fc2ブログ

命とか、そんな深い話ではないでしょう。

正月に羽田空港で事故がありましたよね。
着陸しようとした日航機を海上保安庁の航空機が支障したという事故で、
日航機に追突された形の海上保安庁機の乗員は何人かが亡くなったものの、
これによって炎上した日航機のほうは、乗客乗員が全員が生還したという、
奇跡的なオペレーションが讃えられている事故でした。

映像で見る限り、追突発生とほぼ同時に、まるでギャラガとかゼビウスのように、
瞬間的に火災が発生しているのだけれど、
結果として379人全員が生還しているのは、
素人目で見ても「スゲェ」と思ったものです。

というわけで、まぁ、事故の根本原因は何かとか、
管制塔は何をやってたのかとか、そういう細かい原因究明とは別次元で、
一般人としては、「JAL、やるじゃん」っていう事故だと思うんですよ。

ところが、この件は意外な方向に盛り上がりましたよね。
この火災で、荷物として貨物室に預けたペットの犬が死んだことに対し、
動物といえど同じ命なのに、
ペットが荷物扱いってどうなんだ

ケージに入れるから客室に同乗できるようにしてほしい、と。

まぁ、私自身の価値観としては理解できませんが、
東日本大震災でも、
可愛がっていたペットを抱いたまま津波に飲まれた人もいたらしいし、
このたびの能登半島地震でもペットを慮って避難所に入らない方もいるそうなので、
本気で、ペットを家族と考えている方がいらっしゃることは承知しています。
だから、客室に、その家族であるペットも連れて入りたいという論法も分かります。

しかし、私は困るのです。

私の息子は猫アレルギーを抱えており、
友人宅に遊びに行く際、
仮に姿が見えなくても、その家で猫が飼われていたら症状が出ます。
顔が腫れ上がり、気道も腫れるのか、呼吸が苦しくなるのです。
彼が飛行機に乗ったとき、もしも同じ客室内に猫がいたら。
彼は生きて到着ゲートを通れないかもしれません。
大袈裟かもしれませんが、そんな人もいるという話です。

では、猫アレルギーの話はいったん置くとして、
仮に、ペットは家族だという方の主張を容れ、
客室へのケージでの持ち込みを認めるとして、
今回のような緊急時に、それを置いて逃げることができるのか、という問題もあります。
貨物室でなく、なまじ、そこに見えている「家族」を見捨てることができるか、です。
まぁ、この点についても、「『緊急時に放置して逃げろ』はおかしい」と主張する方もいますが、
放置して逃げるにしても、抱きかかえて逃げるにしても、
そこで手間取れば、今回のような全員脱出は難しくなりそうな気がします。
今回、乗客乗員全員が生還できたのは、
全員が乗務員の言うことを聞いて、荷物の持ち出しを諦めたからだと思うんです。
誰か一人でも無視して荷物を持ち出そうとすれば、
私も私もと荷物に群がり、円滑に避難できなかったはず。
ペットを含め、荷物の持ち出しを許容したら命はないでしょう。

また、私の息子は、せっかく脱出のチャンスが来ても、
脱出口で接触した、猫を抱えた愛猫家に殺されるのかもしれません。

昔はねぇ。
クラスメイトに1人か2人、「犬の散歩しなきゃだから旅行行けない」とか、
「猫にエサやらなきゃだから家族旅行はしたことない」とかいう子がいて、
子ども心に、「生き物を飼うって大変だなぁ」と思ったものです。
その時代は、学校でもウサギやらチャボやら飼っていて、
夏休みとか、当番制で世話をしに行ったもんですしね。
大学生くらいになると、セレブさんの旅行中に、
飼い犬を散歩させてエサをやるという割のいいバイトもありました。

生き物を飼うって、そういうことじゃないかと思うんですけどね。
家族だと思うことは、ある意味で当然だし、
私だって、飼えば家族と思うだろうとは思いますが、
それは、当然、行動にある程度の制約を受けることでしょう。

貨物室にしろ客室にしろ、ケージに入れなくてはいけないわけで、
そのことは、その大切な「家族」にとって嬉しいことでしょうかね。
そんな不自由な思いをして旅行に行くより、
家の近くの公園とか河川敷を駆け回れたほうが幸せなんじゃないですかね。

私の息子は、人間で、正真正銘の家族です。
それを、「飛行機に乗せるときはケージに入れてください」と言われるなら、
旅行なんて行かないですよ。
貨物室かどうかとか、避難時に連れ出せるかどうかとか、
それ以前の問題です。
病気で搬送とかでない限り、
大切な家族を、ケージでは運ばないと思うんです。

そう思うと、犬や猫は、やっぱり犬や猫なんだなと思うのです。
いくら「家族」だと言ってみても、
ケージに入れることを受け入れた時点で、
人間の家族とは違うな
、と。
「同じ命」とか言われちゃうと、情緒的に押し流されそうになるけど、
人間は赤ん坊でもケージには入れないけど、犬猫は入れるわけで、
同じではないですね。

そして、この話で何よりムッとしたのは、
どなただったか、芸能人の方が、
「どちらかを助けるなら、他人より自分の犬」と発言し、
それに賛同するツイートが多かったこと。
「いやいや、他人でも人間を優先すべき」という声を、
『多様性』を盾に押し返してました。

命とか、高尚なものを引き合いに出していますが、
結局、自分のことだけの主張ってことです。

耳を貸すと損します。

[SE;KICHI]
スポンサーサイト



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

No title

そうですよね。
私はペットと一緒に乗りたい派ですけど、緊急時に、見えるところにいるウチの子を見殺しにできるかというと、自信ないです。
ゴネちゃってみなさんに迷惑をかけると思います。

プロフィール

kkseishin

Author:kkseishin
株式会社セイシン
私たちは工場設備機器を中心に、お客様にご提案・販売をしている総合商社です。

■富山本社/〒930-0821
富山県富山市飯野16番地の5
TEL:(076)451-0541
FAX:(076)451-0543

■新潟営業所/
〒950-1142
新潟県新潟市江南区楚川甲619番地6号
TEL:(025)283-5311
FAX:(025)283-7469



URL:http://www.kk-seishin.com/

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR