FC2ブログ

文化の維持費

いやいや、首里城、燃えてしまいましたね。
弊社は、守礼門が描かれた2000円札の普及に努める団体なので、
首里城にもいくらかの思い入れがあり、消失は残念です。

さて、私が国内の美術館などを訪れたときにいつも感じることなのですが、
入場料、安すぎません?
実は、私は、行きたいと感じたところに行くという嗅覚を重視しており、
そういうわけで、これまでに10回は沖縄を訪れているにもかかわらず、
いまだに首里城には一度も足を踏み入れたこともないのでした。
そんな私がコメントする資格があるのかどうかは微妙ですが、
今回、首里城の入場料金が 810円であると報道で知り、驚きました。
首里城。
琉球の文化や歴史を知るために大切な存在であると力説しておきながら、
スーパー銭湯よりも安い値段。
いやいや、大切なわりに、入場料、安すぎません?

なんでもかんでも外国と比較すればいいというものでもありませんが、
世界では、その国の文化や歴史を反映した価値ある建築物は、
高い入場料を徴収するのがスタンダードとなっています。
なぜなら、一度燃えたらあっという間に延焼してパーになるのですから、
防火設備に金をかけるのはあたりまえで、
そのコストが入場料に反映されるという仕組みなのです。
たとえば、ノルウェーの民族博物館。
昨年、私が訪問した際の入場料は150クローネほどだったと思います。
日本円だと2500円くらいですが、高いと思いますか?
しかし、『アナと雪の女王』に登場するゴル・スターヴ教会など、
そうそうたる伝統建築群が展示されている施設ですから、
管理や防火にそれなりのコストがかかると言われれば、納得はするでしょう。

一方で首里城。
琉球王国の宮殿を再現し、文化を継承するために大切とされる首里城ですが、
入場料で比較すれば、ノルウェーの民族博物館の1/3という安さで、
もはや、自ら価値がないと言っているかのような価格設定なわけです。

この首里城、焼失してみて、防火体制が万全でなかったことが露呈しました。
どうしてでしょうか。
管理者が整備を怠っていた……ってことはないでしょう。
燃えたって構わない文化財なんてないわけですから。
防火に費やす充分な予算がなかったということなのでしょう。

入場料収入がもっと潤沢にあれば、管理や保全に費用を投入でき、
お粗末な防火設備も、もうちょっとマシになっていたかもしれません。
そういう意味で、私は、
スーパー銭湯レベルの“安すぎる入場料”が、
今回の被害を拡大させた側面もある
と思っています。

先日、この話をラジオで話したところ、
「これは文化の話であって、カネの話ではない!」と、
局にお叱りのメッセージが届いたそうですが、
仏像等の文化財に多少の関心を持っている私としては、これは切実な話です。
もちろん文化財保護はカネだけの話ではありませんが、
保存や修理、防火・耐震など、
カネさえあれば解決できる問題は多いのです。

そもそも、首里城は復元された公園であって、別に文化財ですらありませんから、
厳密にいえば、それほどシビアな防災を求められてはいません。
しかし、単なる公園だとしても、首里城公園は年間280万人が訪れ、
今回焼失した有料エリアに限っても年間180万人が入場する観光施設です。
180万人というと三重県の人口とほぼ同じで、富山県の人口の1.7倍。
そんな、多くの人が集まる観光施設にスプリンクラーを設置することは、
文化財云々ではなく、安全のために必要なことですよね。

ワイドショーなどでは、「木造建築にスプリンクラーは難しい」とか、
文化財特有の難しさを指摘する“有識者”もいますが、
難しいからといって、何も対策しなくてよいはずはありませんよね、
人が多く集まっている観光地なのですから。
文化財が好きな私ですら、
文化財を水浸しにするリスクと出火によって人命を危険にさらすリスクなら、
どちらが重いか分かります。
それに、首里城と違って文化財として国宝に指定されている姫路城では、
火災報知機をはじめとした防火施設を完備し、
スプリンクラーも天守群だけでなんと1000カ所以上設置されてます。
木造で、国宝や世界遺産に指定されていても防火はできるということです。
スプリンクラー設置の法的義務がないとかそういう問題以前に、
それだけ多くの観光客が訪れる施設の管理者として、
防火・防災対策は必須だと思うのです。

しかし、昨今の少子高齢化による人口減少で、
たぶん、今後、入場料収入は年を追うごとに減っていくはずです。
国に頼ろうにも、人口減少で税収は減るでしょうし、
国としては、年金や医療・福祉のような社会保障や、
または老朽化したインフラの整備に予算を投入せざるを得ません。
文化財というのは、表現に賛否あるかもしれませんが、
必需品ではなく“ぜいたく品”ですから、
そこに対する投資はついつい後回しになるはずです。
すると、当然、設備が陳腐化するわけで、
歴史的な建造物であっても、維持管理が厳しくなり、
最後は、安全対策がガッツリと削られるというわけです。

ほら、昨年も、リオデジャネイロで国立博物館の火災がありましたよね。
2000万点の貴重な収蔵品が焼失してしまったわけですが、
あれも、リオ五輪で無理につぎ込んだインフラ投資が引き起こした不況で、
国家財政がボロボロになってしまっていて、
博物館の消火設備のメンテナンスにカネが回らなかったからだそうです。
まぁ、お金がないのに、
いつ発生するか分からない災害に備えれませんよという話です。

とにかく、私は入場料が安すぎると思います。
安い入場料のおかげで、
私たちは国宝や文化財も気軽に拝観することができるようになりました。
誰でも気軽に文化を学べて素晴らしいという気もしますが、
長い目で見れば、その維持管理に対する適正な価格になっていないため、
私は、その設定が文化や歴史をガタガタにしてしまっているとすら思います。

結果、今回の首里城消失については、
ある程度の国費を投入して再建する運びとなるでしょう。
熊本城とかもそうですが、
国全体の税金を使って一地域の城を再建することが正しいのか、
税制上の観点から必ず議論が起きます。
そういう面倒なことになる前に、
それなりの入場料を徴収し、
コツコツ備えておけばよかったのです。


とにかく、「安くて質のいいものを提供すれば間違いなし!」という、
日本特有の、呪いのような思考から脱却しない限り、
全国の文化財は、首里城のように崩壊していくでしょう。
私は、首里城への思い入れは強くないですし、
今後の再建にもそんなに注目はしていませんが、
一般的に、文化財というのは、
先人たちが遺した貴重な英知であり、その文化における誇りなのですから、
それを護ろうとするなら、それを大切だと思う人たちが気概を持って、
普段から、朽ちないための努力をしていてほしいと思うのです。

繰りかえしますが、「高い入場料」が必要です。
観光客を受け入れる以上、防火対策は必要。
しかし、国はこの分野に費やせる予算を多く確保できません。
と、なれば、自前で「高い入場料」を徴収して、
それを原資に安全を調達するしかないではないですか。


[SE;KICHI]
スポンサーサイト



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

kkseishin

Author:kkseishin
株式会社セイシン
私たちは工場設備機器を中心に、お客様にご提案・販売をしている総合商社です。

■富山本社/〒930-0821
富山県富山市飯野16番地の5
TEL:(076)451-0541
FAX:(076)451-0543

■新潟営業所/
〒950-1142
新潟県新潟市江南区楚川甲619番地6号
TEL:(025)283-5311
FAX:(025)283-7469



URL:http://www.kk-seishin.com/

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR