FC2ブログ

能天気な記事も、たまには。

さて、このブログでは、硬軟を織り混ぜ、
バランスをとりながら記事を載せているつもりですが、
どうも、やや思索的なテーマのほうが評判を得やすいらしく、
ついついそちらに記事が片寄りがちです。

先日、
「たまには○○という店の××というメニューが旨かったとか、
そういう能天気な記事も載せてよ
とリクエストをいただきましたので、
急遽の記事ですが、最近食べたものについて書いてみますね。

ご紹介するのは富山市の中華料理店の『天安』です。

かつて、深夜営業のビデオショップの駐車場に建てた
小屋のような店で営業していらっしゃいましたが、少し前に移転オープンされました。

この店は五目タンメンとギョーザぐらいしかメニューはありません。
しかも、五目タンメン 900円、ギョーザ 600円と、わりと強気の価格設定です。

評価は別れるようですが、私は、この五目タンメン、好きですね。

20131120天安
http://toyama.noodles-japan.net/shop_data/1/16201/123.html

野菜が350gも載るヘルシーなラーメンで、野菜好きの私にとってはうれしいところです。
豚骨ベースのスープに、最後に回し掛けられる胡麻油も美味しいです。
この五目タンメンの変わっているところは、
麺を茹であげて丼に待機させてから野菜を炒め始め、
野菜を炒めて出てきた、旨みが凝縮されたスープがかけられて完成するところ。
麺はそれほど珍しくもない中細のストレート麺でしたが、
そんな調理法が成立するってことは、麺が特殊なんでしょうか。

私は、野菜にとろみがないというのが意外とポイントではないかと思っています。
とろみをつけていない分、黄芯白菜やキクラゲがシャクシャクしており、
細めの縮れ麺と一緒に口に入れたとき、野菜が際立ちます。

ただ、話し好きの店主も認めていますが、
日によって、というか、一度に調理する量によって味がばらつくようで、
ちょっとアタリハズレがある感じです。
たまに、神レベルに美味しいことがあるので、
その味が恋しくて出かけていくのですが、
神レベルの美味しさに出会えることは、何回かに一回です。
まぁ、美味しいタンメンが食べたくなったら行ってしまうお店です。

香港で修行し、この道40年だという店主の味にファンは多く、
県内外からお客さんが集まってきています。

私は、仕事で福井にも顔を出しますが、
福井で顔見知りになった福井の業者さんと、
このお店で偶然ばったり会ったことがあります。
わざわざ福井から来たとのこと、人気のほどがうかがえます。

ただ、この店主がうるさいタイプで、
五目タンメンもブツブツ文句を言いながら作ってくれるのですが、
店主と女将さんは仲があまり良くないのか、女将さんはよく怒鳴られています。
常連客はそんな様子を見ても何とも思いませんが、
初めて行くような方はドギマギしてしまうようで、緊張した顔をしています。

しかし、この店主、こう言ってはナンですが、
口は悪いわりに、なんだかお疲れのようで、あまりお元気そうではありません。
それでも、大きな中華鍋に大量の野菜を入れ、両手に力を込めて煽っています。
ブツブツ文句を言いながら。
「もうやめようかな」が口癖の店主。
興味がおありの向きは、急いで食べに行ってみてください。

[SE;KICHI]
スポンサーサイト



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

kkseishin

Author:kkseishin
株式会社セイシン
私たちは工場設備機器を中心に、お客様にご提案・販売をしている総合商社です。

■富山本社/〒930-0821
富山県富山市飯野16番地の5
TEL:(076)451-0541
FAX:(076)451-0543

■新潟営業所/
〒950-1142
新潟県新潟市江南区楚川甲619番地6号
TEL:(025)283-5311
FAX:(025)283-7469



URL:http://www.kk-seishin.com/

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR