FC2ブログ

薄い精子の如き野菜。

神戸の『料理屋 植むら』という料亭は居心地の良い料亭ですが、
ご主人の植村良輔さんは、
加賀野菜で有名な加賀料理の修行から出発されたせいか、
野菜には一家言ある方で、特にハイブリッドが嫌いだそうです。

ハイブリッドって、まぁ、野菜に限った話でもないのですが、
ざっくり言うと消費者向けの極端な品種改良のことです。
昨今は、極度に糖度が高いとか、極端に辛さを抑えたとか、
味を変えてしまうような改良が多くなってきており、
そういうのは邪道ではないかと、植村さんは言います。
生産者の「オンリーワンを求める気持ち」が改良を流行らせているのでしょうが、
植村さん曰く、そんなのは農業に全然貢献していないと。
だって、「オンリーワン」ということは、その生産者にしか作れないわけで、
生産量は少なく、コストもかかり、ほとんど流通しないわけですからね。
そんなものより、在来種を積極的に復活したほうが良いのではないか、
一周回ってやっぱり原点回帰だよねと、植村さんは言います。

それを聞いた私は感心しました。

いや、害虫に強いとか、日照りに耐えるとか、
そういう生産上のメリットのための品種改良は構わないと思うのです。
しかし、私は古いタイプの人間なのか、
トマトは酸味のあるものだし、ピーマンは辛いものだと思っていますので、
それを、たとえば子供が食べやすいようにとか、そういう理由で、
極度に糖度が高いとか、極端に辛さを抑えたとか、
味の要素にまで手を突っ込んでしまうと、
それは果たしてトマトなのか、ピーマンなのかと、
確かに、かねがね、釈然としない感じはありました。

そう思うと、野菜の味に感動するって、どういう感じでしょうか。
たとえば、トマトって、食べたことない人はいませんよね。
ほぼ全員、味の想像がつくはずです。
そこに、極度に糖度が高いトマトを出現させたとして、どうでしょうか。
まぁ、賛否はあるかもしれませんが、
私は、食べやすくはなるとしても、感動はしないと思うのです。
「へぇ~」と思うとは思いますが。
一方、別に、糖度が高くはないけれど、妙においしいトマトって、ありますよね。
「〇〇農園のトマトって、どういうわけか、驚くほど旨い」ってやつで、
この場合、味に感動することはあり得ますよね。

私は、この両者の戦いは、
“糖度が高くはないけれど、妙においしいトマト”の勝ちだと思うのです。
それは、糖度が高くはないが、「トマトとしておいしい」という状態だからです。
トマトなんだから、「トマトとしておいしい」というのは、とても大切な要素でしょう。

やはり、スタンダードに栽培して、肥料をちゃんと与えて肥沃な土地を作り、
適切な気候管理をしながら、ちゃんと忘れずに水やりをし、
毎日、愛情をかけながら育てた野菜がおいしいに決まっています。
工場のような場所で、光をあてながら作っている葉物野菜も、労力や経費など、競争力的な面を考えれば、それはそれでいいとは思っていますが。

そういえば、スーパーなどに並んでいる野菜は形が見事に揃っていますが、
見慣れているだけで、考えてみたら不思議だなと思うのです。
野菜だって生き物なのだから、揃っていなくても当然なはずなのに、
まるで工業製品であるかのように揃っていますね。
そんな量産型の野菜は、昔ながらのエグ味のある野菜よりも、
栄養価が低い、ような気がします。

最近流通している野菜の多くは、
異なる品種の種を人工的に掛け合わせた F1 という種なんだそうです。
これは、各地域で何世代も自家採種を繰り返して環境適応した種ではなく、
見た目重視、大量生産、大量流通に向いた改良種で、
いわば、品質は均一かもしれないけれど、味や栄養価は二の次というわけです。
きっと、極度に糖度が高いトマトか、極端に辛さを抑えたピーマンというのは、
こっち側(F1 種)のグループですよね。

ところで、F1 種の多くは、雄性不稔といって、
子孫を作れないのだそうです。
つまり、私たちは、毎日、子供を作れない野菜を食べているということです。
人間の精子が劣化し、濃度も薄くなっていると指摘されて久しい昨今、
なんでも成人男性の20%が不妊で、さらに40%が予備軍になっているそうですが、
それって、このような野菜を食べていることと、本当に関係はないのでしょうかね。

冒頭の植村良輔さんの言葉を借りるまでもなく、
薄い精子のような F1 種ではなく、
昔ながらのエグ味のある野菜が懐かしい私です。

大量消費への迎合やオンリーワンへの異常な執着などを見直し、
地元の食文化を復活させたいと、私は思うのでした。

[SE;KICHI]
スポンサーサイト



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

kkseishin

Author:kkseishin
株式会社セイシン
私たちは工場設備機器を中心に、お客様にご提案・販売をしている総合商社です。

■富山本社/〒930-0821
富山県富山市飯野16番地の5
TEL:(076)451-0541
FAX:(076)451-0543

■新潟営業所/
〒950-1142
新潟県新潟市江南区楚川甲619番地6号
TEL:(025)283-5311
FAX:(025)283-7469



URL:http://www.kk-seishin.com/

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR