FC2ブログ

神聖な体験Ⅱ

他の人が書いた記事の続編を勝手に書くのもどうかと思うのですが、
素晴らしいタイトルだったもので、ついつい便乗します。

先日、上司が突然、「宿坊に泊まりたいんだよね」と言いました。

宿坊というのは、まぁ、泊まれるようになっているお寺のことです。
だいたい民宿みたいなところを想像すればよいと思うのですが、
民宿と少し違うのは、食事が精進料理であることと、
朝の6時くらいから“勤行”という、お経を唱えてお祈りする時間があることです。

金剛三昧院金剛三昧院 境内
宿坊の部屋朝食

私が泊まったのは高野山の宿坊。
もちろん、そもそもラグジュアリーな施設ではないので、
そういうのをお望みの方には少しも向いていませんが、
ロケーションの清々しさは相当なものです。
特に、朝早くに起き、身なりを整えたうえで、
決められた時刻に本堂に着座していなくてはいけないことも、
義務ではなく、自然と「そうするものだ」と思えるような、
精妙な磁場というか、凛とした空気感が漂う朝でした。

それにしても、早朝の勤行に、若い女性が単独で参加しているのを見ました。
大原・三千院ではありませんが、お一人でどうしたのだろうと思いましたが、
その女性は声を出して読経に参加し、うんうんと頷きながら住職の法話を聞き、
最後には持参した写経を奉納して退席するなど、
尋常ではない熱心さで勤行に参加されていて、
かねがね祈る姿を美しいと思う私をうっとりさせたのでした。

さて、高野山を散歩していると、金剛峯寺の少し下に大きな研修施設を見つけました。
そこに出ていた看板には「授戒できる」と書かれています。
意味はよく分かりませんでしたが、時計を見ると、ただいま9時50分頃。
次の回の「授戒」は10時と書かれていますので、滑り込むことにしました。

受付を済ませると、ホールのようなところで待たされます。
ホールには他の参加者の方が集まっており、
その日のその回は5グループほど、20人くらいが集まっていました。

お坊さんが現れ、濡れ縁を通って授戒堂へ案内していただきます。
授戒堂の入り口には塗香があり、それを手に擦りこんで浄めます。
お堂の中はロウソクが10本ほど燃えているのみで薄暗い状態ですが、
開け放たれた戸口から外光が入るので、そんなに暗くはありません。
全員が畳に敷かれた緋毛氈に座ったところで、お坊さんから、
「儀式が終わるまでいかなることがあっても退室できません」と、
改めて言われると緊張感漂う、厳しい一言が発せられました。
実際、急に怖くなって、そのまま退出されたご婦人も。

お坊さんが戸を閉めます。
外光の供給がなくなり、ロウソクのみになって、ほぼ完全に真っ暗。
怖い……ような気もしますが、
静寂のなかで妖艶にゆらめくロウロクの炎を眺めていると、
なんだか異世界に迷い込んだような不思議な気分になってきます。
そのうち、暗闇の中、左手奥の襖が開いて、
お坊さんの御鈴に導かれて阿闍梨さまが入堂され、中央の壇座に座られました。
……いや、まぁ、真っ暗闇なので、シルエットすらはっきりとは見えず、
なので、座られたのだろうなって察するだけなのですが。

授戒の儀式が始まります。
一同で「南無大師遍照金剛」の御宝号を繰り返し唱えます。
なにしろ真っ暗闇で、目からの情報が遮断されていますので、
声を合わせて唱える倍音の響きが、唱える自分の聴覚を支配し、
幻想的で、なんというか、トランス状態。

その後、名前を呼ばれ、暗闇のなか、ビビりながら数段の階段をのぼって、
阿闍梨さまの正面に座ることになります。
シルエットだけの阿闍梨さまは、
私の目の前でお札のようなものを手に取り、
なにやら手刀を切ったり儀式的なことをして私に渡してくださいます。
恭しく受け取り、再び、暗闇のなか、
ビビりながら階段を降り、元の位置に戻った私。
書くとたいしたことはありませんが、暗闇というのはそれだけで神秘的で、
なにか、たいそうなものを授かったような気になります。

それから、暗闇のまま、シルエットだけの阿闍梨さまの法話を聞いたり、
阿闍梨さまに続いてお経を復唱したりして、儀式は終わり。
暗闇のなか、阿闍梨さまはお坊さんの御鈴に導かれて退出されました。
シルエットだけで、ついに阿闍梨さまの尊顔は分からず、
街ですれ違っても挨拶ひとつできない関係性です。

全部が終わって、お坊さんがお堂の戸を開け、光が入ってきたとき、
妙なことに「生き返った」感覚になりました。
そして、手元に残ったお札のようなもの。
渡されたときは暗くて何が渡されたのか分かりませんでしたが、
それが、コレ、『菩薩戒牒』

菩薩戒牒

恐れ多い気がして私は開きませんでしたが、
うまいこと折り畳まれた紙に、
「菩薩十善戒」と呼ばれる十箇条が書かれているのだそうです。

   不殺生 - 生きとし生けるものを殺さない
   不偸盗 - 盗んではいけない
   不邪淫 - 倫理を失った関係を持ってはいけない
   不妄語 - 嘘をついてはいけない
   不綺語 - お世辞など、無益なことを言わない
   不悪口 - 相手を不快にさせる言葉を使わない
   不両舌 - 二枚舌を使わない
   不慳貪 - むさぼらない
   不瞋恚 - 怒らない
   不邪見 - 悪意のあるものの見方をしない

まぁ、あたりまえのことです。
あたりまえのことだからといって、できているとは限りませんけど…

これを授かるために経験した暗闇でのトランス状態。
一種の演出とはいえ、ただ偉そうな人から諭されたのとは違う、
妙なありがたみを感じた授戒体験、
これは“神聖な体験”と言ってよいでしょう。

[SE;KICHI]
スポンサーサイト



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

kkseishin

Author:kkseishin
株式会社セイシン
私たちは工場設備機器を中心に、お客様にご提案・販売をしている総合商社です。

■富山本社/〒930-0821
富山県富山市飯野16番地の5
TEL:(076)451-0541
FAX:(076)451-0543

■新潟営業所/
〒950-1142
新潟県新潟市江南区楚川甲619番地6号
TEL:(025)283-5311
FAX:(025)283-7469



URL:http://www.kk-seishin.com/

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR