FC2ブログ

いつかは腑に落ちる。かも。

新生活が始まった方々も多い季節になりましたね。
新しい環境で新たな出会い、
新たに覚えることもたくさんあることでしょう。
就職先ではまず社内ルールを覚えないといけなかったりしますが、
それとは別に上司や先輩の個人的ルールなるものも存在したりしますよね。

思い返してみると、まー、怒られましたねー。
経営者からは怒鳴られましたし、時には人格否定もされました。
新人だろうがなかろうが従業員は皆でしたけどね。

ただ、厳しく言われなかったら気付かずにいたことも多かったのも事実です。
当時は納得できなかったことも、時が経って腑に落ちたこともたくさんあります。
ルールも意味が分からず押し付けられた感がありましたが、
後々、大切なことを教わったと実感しています。
人生経験浅いあまちゃんでしたから、動き一つにしてもイライラさせたことでしょう。
要領や効率など考えずにいましたから。
そんな昔の記憶を遡ってみるのもこの季節ならではです。

ここからは、病院の待合室で遭遇した出来事です。
受診待ちでソファーに座っていたら、
物凄い剣幕のご婦人が高齢のお母さん連れで入ってきました。
受付で開口一番、
ちょっと聞いてください!
駐車場で母を車から降ろしていたら、
次に入ってきた運転手から早くどけ!て言われたのよ!
他にも空いているのよ、
だから、他へ止めたらいいでしょ!て言ったら、
どこに止めようがこっちの勝手だろ!て言われたのよ!
どう思います!?
信じられないでしょ!!
母は高齢で足も悪くて、
乗り降りするのに時間が掛かるっていうのに!!
これからその人ここに入ってきますから!!


私だけではなく待合室にいた人皆、人物像を想像しながら待っていたと思います。

ドアを開けて入ってきたのは、小さな子供を連れたお母さんでした。
えっ!?想像と違った。
その女性は何事もなかったように、受付を済ませ、
待合室の本棚で子供と絵本を選び、ソファーで読み聞かせを始めました。
びっくりするぐらい大きな声で。

小さな待合室なのでご婦人もすぐそこに掛けています。
今度はそのご婦人が大きな声で独り言を言い始めました。
コの字に配置されたソファーの誰もいない空間を険しい顔で見つめながら。

若い女性は本からご婦人の方へ視線をうつし、
言いたいことがあるなら、はっきり言ったらいいじゃないですか!と、
臨戦態勢に入りました。
ゴーンと鐘がなり(私の頭の中で)バトル開始!

ご婦人は相手に謝って欲しい、
けれど、相手の女性は何故私が悪く言われないといけないの?と、
納得できないので言い返す、といった感じです。

その間、自分が原因で言い争っている二人に挟まれた老婦人は、
切なそうな表情で座っていらっしゃいましたし、
小さな子供は泣きそうな顔で言い争うお母さんを見つめていました。

駐車場での現場を見たわけではないのでどっちとは言えませんが、
若い女性は高齢者と生活をしたことが無いのかもしれないかなと想像しました。
もしかしたら、絶対その場所に止めたい事情があったのかもしれませんけどね。

でもね、ここでの騒動を彼女も腑に落ちる時が必ず来ます。
いずれは老いるから。

さて、バトルの終わりですが、
若い女性が、もう言いたいことはないですか!?と聞き、
ご婦人が、全部言いました!と答えると、
じゃあ、これで終わりですね!と告げ、終了しました。

ご婦人は腑に落ちていないかなー。

[fu~ma]
スポンサーサイト



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

kkseishin

Author:kkseishin
株式会社セイシン
私たちは工場設備機器を中心に、お客様にご提案・販売をしている総合商社です。

■富山本社/〒930-0821
富山県富山市飯野16番地の5
TEL:(076)451-0541
FAX:(076)451-0543

■新潟営業所/
〒950-1142
新潟県新潟市江南区楚川甲619番地6号
TEL:(025)283-5311
FAX:(025)283-7469



URL:http://www.kk-seishin.com/

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR