fc2ブログ

ビハインド・ザ・マスク

先日YMO(イエロー・マジック・オーケストラ)のメンバーである、
高橋幸宏さんがお亡くなりになりました。
大変残念です。


https://www.smule.com/song/ymo-yellow-magic-orchestra-%E5%90%9B%E3%81%AB-%E8%83%B8%E3%82%AD%E3%83%A5%E3%83%B3-%E6%B5%AE%E6%B0%97%E3%81%AA%E3%83%B4%E3%82%A1%E3%82%AB%E3%83%B3%E3%82%B9-y-m-o-karaoke-lyrics/5317950_5317950/arrangement

YMOと言えば、1980年前後にシンセサイザーを屈指したサウンドで、
テクノミュージックの一大ブームを巻き起こした今や伝説のバンドです。
私は今でも好きで時々聴いていますが、
中でもビハインド・ザ・マスクという曲が好きで、
海外からの評価も高く、
マイケル・ジャクソンやエリック・クラプトン等もカバーしています。


https://www.youtube.com/watch?v=6Agj7KZbeO0

BEHIND THE MASK by Michael Jackson BEHIND THE MASK by Eric Clapton
https://okmusic.jp/news/11021
https://jpsongs.net/%E3%80%90%E5%92%8C%E8%A8%B3%E3%80%91behind-the-maskeric-clapton%E3%82%A8%E3%83%AA%E3%83%83%E3%82%AF%E3%83%BB%E3%82%AF%E3%83%A9%E3%83%97%E3%83%88%E3%83%B3/


ビハインド・ザ・マスクを直訳すると、仮面のうしろや裏側ですから、
意味とすれば、真実の顔、真実の姿といったところでしょうか。

違うマスクの話ですが、
3月13日からマスクをするかしないかは個人の判断に委ねられることになりましたね。
事前の街角インタビューでは、
ほとんどの方がなかなか外せないとおっしゃっておられます。
女子高校生は、入学以来マスクを外した事がないので、
今さら恥ずかしくて顔を見られたくないとか、
社会人の女性は化粧をしない事が当たり前になっているので、
外せと言われても困るといった意見です。
もう衛生面の話ではなくなっていますね。

ニュースをみていると学校の卒業式では、
学校が原則外すことにしても、
ほとんどの生徒がマスクをした状態で式に参加していました。
外してもいいと言われても無理なようですね。

個人の判断に委ねても、自分で判断できない方が多いでしょう。
そういう方はどうするのか、
誰かに決めて欲しいと思っているのではないでしょうか。
自分が考えて自ら行動することはしませんが、
言われたことはやりますというスタンスの方が多いですからね。

今年に入ってからは、新年会など、大勢の方々が集まって会食する事が増えました。
乾杯する前に、誰かが挨拶している時はマスクをしていますが、
乾杯が終わった途端にマスクを外して周りの方とお話ししたり、
他のテーブルにお酒を注ぎに行ってお互いに自己紹介したりしています。
いったい最初にしていたマスクの意味はなんだったのかと思います。

さて、新型コロナも5月8日からはインフルエンザと同類の5類に移行します。
この状態はそのあともずっと続くのでしょうか?

[KAZSOU]
スポンサーサイト



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

kkseishin

Author:kkseishin
株式会社セイシン
私たちは工場設備機器を中心に、お客様にご提案・販売をしている総合商社です。

■富山本社/〒930-0821
富山県富山市飯野16番地の5
TEL:(076)451-0541
FAX:(076)451-0543

■新潟営業所/
〒950-1142
新潟県新潟市江南区楚川甲619番地6号
TEL:(025)283-5311
FAX:(025)283-7469



URL:http://www.kk-seishin.com/

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR