fc2ブログ

福沢諭吉と渋沢栄一

辰年といえば波乱の年と聞いていますが、
今年は、新年早々、能登半島が地震に見舞われたり、飛行機がぶつかったり、
一方で日経平均株価は一時25,000円を超えて極端に触れたりと、
私たちは辰年の実力を見せつけられています。

日本を取り巻く情勢はこのように不穏なのですが、
そのなかでも、今後、少し明るい話題となりそうなのが、
夏に予定されている新紙幣の発行です。

一万円札が渋沢栄一、五千円札が津田梅子、千円札が北里柴三郎に、
各紙幣の肖像が切り替わるんですって。
私なんか、千円札の肖像が夏目漱石から野口英世に代わったのをつい先日のように感じ、
「この前代わったばっかりなのに、もう?」と思ったりするのですが、
実はもう20年も経っていたのですね。

なお、現一万円札の福沢諭吉については、
前回の紙幣切り替えの前から連投しているので、約40年ぶりの交代です。

福沢諭吉といえば、『学問のすゝめ』と慶應義塾の創設で有名ですが、
英語の「economy」を「経世済民=経済」と訳した人とも言われていますね。
経世済民というのは、「世を治め、民を助ける」という意味で、
フレーズとして、天才的なセンスを感じます。
余談ですが、岸田首相の減税政策が不評なのは、
政策自体の設計というより、
世間から「この政権って、きっと、世を治め、民を助ける気なんてない」と、
本気度を疑われてしまっているから……という気がします。

さて。
渋沢栄一の新一万円札は、すでに昨年から印刷が始まっているそうです。
渋沢栄一といえば、数年前に大河ドラマの主人公として取り上げられ、
先代・福沢諭吉ほどではないかもしれないけれど、
そうやって地道に知名度を上げてきました。
彼は農家から幕臣に取り立てられ、明治政府の官僚を経て実業家となったという、
これ以上はいないくらい立志伝中の人物で、
500を超える銀行や企業を作ったことは有名な話ですが、
私が何より感服するのは、
実業界引退後に出した著書『論語と算盤』のなかで説かれている、
「道徳経済合一説」の考え方です。

これは、つまり、道徳とビジネスの両立を訴えているもので、
事業活動は、利益の追求だけではなく、
社会貢献や公益性を伴うものでなければならぬ
、と、
そういう理念です。

これは、1916年に発表された理念なので、100年以上が経っています。
100年も前の理念なら、現代人には常識になっていてもいいくらいだと思うのですが、
果たして、どうでしょうか。

昨年も、ゴルフボールを入れた靴下を振り回してクルマを凹ませておき、
それを自ら修理して保険請求するクルマ屋とか、
新型コロナのワクチン接種やコールセンター業務を受託し、
人件費として16億ほどを過大請求していた旅行会社とか、
「ねぇ、道徳って習わなかった?」と、
企業姿勢を疑いたくなるような不祥事が耳目を集めました。
社会貢献とか公益性以前に、
「人を騙してはいけないよ」すら守られない昨今です。

カネを稼ぐために働くのだと豪語する者は後をたたず、
より多くを稼ぎ出すために、どんどん条件の良い仕事に転職せよと、
政府すらそれを推奨する世の中。
物価高や低賃金など、自身の生活の苦しさを喧伝し、
社会貢献や公益性を無視することも致し方なしとする社会は、
渋沢翁が100年前に提唱した理念が、いまだに定着してないことを示しています。

大河ドラマの翌年、深谷にある渋沢栄一記念館を訪れた私。
そこで渋沢栄一アンドロイドによる『道徳経済合一説』の講義を拝聴しましたが、
その明確な語り口には背筋が伸びる思いでした。


https://www.youtube.com/watch?v=-q-8eTTo6fw&t=21s

あらためて、紙幣切り替えの今年、
渋沢翁の教えの大切さと実践の難しさを、再認識させられる思いです。
(正直、精巧な動きが気になって、あんまり内容は入ってこないのですが)

[SE;KICHI]
スポンサーサイト



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

kkseishin

Author:kkseishin
株式会社セイシン
私たちは工場設備機器を中心に、お客様にご提案・販売をしている総合商社です。

■富山本社/〒930-0821
富山県富山市飯野16番地の5
TEL:(076)451-0541
FAX:(076)451-0543

■新潟営業所/
〒950-1142
新潟県新潟市江南区楚川甲619番地6号
TEL:(025)283-5311
FAX:(025)283-7469



URL:http://www.kk-seishin.com/

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR