FC2ブログ

食べられるようになりました!

味覚の問題で、幼い頃には食べられなかったけれど、
大人になると食べられるようになるものというのがありますよね。

私が最近、食べられるようになったのが、コレ、ベッコウ
富山の郷土料理の筆頭格みたいなもので、
煮溶かした寒天に調味料と溶き卵を入れ、冷蔵庫で冷やし固めたものです。

ベッコウ

幼い頃……というわけではありませんが、
18歳くらいの頃、スイーツだと思って口に入れた私。
いや、不味かったとか、そういうことではないのですが、
スイーツを待ち構えている舌にとって、
鼻に抜ける出汁の香りと広がる醤油の風味は衝撃的なものでした。
それ以来、なにせ富山の郷土料理の筆頭格ですから、
富山に住んでいる以上、わりと頻繁に見かける料理ではあるのですが、
なんとなく敬遠してきた私。

それが、昨年、突然、食べられるようになったという話。
あるとき、富山のホテルの、(いまは禁止されている)ブッフェで見かけ、
それまで敬遠してきたくせに、どういうわけか手を伸ばしたというわけ。

食べてみた感想は……美味しかったのでした。

あとは、生落花生
そもそも、落花生というものの、
食べたときの乾いた感触と口の中に粒が残る感じが苦手で、
そんなに好んで食べることもなかったのですが、
人に頂いた生落花生、騙されたと思って食べてみたところ、
これがなかなかに美味でした。

生落花生

なにしろ、生ですから、
まず、苦手な、食べたときの乾いた感触がありません。
そして、食感がウエットなので、口の中に粒が残ることも、
そもそもありません。

ところで、急に語学の話ですが、
昨年末くらいに、外国人ばかりが集まるパーティにご招待いただき、参加してきました。
立食スタイルのパーティでしたが、
各お料理につけられている説明のプレートが英語で、
なかなか勉強になりました。

たとえば、「Grilled blackthroat with Japanese pepper and butter sauce」って、
みなさん、どんな料理か想像つきますか。
“blackthroat”って何でしょうかね。
それが何かは分からないとして、それをグリルして、
日本の胡椒とバターのソースをかけたものだな……って感じで、
意外と近いところまではたどりつくのですが、
“blackthroat”が分からないので、すっきりとは分からない、
そんな感じです。
結局、ウエイターさんを呼び止めて聞いたところ、
「ノドグロの炙りロースト、県産実山椒入り和風バターソース」だそうです。
ははぁ、“blackthroat”はノドグロのことだったか。
それから、山椒って、“Japanese pepper”なんですね、知ってました?

「Grilled yellowtail citron jam flavored」はどうですか。
またしても“yellowtail”が何か分からないので、
何かをグリルしたものだろうなとしか言えません。
かつ、“citron jam flavored”は、“citron”が柑橘だということは分かるので、
その、分からない何かに柑橘風味をつけたものだろうなとは察しがつきます。
正解は「ブリの幽庵焼き」でした。
幽庵! それは分からないわ!

Grilled以外の料理では、
「Sauteed John Dory with vermouth sauce」はどうでしょう。
“John Dory”って何?というより、誰?という感じですが、
これは人名ではなく、フランス料理でよく見かけるマトウダイのことです。
マトウダイって言ってくれれば分かるのに、“John Dory” だなんて、気取ってますね。
というわけで、この料理は「マトウダイのソテー ベルモットソース」。
ちなみに、英語で “John Dory” と呼ばれるマトウダイですが、
フランス語では “Saint-pierre” (サン・ピエール)と呼ぶのだそうで、
それはキリスト教における十二使徒の一人、「聖ペトロ」にちなんだ名前だそうです。
えっ、そんなありがたい名前の魚を食べちゃっていいんでしょうか。

ところで、そんな私ですが、最近、食べられるようになりたいものが現れました。
それが、新潟の居酒屋で見つけた、コレ。

かきのもと

かきのもと……って、柿本人麻呂しか思い浮かびませんが、
これは新潟で食べられている食用菊のことで、
花びらをおひたしにして食べるものなのだそう。
食べてみると意外と淡泊というか、野菜ではない植物にありがちなエグみもなく、
“思いのほか”、おいしくいただけるのですが、
いかんせん、なかなかサイケデリックなビジュアルなので、ちょっと苦手な私、
このおいしさが分かるようになりたいなと思っております。
というのも、この「かきのもと」、
「柿の根本」あるいは「生垣の根本」から来たネーミングだそうですが、
それは新潟市あたりの呼び名であって、
同じ新潟県でも長岡市では「おもいのほか」と呼ぶそうです。
これは、「おもいのほか美味しかった」からと付けられた名前だそうなので、
密かに、自分の感覚の成長に期待している私です。

かきのもと(イメージ)https://tabepro.jp/15750

[SE;KICHI]
スポンサーサイト



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

kkseishin

Author:kkseishin
株式会社セイシン
私たちは工場設備機器を中心に、お客様にご提案・販売をしている総合商社です。

■富山本社/〒930-0821
富山県富山市飯野16番地の5
TEL:(076)451-0541
FAX:(076)451-0543

■新潟営業所/
〒950-1142
新潟県新潟市江南区楚川甲619番地6号
TEL:(025)283-5311
FAX:(025)283-7469



URL:http://www.kk-seishin.com/

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR