fc2ブログ

フリーパスでの旅

久しぶりにJR東日本のフリー切符を使って出掛けてきました。
2/14から3/14までの平日限定のキュンパスは、
一日限定でJR東日本管内乗り放題で1万円。
昨年末にその切符の情報を耳にした時から絶対に行くと決めていました。
行先は迷いながらも青森へ。
関東であればこれよりも安く行くことができるので、どこまでお得に行けるかも醍醐味。
日帰りが一番お得なのですが、
せっかく出かけるし泊まることにして二日分購入しました。

当日は上越新幹線で新潟駅から大宮へ向かい、
大宮から東北新幹線に乗り換えて新青森駅まで行き、
新青森駅から在来線に乗り換えて青森駅に到着。

青森は寒かった。
普段は車での生活だからか、新潟でも徒歩ならこんな寒さなのかもしれませんけど。
刺すような寒さにふるえながら向かった先はラーメン店。
入った瞬間に眼鏡が曇り、
食べ終わっても外していた眼鏡の曇りがまだ残っていました。
最初は眼鏡が凍ったのかと錯覚したくらいです。
今回はまるかいラーメン店へお邪魔しましたが、
煮干が香るスープは酸味があり、けれどえぐみを感じないすっきりとした味わい。
ストレート麺はぱつっとした噛みごたえ。
この醤油ラーメン好きだわ。
冷え切ったからだに染みわたりました。

まるかいラーメン
https://aomoriken.site/2019/09/28/%E3%81%8A%E4%B9%85%E3%81%97%E3%81%B6%E3%82%8A%E3%81%AE%EF%BC%81%E3%81%BE%E3%82%8B%E3%81%8B%E3%81%84%E3%83%A9%E3%83%BC%E3%83%A1%E3%83%B3%E3%80%90%E9%9D%92%E6%A3%AE%E7%9C%8C%E9%9D%92%E6%A3%AE%E5%B8%82/

さて、お腹を満たしていざ観光へ。
青森駅周辺には観光できる施設が点在しているので、
さくっとですが青森を巡ることができます。
青森県観光物産館アスパム、ねぶたの家ワ・ラッセ、
青函連絡船メモリアルシップ八甲田丸、A-FACTORYは徒歩圏内です。
ねぶた祭や青森県の四季を映像で楽しめますし、
ねぶた祭りの山車が展示してあり間近で見学でき、ちょっとした体験もでます。
そしてどこもお土産が充実していて、
その場でしか味わえない食べ物もバッティングしないように工夫されているので、
足の運びがいがあります。
A-FACTORY内で食べたハンバーガーは絶品でした♪

夕食はもちろん青森の地酒をいただきながら、
生姜味噌おでんいがメンチなど郷土料理を味わいました。
温泉に入った後の日本酒にあては格別でしたが、
一番印象に残ったのは朝食で食べたけの汁です。
山菜に高野豆腐に根菜などがさいの目に切りそろえてあり、
具沢山なのにあっさりしていて、これ一杯で満足でき満腹になるくらいです。
山菜がいいアクセントになって癖になる味です。
郷土料理なので家々でレシピがあるのでしょうね。
新潟でいえば、のっぺや雑煮のしのみみたいな感じかな。
これらはお店で食べるより家の味が一番のような気がするので、
けの汁も是非家庭の味を食べてみたいです。

けの汁
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%81%91%E3%81%AE%E6%B1%81

帰りのお土産はたわわとなかよしは迷わず購入しましたが、
今回は新たな出会いがありました。
それはアップルスナックです!
ふじ、王林、ジョナゴールドなどの青森産のりんごを薄くカットし加工したもので、
サクサクと軽く、それぞれの味の違いもたのしめて、
あっという間食べきってしまいました。
もっと買ってくればよかったと後悔しています。

青森を満喫し、翌日も新幹線で大宮駅へ。
上越新幹線の予約時間まで余裕があったので、鉄道博物館に寄ってきました。
ニューシャトルの乗り場へ移動しフリーパスで乗ろうとしたところ、弾かれました。
JRの施設まで行くのだからと深く考えていませんでしたが、
ニューシャトルは埼玉新都市交通の乗り物でした。
三陸鉄道も銀河鉄道も使えたので油断していましたわ!(笑)
この旅初めて、別途切符を買っての乗り継ぎとなりました。

自宅に帰ってきて我が家が一番と再認識しますが、
束の間でも非日常である旅っていいですね。
今度は新潟駅から秋田、秋田から青森まで特急での旅も良いかなと、
帰ってきた早々に次回のプランを考え始めています。

[fu~ma]
スポンサーサイト



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

kkseishin

Author:kkseishin
株式会社セイシン
私たちは工場設備機器を中心に、お客様にご提案・販売をしている総合商社です。

■富山本社/〒930-0821
富山県富山市飯野16番地の5
TEL:(076)451-0541
FAX:(076)451-0543

■新潟営業所/
〒950-1142
新潟県新潟市江南区楚川甲619番地6号
TEL:(025)283-5311
FAX:(025)283-7469



URL:http://www.kk-seishin.com/

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR