FC2ブログ

第2回プレパパ奮闘記②

妻のつわりも大分前に落ち着いて、何でも食べられるようになった。

今回は特にお米が食べられなかった。
お米を炊く匂いからして受け付けなかった。
食べられるものといえば本当に限られていて、
どこそこのパスタが食べられるということで、昼食はもっぱらそこに通い詰めたらしい。
食べられるものが見つかって、とても嬉しそうだった。

飲み物も限られていて、水が飲めない。
お茶もダメ。
そこで、サントリーのGREEN DA・KA・RAを勧めてみたら、
妻にピタリとはまって大量購入ということになった。
果実など14種類の素材からできた、ミネラルも豊富な飲料なので、
今では良かったかなと思っている。
まあ、私が作ったニンニク抜きのシンプルなパスタも、妻にはダメだったので、
あまり食の面では協力できなかった。

さて、つい先日、お腹の子の性別が判明した。
男の子だった。
私は、多分女の子だろうと思っていた。

何故なら、妻の実家方は、孫が3人いて、全員男の子。
私の方といえば、こちらも孫が3人いて、全員女の子なのだ。
勝手な決め付けだが、男の子は来てくれないと思っていた。
なので、あまり表情には出さなかったが、内心凄く嬉しかった。
跡継ぎができたようで、ホッとしたところもあったのかもしれない。
娘の運動会に来てくれた義母からも、「良かったね」と一言言われた。
私の実家方を心配してくれていたところもあったのだろう。

男の子と分かれば、名前をどうしようかと色々と考えるようになった。
これが本当に難しい。
どれもこれもしっくりこない。
何故か分からない。
女の子の時とは大分違う。
凄く慎重になっている自分がいる。


妻の会社の同僚も今妊娠していて、
以前から、女の子だったら「玉子(たまこ)」と決めている。
これは譲れないらしい。
ところが、嫁いだ先が、「金〇家」。
生まれた子が女の子だったら、その子の名前は「金〇玉子」となる。
妻はいいんじゃないと言ってるが、周りは絶対反対の大合唱。
子供がかわいそうだと。
いずれは、「金玉」とからかわれると。
私も、やめた方がいいと思うが、人の家様のことなので何とも。
でも、何で「玉子」なんだろう。
そこが無性に気になる。
妻に聞いてもらおう。

4歳の娘は、「私の赤ちゃん、私の赤ちゃん」と言っている。
名前は、フルーツの名前にすると言って譲らない。
さくらんぼ、メロンとか言う。
また、私がミルクをあげると言う。
その気持ちは有難い。

ということで、今はこんな状況です。
名前はじっくり考えることにして、妻や娘のサポートに頑張っていこうと思う。
また、報告させて頂きます。

[TOTSU]
スポンサーサイト



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

kkseishin

Author:kkseishin
株式会社セイシン
私たちは工場設備機器を中心に、お客様にご提案・販売をしている総合商社です。

■富山本社/〒930-0821
富山県富山市飯野16番地の5
TEL:(076)451-0541
FAX:(076)451-0543

■新潟営業所/
〒950-1142
新潟県新潟市江南区楚川甲619番地6号
TEL:(025)283-5311
FAX:(025)283-7469



URL:http://www.kk-seishin.com/

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR