FC2ブログ

うふふふ、しょうもないですね。

7月から全国の小売店でレジ袋が有料化されるそうですね。
経済産業省によれば、
廃棄物削減、海洋ゴミ対策、地球温暖化対策等の課題に対応するため、
その一環として、レジ袋の過剰な使用を抑制するということだそうです。
義務づけだということなので、仕方ないのですが、
うふふふ、しょうもないですね。

現在レジ袋は国内で年間300億枚、
乳幼児を除いた国民1人あたり約300枚が使用されていると言われています。
これを原料の石油に換算すると、年間50万キロリットルだそうですが、
それはつまり、国民1人あたり、わずか3リットルにしかなりません。
3リットルって、普通車で30キロほど外出する際のガソリン量ですから、
つまり、30キロの外出を我慢すれば、
1年分のレジ袋の節約ができるという計算になります。

どうしてレジ袋はダメなのでしょうか。
燃やしたときに有害ガスが出ると思っている人もいますが、
レジ袋はポリエチレンなので、二酸化炭素と水が発生するだけです。
そもそも、いまどき、そんな危ないものが入っているはずもないでしょう。
それどころか、ゴミ処理会社を経営する友人によれば、
生ゴミみたいな濡れたものだけを燃やすのは大変で、
燃やすために余計に燃料が必要となるのだそうですが、
そこにレジ袋を入れておけば、薄くて発熱量が高いので燃料の代わりになり、
燃料のムダ遣いを抑えられて助かるのだそうです。

また、そのへんに捨てると鳥や魚が飲みこんだりするからとか、
そういうことを言う人もいます。
でも、それなら、釣り糸とかアイスの棒とか何かのキャップとか、
動物が飲みこんだりしそうなものはだいたいダメでしょう。
これらは、テキトーに捨てんなよって話であって、
だからレジ袋はダメだよねって話ではないと思うんです。

ごみ問題の解決に効果的なのは、4Rと言われていますね。
Refuse(無駄な消費をやめる)、Reduce(減量)、Reuse(再使用)、
そして、日本人が好きな recycling(再利用)ですが、
私は、本来行うべきことは、効果の薄い recycling よりも、
効果的な Refuse もしくは Reduce、
つまり、化石燃料などの資源の使用量を削減をすることなのではないかと思うのです。
いや、小さなことからコツコツと、
その第一歩としてのレジ袋削減なのだという意見もあるでしょうが、
日本の石油消費量は年間約2.4億キロリットルのうち、
レジ袋は前述のとおり50万キロリットルなのですから、
レジ袋なんて、日本の石油消費量のわずか0.2%に過ぎないのですよ。

政府主導なのだったら、もっと効果の高い政策があるだろうと思うのです。
たとえば、私。
通勤距離は片道15kmほどですが、燃費12km/Lくらいのクルマで通勤しています。
仕事が年間250日あるとすれば、
使用するガソリンは 625リットルで、ドラム缶3本ちょっとです。
1人これだけって、なかなかの量でしょう。
もっと言えば、この時に発生する二酸化炭素は37万リットルで、
これをドラム缶に換算すると1800本以上に相当します。
そう思えば、日本中のマイカー通勤のサラリーマンが、
たとえば、ノーマイカーデーなどに1日でも協力するだけで、
レジ袋なんかよりも環境に対してインパクトのある負荷軽減が図れるはずです。

結局、目の前のレジ袋がターゲットに仕立てられたのです。
中小企業は、競争力が弱く、環境への投資が遅れがちですが、
そこを狙い撃ちするような今回の政策は、
私は、単なる弱い者いじめのようだなぁと思うのです。
それに、もし、そのような弱い者いじめの意図はないとしても、
そもそも、たとえば、「環境負荷の少ない新たな素材を開発する」という、
時代の変化によって新たなニーズが生まれるような方向ではなく、
単純に「排出量を抑制する」という考え方に進むのであれば、
結果的に経済活動が縮小されるということもあって、
なんというか、環境問題に姿を変えた社会主義への接近に見えて、
危機感を感じます。
いや、ほら、飛行機は環境に悪いからヨットで行きますとか、異常ですよね。
私たちにそういうのを強いられても困りますよねという、感覚的な話です。

昨年の関西広域連合の発表によれば、
大阪湾を調査した結果、レジ袋約300万枚が海底に沈んでいるそうです。
なかなか刺激的な数字に思えますが、
こういう刺激的な数字が、レジ袋有料化に正当性を与えているのでしょう。
本質は、単なる“マルクスの呪い”かもしれませんよ。

[SE;KICHI]
スポンサーサイト



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

No title

やっぱり! 私も、なんか変だと思ってました!
プロフィール

kkseishin

Author:kkseishin
株式会社セイシン
私たちは工場設備機器を中心に、お客様にご提案・販売をしている総合商社です。

■富山本社/〒930-0821
富山県富山市飯野16番地の5
TEL:(076)451-0541
FAX:(076)451-0543

■新潟営業所/
〒950-1142
新潟県新潟市江南区楚川甲619番地6号
TEL:(025)283-5311
FAX:(025)283-7469



URL:http://www.kk-seishin.com/

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR