FC2ブログ

故障者たち

いやあ、流行ってるんですかね、「あおり運転」
というか、「あおり運転」とか呼ばれてはいますが、
急いでいるドライバーが、前方の遅い車を後ろからあおったという話ではなく、
何に怒ったのか、進路妨害して車を停めさせ、ドライバーの顔を殴ったということで、
これは別にあおっているわけではなく、ただの暴行ですよね。

このニュースを見て、私だって、その犯人をけしからんとは思うのですが、
一方で強く感じるのが、「恥ずかしい」という感覚です。
大人というのは、世の中の子供たちの規範となるべき存在であるはずなのに、
一部の大人とはいえ、このようなろくでもない姿を子供に見せてしまい、
同じ大人の一人として、子供たちに対して恥ずかしいと、そういう感じ。
偉そうに「仲良く助け合いましょう」と子供に呼び掛けておきながら、
面識もないドライバーを殴るなんて、子供に向ける顔がないでしょう、大人たち。

それにしても、何にそんなに腹が立つというのでしょうか。
私は、「他人に対して腹を立てない」という戒を立てているので、
100%とは言えないまでも、他人の言動に感情が乱されることは多くありません。
それは立派な人格だとか、そういうことではなくて、
単に「人はそれぞれだ」と達観しているにすぎないのですが、
そういう私の感覚からすると、
仮にろくでもない運転をするドライバーが近くにいたとしても、
そんなに、殴りつけなくてはならぬほど腹が立つことはないと思うのですが。

ちょっと、最近、自分の感情に忠実な、すぐ怒る人、多い気がします。
どうしたんでしょうか、故障しちゃったんでしょうか。
なんというか、日本人は温厚で助け合う民族だったと思うのですが、
そういう日本人感覚が故障しちゃってる人、増えてるんでしょうか。

さて、故障しちゃっている人といえば、知人から聞いた話。
あるところに、90歳台の老婆と60歳代の義理の娘が住んでいたそうです。
“義理の娘”というのは、つまり、そのお婆ちゃんの息子の嫁ということなのですが、
その息子はとうに亡くなっているため、姑と嫁の2人暮らしということです。
それも、まぁ、ちょっと変わった家族構成だなとは思うのですが、
仲良くやれているのであれば別に問題ないと思いきや、
その嫁は、姑のことを徹底的に無視するんだそうです。

無視と書きましたが、姑と嫁という微妙な関係性なので、
互いに干渉しないという紳士協定みたいなものならよいと思うのです。
そうではなく、悪意ある無視。
嫁は姑の食事を用意せず、自分だけはムシャムシャ食べる。
姑は運転ができないので、自分で食事を調達することもできず、
腹をすかせた状態でひっそりと暮らしているとのこと。
冷蔵庫を開ければ何か出てくるかもしれないけれど、
食べられそうなものは、
ご丁寧にも、背の低い姑では届かないような高い場所にしまわれている、と。

これは、「あおり運転」と一緒で、
無視とかじゃなくて、存在を認知したうえでの意地悪です。
姻族である嫁と姑は、それをつないでいた夫と死別した時点で、
同居を解消しても構わないと私は思うのですが、
まぁ、経済的な事情などで同居せざるを得ない場合は、
一緒に住むからには、感情は別として、
それなりのオペレーションというか、ルーティンはあると思うのです。
本当は顔も見たくないと思っていても、最低限の挨拶はするし、
食事は用意するでしょうし、洗濯や掃除も然りです。
なんというか、本当はイヤでイヤで仕方ないと思っていたとしても、
そして、そのことが相手に薄々でも伝わっていたとしても、
感情を抑えて何事もないかのように振る舞うのが大人というもので、
正面切ってそれを確認させないようにするのが不文律でしょう。

どうしたんでしょうか、故障しちゃったんでしょうか。
だいたい、90歳台の老婆に一貫して意地悪をするとか、
それなりに主体的な悪意を持っていないとできませんよね。
お婆ちゃん、逆縁に見舞われたうえにこの仕打ち、
長生きなんてするもんじゃないと思っていることでしょう。

また別の家では、入り婿で、いわゆる「マスオさん」になっている婿が、
妻やその両親と同居しながら徹底して没交渉を決め込み、
食べるものも行動も別にして、
何事も自分と自分の子供たちだけで楽しんでいると話も聞きました。
これは、いわゆる「マスオさん」の例で言うと、
マスオさんが磯野家に住みながら、波平やフネどころか妻のサザエさんすら無視して、
我が子タラちゃんとだけコミュニケーションをとっているってことです。

これだって、日本人的な感覚では、
いくら義父母が忌々しく、そこにべったりな妻のことすら気に食わなかったとしても、
一緒に住むからには、やはり感情は別として、
それなりにコミュニケーションを取るのが普通でしょう。
知人で、20歳で結婚して7年間同居した28歳の女性がいますが、
その是非はともかく、同居期間中は感情を抑えて、
家族としてのコミュニケーションは取っていたと言います。
どうしたんでしょうか、故障しちゃったんでしょうか。
そんなことなので、義父母のほうから「あいつはどういうつもりなのか」などと、
公然と言及される始末なのですが、さもありなんというところです。

共通しているのは、自分の感情が絶対だと思っているところ。
そして、それに基づいて行動を選択して何が悪いと思っているところ。
追い越されて腹が立ったから、進路妨害して殴ってよい。
姑が気に食わないので、意地悪してよい。
義父母や妻が嫌いだから、自分だけで楽しんでよい。
……だって、相手が悪いんだから、自分の行動は正しいという、
我こそが正義なりという行動基準です。
本当に、どうしたんでしょうか、故障しちゃったんでしょうか。

古来、日本の先人たちは、自分の感情を押し通すことは厳に慎み、
周囲と険悪にならないように、それぞれが税金のように薄く気を遣い合って、
思いやりと辞譲の心で穏やかな社会を築いてきたと聞いています。
自己主張が強くないことは、欧米人に対して劣っているように言われますが、
いやいや、周囲の人間関係を焼け野原にしないための智慧だったのでしょう。

ベトナム人の知人は、日本に来る前、
日本のことを学ぶ授業で、日本は寛容な国だと教わってきたそうですが、
それを聞いた私、「ごめん、そういう日本、もうないかも」と、
なぜか日本を代表して、申し訳なく思ったのでした。

どうしたんでしょうか、故障しちゃったんでしょうか。
だとしたら、早く故障を直し、寛容な社会を作りたいものです。

[SE;KICHI]
スポンサーサイト



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

No title

すごい!
食事を与えずに子供を殺しちゃう人がいるけど、そんな感じですね、これは。
プロフィール

kkseishin

Author:kkseishin
株式会社セイシン
私たちは工場設備機器を中心に、お客様にご提案・販売をしている総合商社です。

■富山本社/〒930-0821
富山県富山市飯野16番地の5
TEL:(076)451-0541
FAX:(076)451-0543

■新潟営業所/
〒950-1142
新潟県新潟市江南区楚川甲619番地6号
TEL:(025)283-5311
FAX:(025)283-7469



URL:http://www.kk-seishin.com/

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR