FC2ブログ

さて来年は

気づいたら、今年も早いもので、師走に入りました。

毎年この時期には、その年にし残したことが沢山あるような気がしますが、
毎日の日課をこなすのに精一杯で、今年一年の出来事を振り返るには、
まだ早いと思う自分もいます。

ところで、書店や雑貨屋の店頭では、
新しい年のサイズも色々、色も様々な手帳が並んでいます。
早いお店では、10月末から既に並んでいたように思います。

メモ好きで記録魔である私は、手帳にもこだわりを持って選んで来ました。

それまで愛用していた一般的な文庫本サイズよりも沢山書けるだろうと、
一回り大きいサイズを使った年もありましたが、空白が続き、
嫌気がさして記録そのものを止めてしまった年もあり、
もう、記録を止める前の何日かは、
当日の天気とか、食べたものとか、単語いくつかだけなのです。

今それを見ると、何とか一行でも記録をしようとして必死だった自分が愛おしく、
そして、過ぎ去った時間を、なんとなく切なく感じます。

手帳に関する迂余曲折を経て、今年からは、一日一ページ形式で、
手帳と言うよりも、日記形式に近いものを使っていて、
それが今の私には合っているようです。
勿論、月間ページもありますから、
予定をどんどん書き込める。(手帳会社の宣伝では無いですが)
一日の終わりに、出来事を振り返りながら、
手帳にその日にあった事を書き込むのが至福の時です。

そして、その手帳に、著名人から一般人までの、それぞれの素敵な言葉が書かれていて、
それもその手帳を使い始めるきっかけとなりました。

話は変わりますが、先日、今年の流行語大賞が発表され、
史上初の4つの言葉が大賞を受賞しました。
個人的には、どれも大賞にふさわしく、
審議会でもきっとまとまらなかったんだなと推測されますが、
どの言葉も、聞いてぱっと意味が描けるほど簡潔でいて、深い言葉ですよね。

滝川クリステル女史ではないですが、「おもてなし」をさらっと出来る日本人が、
私も含めていったいどのくらいいらっしゃるのだろうと考えたりもします。

さて、私が今年出逢った言葉で、素敵だなと思ったのは、
瀬戸内寂聴氏が雑誌の対談でおっしゃっていた「和顔施」(わがんせ)
氏がおっしゃるので、仏教用語でしょうが、まず音の響きにひかれました。
意味は、いつも笑顔で人と接する事だそうです。

インターネットに頼らず、新聞や本を読む時間をなるべく持つようにはしていますが、
まだまだ私には知らない言葉が多いと思っています。
そのうえ、友人や知人との交流は、メールばかりで手紙も殆ど書かなくなり、
書きたい漢字を直ぐに書けない、また、字を携帯電話で変換して出すことが続き、
たまりかねて先日、辞書を購入しました。

この年代になると、学生時代と違った、自発的な学びの楽しさがあるなぁと、
再認識した年の瀬です。
何に対しても前向きに。かつ、笑顔で。
言霊という言葉もありますよね。
美しい言葉、日本語には良い魂が宿ると思います。

来年も、いい言葉、そしていい人との出逢いがありますように。
あ、その前にベストな手帳を用意しなくちゃね。

[Y.T]
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

kkseishin

Author:kkseishin
株式会社セイシン
私たちは工場設備機器を中心に、お客様にご提案・販売をしている総合商社です。

■富山本社/〒930-0821
富山県富山市飯野16番地の5
TEL:(076)451-0541
FAX:(076)451-0543

■新潟営業所/
〒950-1142
新潟県新潟市江南区楚川甲619番地6号
TEL:(025)283-5311
FAX:(025)283-7469



URL:http://www.kk-seishin.com/

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR