fc2ブログ

一斉に走らなくても・・・

私の自宅は、いわゆるオール電化住宅です。
キッチンの調理器具はIHクッキングヒーターですし、
お風呂などの給湯や室内の暖房も電気で賄っていますが、
夜間電力を使用するエコキュートを使用しているため、
いわゆる光熱費はとても安いです。

まぁ、いまどき光熱費が安いのは結構なことですよね。

そういうわけで、私の自宅ではガスの出番がないのです。
それは、ガスも使えるけど使わないということではなく、
もともとそういう設計で建てられた家なので、
都市ガスの引き込み配管自体がなかったのです。

しかし、私はガスが使いたいのです。
私は趣味でパンを焼いたりするのですが、
手作りでパンを焼く場合、
電気オーブンよりもガスオーブンの方がおいしく焼けるといわれています。
実際、電気オーブンを使っている方にお話しをお聞きしても、
焼きあがったパンの堅さにがっかりすると言っていました。

そこで、私は、ガス会社の人に頼んで、
地面を掘ってガス配管を引き、
せっかくのオール電化住宅の壁に穴を開け、
システムキッチンを改造して、ガスを引き込みました。
つまり、“オール”電化住宅ではなくなったわけです。
工事代もかかりましたし、そもそも新しくガス代も発生するわけで、
なにをやっているのか分からなくなってきましたが、
しっとりとしたおいしいパンが焼けて、私自身はとても満足です。

現在、新築の建て売り住宅などを買おうとすると、
自動的にオール電化住宅であることが多いようですし、
中古物件でもオール電化にリフォームしてあることが多いようです。
住宅を新築する場合も、オール電化がスタンダードなようですし、
最近ではオール電化住宅を建設することを条件とした分譲地もあるようです。
そういう団地には都市ガスも通っていないのでしょう。

確かに、省エネに貢献するというエコキュートは、
電気不足の昨今、望まれている技術なのだろうと思います。
かつてはIHクッキングヒーターなど、
「炎が見えないのは子供の情操教育上、よくないのでは」
などという意見もあったようですが、
省エネという圧倒的な勢力に押され、いまでは反対論も下火です。
もしかしたら、お年寄りや幼児など、安全性の側面からも、
ガスよりも、火の出ない電気のほうが有利なのかもしれません。

それはそうなのでしょう。
ただ、このところの“オール電化 礼賛”はどうなのでしょう。
ある時期から雪崩を打ったようにオール電化が主流になってきて、
いまとなっては、わざわざ工事しないと、ガスの設備を家に置けないのです。
そのうち、オール電化にしないと省エネ意識の低いヤツと言われかねません。

しかし、しっとりとしたおいしいパンを焼きたいとか、
ガス釜で炊いた瑞々しいごはんが食べたいとか、
そういう人は、どうしたらいいのでしょうか。
ガスを使いたくても、自宅に引き込み配管すらないとなると、
選択肢がありません。

やはり、パンを焼いたりごはんを炊いたりするのは、
家電製品が進歩したとはいえ、まだ、ガスのほうが美味しいと言われてます。
それなのに選択肢がないというのは、ちょっと残念なことです。

こんな話はいくらでもあります。
スマートフォンに駆逐されるガラケーとか、
交通機関を利用するときの電子マネーカードとか、
好きで主流に乗らない人にとっては、不都合な社会かもしれません。

誰かが「あっちだ!」と言ったからって、
全員で一斉にそっちに走っていく必要はないと思うのです。

自分の嗜好に合わせたライフスタイルが構築できるよう、
どうとでもできるような選択肢は残しておいてほしいと思うのですが。

[SE;KICHI]
スポンサーサイト



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

kkseishin

Author:kkseishin
株式会社セイシン
私たちは工場設備機器を中心に、お客様にご提案・販売をしている総合商社です。

■富山本社/〒930-0821
富山県富山市飯野16番地の5
TEL:(076)451-0541
FAX:(076)451-0543

■新潟営業所/
〒950-1142
新潟県新潟市江南区楚川甲619番地6号
TEL:(025)283-5311
FAX:(025)283-7469



URL:http://www.kk-seishin.com/

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR