも、農家では、梅雨明け前に田植えを終わらせないと不作になるそうで、
夏至の頃はちょうど梅雨明け前なので、
忙しくて祝い事のような事をしている暇が無かったのではないかと考えられます。

ただし、中国地方ではタコ、福井地方ではサバ、
京都では6月30日に水無月という和菓子を食べるそうです。

水無月

地方によっては色々な風習がまだまだあると思います。
あなたの土地ではいかがでしょうか?

スウェーデンにおいては、6月下旬には 「 夏至祭 」 という、クリスマスに並ぶ大きな祭りが行われます。
輪になって踊ったり、お酒や食べ物を口にするなどして、夏至の訪れを祝います。
北欧では、位置的に見ても、太陽の恵みを何物にも替え難い大変貴重なものとしているのでしょう。

日本国内の地方だけでなく、国によっても季節の捉え方、感じ方は様々ですね。

[M M]
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

kkseishin

Author:kkseishin
株式会社セイシン
私たちは工場設備機器を中心に、お客様にご提案・販売をしている総合商社です。

■富山本社/〒930-0821
富山県富山市飯野16番地の5
TEL:(076)451-0541
FAX:(076)451-0543

■新潟営業所/
〒950-1142
新潟県新潟市江南区楚川甲619番地6号
TEL:(025)283-5311
FAX:(025)283-7469



URL:http://www.kk-seishin.com/

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR