fc2ブログ

学び続ける姿勢

出張などで遠方に出かけたとき、
宿泊先にどういうホテルを選ぶかは、意外と個性の出るものです。

私が好んで利用するのは“○ーミーイン”です。

充分な広さの客室や野趣に富んだ大浴場など、
お気に入りのポイントはいくつかあるのですが、
一番のお気に入りの理由は、室内の照明の明るさです。

最近は出張時に会社からノートパソコンを持たされる方も多いと思います。
不倫のために宿泊するならともかく、パソコンに向かうのに、
昔ながらのオレンジ色のダウンライトの客室では眼が疲れます。
その点、“○ーミーイン”は蛍光灯に近い照明になっており、
客室でも仕事をする人には助かります。

ところで、ホテルチェーンといえば、
○パホテル”というチェーンがありますよね。

泊まったことがある人はご存知かと思いますが、
このホテルチェーンの社長はド派手なファッションに身を包んだ女性で、
エレベーターの掲示から客室に供えつけの著書にいたるまで、
ホテルじゅうで社長のご尊顔を拝することができます。
ホテル内のみならず、ホテルの外壁にもエントリーしておられますし、
最近では「○パ社長ラーメン」とか「○パ社長カレー」といった
プライベートブランドまで展開していて、
まさに社長が広告塔になった広報活動を展開しています。

語弊を恐れずに言えば・・・
正直なところ、見た目のインパクトが強すぎて食傷気味というか、
辟易するというのが普通の宿泊客の感覚ではないでしょうか。

しかし、先日、この社長さんをよく知るという方と、
お仕事で、ご一緒する機会がありました。

この社長さん、石川県出身の方なのですが、
北陸出身の多くの女性がそうであるように、
本当はとっても堅実で質素な、
人前に出るのも得意ではない、非常にまじめな方なのだそうです。
高卒後に信用金庫に就職しているくらいですから、それは堅実な方です。

ただ、向上心の強さが並大抵ではないらしく、
広告塔としての自分の役割を充分にわきまえられたうえで、
あえて、派手なファッションとエキセントリックな雰囲気を身にまとい、
わざわざ耳目を引いておられるとのこと。
そう思えば顰蹙を買うことも広告効果のうちということだそうです。

なるほど、役割に徹しているというわけでしたか。
それを聞いて彼女を見る目が一変しました。

○パホテルは客室が非常に狭いことで有名ですが、
たとえば客室の感じが似ている○横インと比べ、
大浴場や朝食を充実させることで差別化を図っているようです。

○パホテルの社長には、
「これでダメなら、○横インにお客をに取られても仕方ないわ」という、
哲学があると言います。
曰く、
「良いと言ってくださる方に向けて、最高のサービスを」
ということだそうです。

私は、哲学を持って働く人が大好きです。

社長に就任されたあとも、誰に言われたわけでもないのに、
最終学歴が高卒では具合が悪かろうと考え、
多忙であったにもかかわらず、経営学を学ぶために大学を受験し、
ちゃんと4年間通った末に、大学院にまで通われたそうです。
しかも、彼女は名誉称号として学位が授与されることをよしとせず、
社長業で忙しいはずなのに、きちんと若い学生たちに混じって講義に出席し、
レポートもばっちり、マチェアなものを書いてきたそうです。

これって、かなり立派なことですよね。
向上心を持って
学び続ける姿勢を持っている人というのは
本当に素敵です。


まぁ、そうは言っても、私は客室が狭いのはイヤなので、
○パホテルには泊まりませんけどね。

[SE;KICHI]
スポンサーサイト



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

kkseishin

Author:kkseishin
株式会社セイシン
私たちは工場設備機器を中心に、お客様にご提案・販売をしている総合商社です。

■富山本社/〒930-0821
富山県富山市飯野16番地の5
TEL:(076)451-0541
FAX:(076)451-0543

■新潟営業所/
〒950-1142
新潟県新潟市江南区楚川甲619番地6号
TEL:(025)283-5311
FAX:(025)283-7469



URL:http://www.kk-seishin.com/

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR