FC2ブログ

だって、タダなんだし。

子ども医療費助成制度という制度がありますよね。
子どもが健康保険証を使って病院などにかかったときの費用を、
公費で助成してくれる制度ですが、
助成内容や助成対象が、自治体によってまったく異なる制度です。

全国的には中学卒業までを助成対象としている自治体が多いようです。
なかには愛知県犬山市のように、
高校卒業までを対象としている太っ腹な自治体もあるようです。

わが社の所在する富山市の場合、通院については小学校卒業まで、
入院については中学校卒業までが助成対象となっています。
富山市の場合、医療機関でいったん医療費の自己負担額を支払い、
その後で市に請求するしくみになっています。

ところで、県内のとある別の市では、
通院も入院も中学校卒業までが助成対象となっているそうで、
しかも、後日の請求ではなく、窓口負担自体がないので、
富山市の住民からするとうらやましく見えることがあります。

しかし、私は、この制度、
痛し痒しかなぁと思っているところがあります。

その市に住んでいる50代の男性から聞いた話によれば、
ちょっと体調を崩したので近隣の医療機関に行ったところ、
待合室に子どもが山のようにおり、何時間も待たされたとのこと。
しかも、やっと自分の番になって診察してもらった後、
処方してもらった薬を近くの院外薬局で受け取ろうとするときも同じ、
待合室に子どもが山のようにおり、また相当に待たされたとのこと。

まぁ、そうなりますよね。

だって、病院、タダなんだし。

どうも、その市では中学生卒業まで医療費の窓口負担がないので、
なんというか、わりと安易に受診する傾向があるようです。
子ども本人もそうかもしれませんが、親のほうも、
子どもが膝を擦りむいたり、ちょっと鼻水垂らしてるだけで、
「とりあえず病院へ行っておきなさいね」ってなります。
だって、タダなんだし。

しかも窓口負担が一切なく、薬代もかからないので、
底意地の悪い言い方をするならば、
保険証さえ持たせれば医療機関を児童館のように使えるという手軽さ。

その50代の男性は、大勢の子どもに酔ってしまったようで、
次からは、風邪くらいでは病院に行かないよ・・・と言っていました。
それで何かが手遅れになったりしなければいいのですが。

まぁ、そうなりますよね。

中年の男性を医療機関から遠ざけた原因は、子どもの安易な受診です。
そして、その安易な受診の原因の一つは、子ども医療費助成制度でしょう。
とりわけ、タダというのがよくありません。

どうも最近、何にでも補助金を出して社会保障を充実させようという風潮があります。
しかし、社会保障というのは、結局のところ弱者救済の視点が前提にあるため、
耳触りはいいのですが、全体主義的というか、社会主義的な方向に進みがちです。
本来は所得を増やせば医療費の助成なんて必要ないのですが、
そういう取り組みをしないで、
補助金をじゃぶじゃぶ出して社会保障を充実させようとします。


子育て世代というのはお金がないので、
補助金や手当をもらうと嬉しいのかもしれませんが、
補助金だって、天から降ってきたり、池から湧いて出たお金ではなく、
中年の男性を含め、みんなで出し合っているお金なので、
病気の男性を医療機関から遠ざけ、子どもをどんどん医療機関に供給していくと、
社会構造的には歪んでいくように思います。

なお、私の知人の開業医によれば、
「医師という仕事は歩合制ではないから、ミスっても報酬はもらえるし、
そのうえ、最近は子ども医療費助成制度のおかげで、
行政が収入を保証してくれるから、ついつい適当に診察しちゃう」とのこと。

まぁ、そうなりますよね。

そうなってはいけないことは明らかですが。

ちなみに余談ですが、その知人の開業医。
彼にも子供が2人いますが、
彼自身は所得制限で子ども医療費助成制度は適応されません。
だから、彼の子供が病院にかかる時は大人と同じ負担。
そうなってくると、自分の子供が病院にかかるときなど、
「おい、こっちはカネ払ってんだ。タダで通院してるガキと一緒にすんじゃねぇぞ」
と、ついつい思っちゃうそうです。
まぁ、そうなりますよね。

タダのものなんて、怖くないですか?

[SE;KICHI]
スポンサーサイト



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

kkseishin

Author:kkseishin
株式会社セイシン
私たちは工場設備機器を中心に、お客様にご提案・販売をしている総合商社です。

■富山本社/〒930-0821
富山県富山市飯野16番地の5
TEL:(076)451-0541
FAX:(076)451-0543

■新潟営業所/
〒950-1142
新潟県新潟市江南区楚川甲619番地6号
TEL:(025)283-5311
FAX:(025)283-7469



URL:http://www.kk-seishin.com/

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR