FC2ブログ

変態ちゃん

弊社の Okei さんにとっては、名前だけは聞いたことがあるレベルらしいのですが、
いま、「マリーゴールド」とか「ハルノヒ」とかを歌っている、
あいみょんという 24歳のアーティストが大人気ですよね。

私は、特にあいみょんのファンというわけではないけれど、
彼女の楽曲では「○○ちゃん」という曲が一番好きです。

彼女のメジャーデビューは2016年だそうですが、
その前の2015年に、『tamago』というアルバムをインディーズで発表していて、
「○○ちゃん」というのは、そこに収録されている楽曲です。


https://www.youtube.com/watch?v=OXYxa7UM4_g

歌詞は、
 お酒は大好きで悪酔いも少々 好きでもない男と寝たこともある  とか、
 早くに覚えすぎたタバコも 何度もやめようとは思ってる  とか、
 口癖はいいことないかな 幸せのレベルはもう下げた  とか、
 得意なことも趣味もない おまけに勉強もできないけど  なんて、
総じて、なんというか、そこらによくいる女の子を表現している感じです。
だいたい「○○ちゃん」というタイトル自体、
○○にどんな人名を入れてもそれなりに成立するような、
ごくごく普通の女の子の歌です。

ところで、この曲で、私が衝撃を受けたのはサビの歌詞で、
私のどこがダメですか?と繰り返されるところ。
つまり、この曲は、どこにでもいるようなごくごく普通の女の子が、
「私のどこがダメですか?」と訴えかけるという構図。

いやいや、ダメじゃないですよ!

実は、若手の多く、特に就職などの社会生活に支援が必要な若者たちと話すと、
この、「ボクのどこがダメなんでしょうか」というフレーズはよく出てきます。
そういうとき、私は、「そんな質問するところがダメだね」とか答えたりしますが、
焼け石に水、そういう人が多すぎて、ラチがあきません。

私は、これが、引きこもり(もしかしたら自殺者も)を生む要因だと思うのです。
彼らは言います。
「ボク、特に何にもできないんで」とか、
「ワタシ、なんかトロいらしくて」とか、
「オレ、どの仕事も長く続かなくて」とか。
そして、彼らは「一生懸命やってるんですけどね」とため息をつき、
「ボクのどこがダメなんですかね」と下を向くのです。

結局、、彼らはただ社会に順応できていないだけなのですが、
彼らは度重なる不適合の場面で傷ついて、自己肯定感を下げています。
場合によっては、なんらかの診断を受けているケースもあります。
そうすると、「ワタシ、発達障害って言われてて……」というのも加わります。

ところで、障害とは何なのでしょうか。
世の中には、雑多に運ばれてきた金属部品を、向きを揃えて重ね、
決められた数ずつ束にして箱に詰めるという仕事があります。

バラバラの部品をひとつひとつ揃えてキレイに積み重ねて
数も整えて箱に詰める

そんなの、誰にでもできる仕事だと思うでしょう。
でも、少なくとも私は、そういう、コツコツ同じことを繰り返す仕事は苦手です。
先日、視察させていただいた作業場では、
働いているほとんどの方が何らかの障害をお持ちの方だと聞きましたが、
実に淡々と、作業に従事しておいででした。
淡々と手を動かして部品を揃える彼らと、そういうのが苦手な私。
果たして障害があるのはどっちなんでしょうか。
そう思うと、障害って、案外、単なる得意不得意なのかもしれないし、
個性に過ぎないのかもしれないと思うのです。

そして、私は思うのです。
これからは「変態」の時代だと。
自分がいかに周囲と違って特定の分野に偏った知識を持っているか、
自分がいかに手先が器用で特殊な技術を持っているか、など、
人間はロボットではないので、
いかに突出した個性を備えているかで勝負するしかないと思うんです。
雑多に運ばれてきた金属部品を、向きを揃えて重ね、
決められた数ずつ束にして箱に詰めることができる……とか。

そうなってくると、周囲から浮くほどの個性を持っていても、
それは誇るべき武器になると思うんです。
実際、彼らは趣味の話だと、私が置いていかれるほど饒舌に語るのです。
つまり、彼らは、「何もできない」わけではなく、
それは、本人の幻想に過ぎぬのです。

私は、引きこもりや自殺を撲滅する運動家の人ではないので、
そこに特化してなんらかの考えを持っているわけではありませんが、
「私のどこがダメですか」などという、
そもそも「自分はダメである」ということを前提とした、
否定的な自己認識を持つ若者の蔓延は、
社会として健全ではないと思うのです。

自分も個性的な「変態」だと認識して、
それのどこがダメかではなく、
それを使って社会に参画するんだという、
たくましさを持って欲しいと思います。


あなたのどこも、ダメじゃないですよ。

[SE;KICHI]
スポンサーサイト



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

kkseishin

Author:kkseishin
株式会社セイシン
私たちは工場設備機器を中心に、お客様にご提案・販売をしている総合商社です。

■富山本社/〒930-0821
富山県富山市飯野16番地の5
TEL:(076)451-0541
FAX:(076)451-0543

■新潟営業所/
〒950-1142
新潟県新潟市江南区楚川甲619番地6号
TEL:(025)283-5311
FAX:(025)283-7469



URL:http://www.kk-seishin.com/

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR