FC2ブログ

秋深し。

秋も深まり、めっきり涼しくなりましたね。

秋といえば芸術の秋です。

この時期は湿度の高い時期が去って温湿度管理がしやすいため、
特別公開などのイベントがしばしばあるので、
文化財鑑賞など、芸術に触れるには良い季節です。

最近はスピリチュアルブームですから、
とにかく神秘的な場所に行きたいという人も多いようで、
私の隣の席にも、
よく分からないままに竹生島に渡ったことがあるという変な人もいます。
私がお寺や神社、教会などに詳しいと知った人から、
しばしば「どこのお寺がオススメですか?」と聞かれることがあります。

この質問は、実は結構困ります。

鉄道マニアにも“撮り鉄”やら“乗り鉄”やら、いろいろあるように、
宗教芸術マニアもいろいろあるのです。

神社に、雰囲気を味わいに行く人あり、建築を観に行く人あり。
教会に、ステンドグラスを観に行く人あり、ミサに参加する人あり。

お寺の場合でも、
仏像が観たいのか、建築物を眺めたいのか、庭を観たいのか、
心を鎮めたいのか、儀式に参加したいのか、
目的によって訪れるべきお寺は違うのです。

庭や建築物は、かなり奥が深くて見ごたえがあるのは確かですが、
禅や和歌の知識がないとなかなか理解しにくい部分もあり、
初心者には難しいかもしれません。
私もいまでは儀式に参加するようになってきましたが、
25年くらい前は仏像専門で、
建築物や庭にも関心が出てきたのはここ10年ほどのことです。

私が建築物に関心を持つきっかけとなったお寺は、小野市にある浄土寺です。

ここの仏像は「弥陀三尊」と呼ばれる高さ5メートルほどの、3体の仏像です。
京都・大原の三千院は有名なので、行ったことがある方も多いと思いますが、
そこと同じです。

仏像単独でももちろん素晴らしいのですが、
境内の西に建てられた本堂内に、弥陀三尊は東向きに立っていて、
晴れた日の夕刻には背後の蔀戸から光が入るようになっており、
堂内全体が赤く染まって、弥陀三尊は浮き上がるという、
なんというか、劇的な光の演出効果を備えています。

121005浄土寺(JTB Publishing)

私は、わりと、大自然よりも人工の造形物に感動するタイプですが、
この自然と建築物との融合には、やられましたね。

鎌倉時代のお堂ですから、建物としてはそんなに古いほうではありませんが、
そういう演出が施されていることを知って私は感動し、
以来、建築にも関心を持っています。

明日から3連休、天気が良ければ、オススメです。

[SE;KICHI]
スポンサーサイト



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

kkseishin

Author:kkseishin
株式会社セイシン
私たちは工場設備機器を中心に、お客様にご提案・販売をしている総合商社です。

■富山本社/〒930-0821
富山県富山市飯野16番地の5
TEL:(076)451-0541
FAX:(076)451-0543

■新潟営業所/
〒950-1142
新潟県新潟市江南区楚川甲619番地6号
TEL:(025)283-5311
FAX:(025)283-7469



URL:http://www.kk-seishin.com/

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR