FC2ブログ

心を込めた「おもてなし」

顧客は必要と利益を求めて行動する。
常に客のことを考え続けると、
客は逃げずに増え続ける。

と、これは一種のセオリーだと思うのですが・・・。

やれ「鮮魚と言っていましたが、実は冷凍でした」とか、
やれ「芝エビと見せかけて、実はバナメイエビを使っていました」とか、
最近、飲食業の方が謝罪するところ、よく見かけますね。

友人のオランダ人は、
日本のサービスは素敵だと思ってたけど、
結構ウソついてたんだねぇ。
すっごいがっかりしたよ。

と言っていました。
返す言葉もないですね。
まぁ、彼女の場合は、食品表示偽装だけでなく、
ちっとも整備していなかったJR北海道とか、
特殊な方と仲良しだったみずほ銀行なども含め、
日本のイメージ全体に対するがっかりのようですが。

確かに、少し前に話題になった「お・も・て・な・し」ですが、
ある意味では、内部にウソが含まれていたことが露見したという見方もできますね。

記者会見では「認識不足で、騙す意図はなかった。」と言って謝っていますが、
まぁ、普通に考えたら、騙す意図はあったでしょうねぇ。
素材のグレードを下げてコストを安く抑えようとしたんでしょう。
「どうせこの肉、脂肪を注入しても客はわからないだろ」とか、
客をバカにしたようないこと、思ってなかったはずはないですよねぇ。

どこも経営は厳しいでしょうから、
善し悪しは別にして、コストを抑える工夫として、
そういうことを思いつくこと自体は否定できないものかもしれません。

しかし、実際にやっちゃうかどうかは倫理観の問題です。
だって、それは顧客を騙す行為なのですから。

やはり、何のために自分の会社が存在するのか
そこを押さえておかないと間違うのだろうと思います。

企業は公器なので、誰のものでもありません。
経営者のものでも、そこで働く社員のものでも、
お金を出してくれる株主やスポンサーのものでもありません。
企業は、どんな企業でも社会の皆々様のものです。

そう考えると、企業が成長するにせよ、没落するにせよ、
社会の皆々様からの評価に依存しているのだということがわかります。
ドラッカーはマーケティングを不要とする販売という概念を発明しましたが、
要するに、
皆々様に喜ばれるサービスを提供できれば、
企業は自動的に成長できるものである。

ということです。

“自動的に”というのがミソでしょうね。
逆に言えば、いまいち成長できていない、停滞している企業は、
顧客から望まれているサービスを提供できていないということでしょう。

成長と、顧客重視は、ほぼイコールである
ということです。
これが基本だと、私は教わってきました。

だから、企業は基本的に、常に成長を目指して努力すべきです。
努力の結果、顧客重視を実行できているか不充分かの指標が、
成長できたかどうか、数値的に現れてくるはずです。
成長を求めることをやめること、それは顧客重視を放棄することになるわけで、
それはいけません。

しかし、一方で、顧客重視を放棄しながらも成長しようとしたのが、
このところの食品偽装の真相だと私は思います。

再々言っているように、
顧客を重視する限り、
企業は自動的に成長していくはずですが、
顧客を重視しないくせに
企業として成長しようとするのは、

ズルです。

ズルをしても発展・繁栄できないことは、日本昔話とかでおなじみなのに、です。

従業員とその家族が食べるため、というのでは、
社会に必要とされない会社になっていきます。
ズルをせず、お客様のことを第一に考えて、お客様から愛されて成長する、
それが、目指すべき健全な姿勢ではないでしょうか。

「儲ける」のではなく、「儲かる」道を探すことが大事だと思うのです。
顧客の繁栄や幸福を信条として、
自社の顧客ニーズを研究する姿勢が大事。

それは、会社が誰のためにあるか、
顧客のためにあるのだということを再確認することです。

食品表示偽装は、
私は、それ自体は大したことではないように思っていますが、
顧客を欺いて成長しようとしたという、経営倫理に反する汚い考えが、
私は気に食わないのです。

[SE;KICHI]
スポンサーサイト



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

kkseishin

Author:kkseishin
株式会社セイシン
私たちは工場設備機器を中心に、お客様にご提案・販売をしている総合商社です。

■富山本社/〒930-0821
富山県富山市飯野16番地の5
TEL:(076)451-0541
FAX:(076)451-0543

■新潟営業所/
〒950-1142
新潟県新潟市江南区楚川甲619番地6号
TEL:(025)283-5311
FAX:(025)283-7469



URL:http://www.kk-seishin.com/

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR