fc2ブログ

針のむしろ

最近の券売機ってすごいんですよ。
以前ならみどりの窓口に並ばなくてはいけなかったことが、
ほとんどできるようになっています。

もともと、みどりの窓口は混みがちです。
学生さんが定期券を作りたいとか、お年寄りがジパング倶楽部で旅行に行きたいとか、
様々な用事の方が一緒くたに並ぶのでいつも混んでいるうえ、
富山のような田舎では、キャッシュレス決済の利用率は30%台だそうで、
そもそも決済にも時間がかかるため、混雑に拍車がかかっている感じです。

窓口がだいたいそういう状況なので、
私は基本的にみどりの券売機を利用してきました。
みどりの券売機では、切符の購入はもちろん、
「トクトクきっぷ」という企画切符も買えますし、
多少コツは要りますが、乗車変更などもでき、それなりに便利です。

では、みどりの券売機でできないことは何かというと、
工夫して裏ワザ的に安く乗車券を手配するとか、そういうのが苦手なようです。
たとえば富山から大阪に行き、東京を経て富山に戻るという、
一筆書きに毛を生やしたような行程とか、
富山から新潟を往復する際、途中下車をするために特急券を分割したいとか、
そういう小難しいことです。

そこで、私も仕方なく、そういう時には窓口に頼るようにしているのですが、
私以外の並んでおられる方々は、仕方なくということではなく、
券売機が苦手だから並んでいるという方が多いようです。
なので、さんざん並んだ挙句のオーダー内容が、
「今日の夕方の便で、東京まで大人1人、窓側で」とか、
そんな単純な用事で並ぶなよ~とか思うようなこともしばしばです。
いま、コロナ禍で窓口の数は減り、営業時間も短縮されているので、
みどりの窓口はすこぶる混むようになりました。

そこで新たに登場したのがみどりの券売機プラスです。(JR西日本・JR四国)

何がすごいって、画面上にオペレーターが現れ、
会話をしながら切符の手配ができるのです。
なので、前述の小難しい案件にも対応可能だし、
カメラがついているので、そこに学生証などを示すことで、
学割の利用や定期券の購入もできるわけです。
これは、オンラインのみどりの窓口でしょう、
できることが一挙に広がりました。
いや、単なる新幹線チケット購入とか、単なる乗車変更とか、
そういう単純なことのためにわざわざ窓口に並んでいる人は、
今後も窓口に並び続けるでしょうから、
ラクになるのは、オペレーターと対話しながらの手配が苦にならない、
私のような者なのでしょう。

みどりの券売機プラス

が、私は、これまで、3度ほどオペレーターと話してみたのですが、
……もう、使わないかも。

なにしろ、呼び出しボタンを押してから、オペレーターが出るまでが遅い。
私の場合はだいたい2分でしたが、
繁忙期には20分くらいになることもあるそうです。
想像してみてください、券売機の前で20分、棒立ちで待っている姿を。
また、オペレーターが出たら、要件を画面横のマイクに向かって話すのですが、
それなりに大きな声でないと、聞き取ってもらえないので、
大きな声を出します。
用件、周囲に丸わかり。
そして、用件がオペレーターに伝わったら、
「切符をご用意いたします」ということで、
まぁ、難しいことを頼んでいるこちらも悪いのですが、
また10分ほど待たされます。
この、私が何十分か券売機を占有している間、単純な用件も含め、
私の後ろには続々と人が並びます。
なかには、数分後の新幹線に飛び乗ろうとして券売機に並んだ人もいて、
私のおかげでその新幹線には乗れず、
私には直接言いませんが、
「ぬわぁ~、マジかぁ」などと声が漏れている人もいます。

これはね……針のむしろ。

私の上司は、自分の後ろに誰かが来ると焦るからという理由で、
駅の券売機も、食券制の飲食店も嫌いだと言います。
私は、基本的に、他人の目があまり気にならないタイプなので、
その話を聞いた時も、ナンジャソラと思ったのですが、
このみどりの券売機に至っては、
その気持ち、ちょっとは分かります。

いつだったかは、散々待って、ようやく発券されたタイミングで、
オペレーターから「お客様、大変申し訳ございません」と。
なんでも、切符に一部不備があったから、いったんすべて返金のうえ、
作り直させてほしい、
つきましては、発券済みの切符を1枚ずつ機械に戻してくれ、と。
もちろん、二度目は倍速になるはずもなく、
同じだけの時間をかけて発券してもらったわけですが、
結局40分はそこに立っていて、
ふと見るとみどりの窓口の列のほうが早く進んでいました。

JRは、JR東日本も含め、対面窓口の縮小を進め、
2025年までにみどりの窓口設置駅を約7割減らすという計画を公表しています。
時代の要請はそうなのだろうとは思いますが、
現状を見ると、これは……まだまだだなと、言わざるを得ません。

もう少しがんばりましょう。

[SE;KICHI]
スポンサーサイト



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

kkseishin

Author:kkseishin
株式会社セイシン
私たちは工場設備機器を中心に、お客様にご提案・販売をしている総合商社です。

■富山本社/〒930-0821
富山県富山市飯野16番地の5
TEL:(076)451-0541
FAX:(076)451-0543

■新潟営業所/
〒950-1142
新潟県新潟市江南区楚川甲619番地6号
TEL:(025)283-5311
FAX:(025)283-7469



URL:http://www.kk-seishin.com/

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR