fc2ブログ

こーゆうのに弱いんですよね~

最近、久しぶりに100円ショップに行く用が有りました。
ドン・キホーテやダイソーなど、
割安のお店に行くと、ついその安さに惹かれて買ってしまい、
かえって高ついてしまうことなどがあります。
さらに、購入した物が、帰宅したら実は家にあったことで、
不要だったこともたまにあり、後悔するなんてことも…。
ちゃんと考えて買い物しないと、不要なものが増え、
大切なお金が減っていくという“無駄”が重なってしまいます。

今回も、そんな“無駄”をなるべく無くすために、
必要な物さえ買ったらさっさと帰ろうと考えていました。
しかし、レジがかなり混んでいたものですから、
混雑を避けて後から精算しようと他のコーナーを見て回ろうと動きました。
そこで、見つけてしまったんです。

そう、それがこのミニチュアコーナー!

ミニチュアコーナー① ミニチュアコーナー② ミニチュアコーナー③

私、こーゆうのに弱いんですよね~。
皆さまはどうですか?これ。
酒瓶、ビール瓶ケース、オフィスチェアにクッション、パイプ椅子、
工事現場の看板やコーン、コンビニの看板や教室の机に業務用机…など、
おもわずクスっと笑ってしまうミニチュアが数多く揃えられています。
それも、かなり精工なディテールで作られているのですよ。
これで全て100円なのです。
すごいな面白いこれ!と思い、つい立ち止まってしまいました。

驚きました。
まさか”100均”にもこんなのが売っているなんて。
おもちゃコーナーは小さいころからお世話になっていますが、
また別のコーナーにあるのです。
つまり、大人向け?とうことでしょうか。
ガチャガチャや雑貨店でミニチュアグッズが販売されているのは、
皆様ご存じだと思いますが、これはダイソーにもセリアにも置いてあります。
一つずつ手に取って、商品のシールを確認してみました。
どうやら三重県にある山田化学という会社が製造しているようです。
調べてみると、このプラスチック製品の会社で、
コロナ禍の最中に販売され、ヒットしていた製品だということらしいです。
このミニチュアもただの置物ではなく、
鉛筆やペン、小物入れなどのケースとして使える物もあり、
見た目も機能もおしゃれな物となっている様子でした。

いかん!とりたてて必要ないけど、なぜか欲しい…。
ホビー類には目が無い私。
一番心をひいたのが、この中でもひときわ目立っていた、
このブリックコンテナのミニチュア、小物入れです。
そして気が付けば、本来買う物だった物よりも多くカゴに入れてしまっていました…。

小物入れ

皆さんもどこかで見たことのある、有名なデザインのコンテナがいくつもあります。
一番ポピュラーなえんじ色と水色のJRF(JR貨物)コンテナ(おそらく18D,20D形式)に加え、
JOT(日本石油)、アート引っ越しセンター、日本通運、
そして懐かしい国鉄型のコンテナ(C20,C21,6000形形式など)まであります。
JNR(国鉄のイニシャル)のマークがかっこいいですね。
(昔の国鉄型特急電車には必ずと言っていいほど付いていました)
それに加えて大型の20フィートコンテナもあり、
西濃運輸(UC7形式)、福山通運(U51形式)、佐川急便(U54形式)と、
あまりにも見覚えのあるデザインで、
弊社がいつもお世話になっている会社さんのコンテナもありました。

コンテナ① コンテナ② コンテナ③

コンテナ本体だけではなく、
コンテナを載せ貨物列車として走るコキ106型貨車なども有りますので、
これをセットして置くだけで、まさに貨物列車のそれが再現できるのです。
どうでしょう? 面白いでしょう~

コキ106型貨車

車輪は動きませんが、コンテナ自体は上部が蓋になっていて、
中は空洞になっていますので物が入れれます。
見た目はコンテナなので、収納が楽しいなんてことがあるかも。
玄関前、トイレや食卓なんか置いてみてもいいかもしれません。
これだけ種類が有ると、私みたいな鉄道好きは、とりあえず並べてみたくなるもの。

並べてみる

台車どうしが連結できるので、まるで列車の貨物駅や操車場の雰囲気が再現できますww

連結してみる① 連結してみる② 連結してみる③

線路などジオラマを用意したら、立派な貨物駅が誕生するでしょう。

私の実家は富山貨物駅が目の前にあり、
幼いころからコンテナを積んだトラックや列車の出入りで賑わってきました。
懐かしいという気持ちが強く、これだけ買い込んでしまったのかもしれません。
皆さまも100円ショップに寄られたら、立ち寄って見られてはいかがでしょうか?
100円でお気に入りのグッズが見つかるかも・・・。

しかしこれだけ買い込んで揃えてみたものの、
肝心の使い道が決まっておりません。
ちゃんと用途を決めて使わないと、
また結局”無駄“が増えていくことになりますからね。
大人ですので、気を付けたいと思います。

[K.K]
スポンサーサイト



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

kkseishin

Author:kkseishin
株式会社セイシン
私たちは工場設備機器を中心に、お客様にご提案・販売をしている総合商社です。

■富山本社/〒930-0821
富山県富山市飯野16番地の5
TEL:(076)451-0541
FAX:(076)451-0543

■新潟営業所/
〒950-1142
新潟県新潟市江南区楚川甲619番地6号
TEL:(025)283-5311
FAX:(025)283-7469



URL:http://www.kk-seishin.com/

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR