FC2ブログ

数息観

以前、このブログで、
怒らないことを自分に課していると書いたことがあります。

そしたら、このブログを読んでいた知人に、
自分もそうしたいのだけれど、日々の中でついイライラしてしまう。
どうしたらいいのか。と聞かれました。

最近は「怒らない禅の作法」という、
曹洞宗のお坊さんが書いた本もヒットしているようで、
なかなかニーズのあるテーマになってきているようです。

私は数息観というのを実践しています。

これは禅や密教の修行のひとつで、怒りを鎮める法と言われています。
現在風に言えば、イライラを抑える法と言ったところでしょうか。

やり方は簡単です。
目を瞑り、静かに自分の息を数えるだけです。
ひとーつ、ふたーつでも、いーち、にー、さーんでも構いませんが、
ただ数を数えます。
たとえば、吸って1、吐いて2、吸って3、吐いて4、…といった感じ。
簡単でしょう。

数息観には、少しだけお約束があります。
それは、数を数える以外のことは考えないということ。
そして、数を間違えたり、分からなくなったら最初に戻るということ。

このお約束、何でもないことのようですが、
やってみると超難しいことに気づきます。

別に眠っているわけではないので、
暑さや寒さは感じますし、耳から音は入ってきます。
背中が痒くなったり、腰が痛くなったりすることもあるでしょう。

しかし、そっちを考え始めると、数が分からなくなるのです。
それはもう、驚きます。
人間、何かを考えながら数を数えることはできないのだと、
初めて取り組んでみた日、愕然としたものです。

そうですね、最初は、20も数えることができないでしょう。
途中で今日の夕飯や週末の予定などに気が散ってしまい、
数が分からなくなるはずです。

この数息観、大切なことは呼吸を整えることに意識を集中して、
雑念を排除することにあります。
こういうのも訓練ですから、そのうち慣れてきて、
気を散らさずに数を数えることができるようになってきます。

気を散らさないということは、
周囲で起こっていることや聞こえることが気にならないということです。
これができるようになってくれば、
誰かに何かを言われても、何か困ったことが起きたとしても、
特に気にならなくなってきます。


結果、怒らないということができるようになってきます。

私は毎朝、出勤前に庭先のウッドデッキに出て座り、
ほんの少しの時間ではあるものの、禅定の時間を持つようにしています。
上手に禅定に入れた時は、何の音も気にはならなくなってきます。
さて。
胆力は鍛えられているでしょうか。

[SE;KICHI]
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

kkseishin

Author:kkseishin
株式会社セイシン
私たちは工場設備機器を中心に、お客様にご提案・販売をしている総合商社です。

■富山本社/〒930-0821
富山県富山市飯野16番地の5
TEL:(076)451-0541
FAX:(076)451-0543

■新潟営業所/
〒950-1142
新潟県新潟市江南区楚川甲619番地6号
TEL:(025)283-5311
FAX:(025)283-7469



URL:http://www.kk-seishin.com/

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR