FC2ブログ

第2回プレパパ奮闘記④

妻のお腹は更に大きくなってまいりました。
お腹がパンパンに張っており、
しきりに「痛たたっ!」と呟いています。
起き上がるのも大変そうで、何もしてやれず心が痛みます。
たまに、手を貸そうとすると、「何か企んでるやろ。気持ち悪い。」となります。
どうしたらいいの?

今回は立ち会い出産を考えていました。
妻に「立ち会ってもいい?」と聞くと、すぐに「いいよ。」との返事。
妻の周りでは立ち会い出産が当たり前のようで、
「最近、みんな、立ち会いやよ。」とのこと。
私は小心者なので、テレビで立ち会い出産のリアルさを目にしてから、
まったくもってビビッていました。
それでも、決めてからは、次第にドキドキ・ワクワク感が大きくなり、
滅多にない経験なのと、恐らくは待望の男の子なので、期待感で一杯になりました。

ところがです。
お腹の子の状態が逆子であることは、前回言いましたが、
何とここにきて前置胎盤の診断。
 前置胎盤って? ⇒ 日本産科婦人科学会

つまり、帝王切開の可能性大で、34週目になったら最終決定されるようです。
そうなると、大変残念です。
妻の体のことも心配です。
場合によっては、輸血が必要ですし(妻曰く、自分の血を予めストックしておくとのこと)
通い慣れた病院も他の大きな病院に移る必要があるとのことです。

立会出産というまたとないだろうチャンスが消えてゆく・・・(泣)。

まぁ、母子ともに無事であれば別にいいんですが。

さて、4歳になる長女は、ただいま「赤ちゃん返り」の状態です。
何はさておき、「ママ!ママ!」です。
以前は、私とよく二人でお出かけしたのに、妻が一緒じゃないと完全拒否。
「ママが一番好きで、パパは二番。」
そのうちに、「パパは七番、八番」
終いには、「ゼロ番」と、訳の分からないことを言います。

相手にしてくれるのは、娘が肩車をねだったり、
相撲をしようとねだったりする時ぐらいです。
最近、寂しい思いばかりしています。

ですから、私はお腹の子に勝手ながら「源之助」と名付けて、
「源之助は動いた?」「源之助は寝てる?」など、「源之助」を連呼。
娘が横から、「源之助じゃない!」「勝手に名前付けんといて!」
いつも睨み付けられています(泣)。

以上、近況報告をさせて頂きました。

[TOTSU]
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

kkseishin

Author:kkseishin
株式会社セイシン
私たちは工場設備機器を中心に、お客様にご提案・販売をしている総合商社です。

■富山本社/〒930-0821
富山県富山市飯野16番地の5
TEL:(076)451-0541
FAX:(076)451-0543

■新潟営業所/
〒950-1142
新潟県新潟市江南区楚川甲619番地6号
TEL:(025)283-5311
FAX:(025)283-7469



URL:http://www.kk-seishin.com/

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR