FC2ブログ

「HWAT給湯温度保持システム」のご案内

突然ですが、
ホテルや大きな施設などの給湯システムは、
“戻り配管”を使用した循環システムが主流なのではないでしょうか。

でも、循環システムって、
ボイラから遠い配管の温度が低くなってしまったり、
戻ってきたぬるま湯を再び加熱しなおさなきゃいけないし、
そのためのボイラも大きいのが必要だし、
ボイラのメンテナンスだってタダじゃないし、

なかなか大変って話、よく聞きます。


そこで、私たちは Raychem®「HWAT」 をお勧めしています。

「HWAT」は自己制御型ヒーターで、
給湯配管自体を正しい温度に保持することで、
循環システムが不要になり、“戻り配管”をなくすことができます。

HWATイメージ

これって、実は画期的なことなんです!

なぜなら、このHWAT給湯温度保持システムは、
● 配管も水使用量も熱損失も少ないので、
 レジオネラ菌による衛生上の問題が起きにくい!
● “戻り配管”がないので、
 ボイラをより小型のものにできる!
● 少ない熱損失、ボイラの出口温度を低くできるので、
 運転時のエネルギーを大幅に削減!
● 損傷しやすい循環ポンプの交換や配管の
 保守費用がほとんどかからない!
● 意外と循環システムが問題になりやすい
 エコキュートにも最適!
HWATトレース例  施工は簡単。配管にヒーターを沿わせるだけ。

諸般の事情により節電が叫ばれる昨今。
というか、たぶん、今冬以降もずっと節電でしょう。
このHWAT給湯温度保持システムは、新しい施設に導入できるだけではなく、
既存の給湯循環システムをこのシステムに移行するだけで、
簡単に省エネを実現することができます。
給湯システムの保守費用も大幅低減で、節電効果抜群です。

冬に向けて、いかがですか!

[AKA]
スポンサーサイト



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

kkseishin

Author:kkseishin
株式会社セイシン
私たちは工場設備機器を中心に、お客様にご提案・販売をしている総合商社です。

■富山本社/〒930-0821
富山県富山市飯野16番地の5
TEL:(076)451-0541
FAX:(076)451-0543

■新潟営業所/
〒950-1142
新潟県新潟市江南区楚川甲619番地6号
TEL:(025)283-5311
FAX:(025)283-7469



URL:http://www.kk-seishin.com/

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR