FC2ブログ

「水増す雨の」

梅雨ですね。
花粉で辛かった春も終わり、暮らしやすい時季になりました。

先日、最近知り合った20歳の女の子とメールのやり取りをしていて、
何度かメールを往復させたあと、
そのことを「なんか、文通みたいだね」と表現したところ、
「文通だなんて、年齢を感じますね」と返信されてしまいました。
あ、もう、文通なんて言うのは古いのかと、ショックを受けた27歳の私です 笑

さて、文通といえば。

その昔、平安時代の結婚というのが、
夜になると男性が好きな女性のところに通っていく、
いわゆる「通い婚」というスタイルだったというのは、それなりに有名な話ですよね。

その「通い婚」、
女性の家で一夜を過ごした男性は、
裸のまま朝までダラダラ寝ていてはいけません。
夜が明けきらぬうちに女性の家を出て帰宅するのがマナーで、
女性の家から帰った男性は、
夜が明け切ってからできるだけ早い時刻に、
「後朝の文(きぬぎぬのふみ)といって、
その女性に手紙を贈る必要がありました。

もちろん、郵便屋さんはいませんから、お手伝いさんに届けてもらうのですが、
当時、女性にとって、この手紙が届かないことは、別れを意味したので、
女性側は、ドキドキしながら手紙が届くのを待ったわけです。
『大和物語』には、「後朝の文」も届かず、数日連絡がなかったため、
捨てられたと悲観した女が出家してしまったという話が出ています。
実際には、男性は急な出張で連絡できなかっただけだったのですが、
出家されてしまっては、残念ながら、もはや後の祭り。
「後朝の文」を贈らないと大変なことになるというエピソードです。

ところで、枕草子の二七五段には、
いつも愛し合った翌朝には「後朝の文」をくれる男性が、
ある晩、何かの弾みに怒って帰ってしまったという話が書かれています。
翌朝の「後朝の文」もなかったので、
なんだか寂しいなと思いつつ、それなりに過ごしたものの、
さらに翌日の大雨の日、朝になっても昼になっても何も届かなかったので、
「あぁ、これは捨てられた」と縁側で脱力していると、
夕方になって手紙が届いて、はしゃいじゃったわというような話です。

なんか、女性の気持ちの変化が手に取るように描かれていて、
読んでいてウキウキしませんか。
いまでも、男女問わず、恋愛のハウツー本なんかでは、
「意図的に距離を置くことで惚れ直させましょう」なんていう、
ちょっとしたテクニックが指南されているそうですから、
これは現代にも通用する駆け引きと言えるでしょう。

ところで、夕方になって届いたその手紙には、
「水増す雨の」とだけ書かれていたようです。
清少納言はこの一言だけの手紙にキュンとして、
「長々と詠まれているよりステキ!」と言っていますが、
当時は、これだけで相手にどんな歌か伝わったのです。
たぶん、これは、当時の有名な歌の一節なのでしょう。
当時の教養として、有名な歌は暗記しているのが普通でしたから、
いまで言う“イントロ・ドン”みたいなもので、
「水増す雨の」と言われただけで、どの歌か相手に分かったのです。
それも、なんだか風雅で素敵だなと思いませんか。

現在、すべての歌が残っているわけではないので、
実は、この「水増す雨の」がどの歌を指すのか、分かってはいないのですが、
この分野の専門家の間では、
古今和歌集収載の紀貫之の歌を指しているのではないかと言われています。
雨が降ると水が増すように、あなたへの思いも増すよという歌で、
清少納言は、相手の気持ちを察してキュンとしているというのです。

つまり、この文通には、有名な歌は暗記していることを前提としたうえで、
その知識を駆使して、相手が何を語りかけているかまで察知しないと、
最終的にキュンとはできないわけです。
現代はLINEなどで瞬時に連絡が取れるので、
察するとか推し量るということが必要なくなりましたが、
当時は連絡手段も限られていたので、教養と感受性が大事だったのでしょう。

ところで、本当に蛇足ですが、私は、
このケースでは、雨の日に男性本人が来たのではなく、
手紙だけが届いたというのが良かったのだろうと考えています。
というのも、清少納言の雨嫌いは有名ですよね。

一般的に、当時、雨の夜に男性が女性宅を訪れるということは、
足元も悪いのにわざわざ愛情深いことだと好感を持たれていたので、
だからこそ、その好印象を狙って雨の日に女性宅を訪ねる男性も多かったのですが、
清少納言は二七四段で、雨の夜に訪れる男性はイヤと明言しています。
なぜなら、愛情が深いんじゃなくて単なる雨宿りなんじゃないの?と、
彼女は、どうも相手の好意を疑ってしまうらしいのです。
雨でずぶ濡れになってやってきて「は〜、参った参った」とかいう男、
恩着せがましくて超イヤだと言っています。
なかなかメンドクセーオンナですね、清少納言。

なので、このエピソードの男性、
雨の中を訪問することなく、手紙だけを届けたところが、
おそらく彼女の琴線に触れたのだと、私は推察しています。

しつこいですが、読んでいてウキウキしませんか。
荒天時にわざわざ通ってポイントを稼ごうとするオトコと、
まんまとそれにキュンキュンするオンナ、
一方で、そんな小技には引っかからないメンドクセーオンナと、
そんなメンドクセーオンナに絶妙な手紙を出すオトコ。
私は、毎年、大雨が降りがちなこの梅雨の時期、
当時に想いを馳せて、ほっこりするのです。

清少納言 百人一首
https://zh.m.wikipedia.org/wiki/清少納言

[SE;KICHI]
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

kkseishin

Author:kkseishin
株式会社セイシン
私たちは工場設備機器を中心に、お客様にご提案・販売をしている総合商社です。

■富山本社/〒930-0821
富山県富山市飯野16番地の5
TEL:(076)451-0541
FAX:(076)451-0543

■新潟営業所/
〒950-1142
新潟県新潟市江南区楚川甲619番地6号
TEL:(025)283-5311
FAX:(025)283-7469



URL:http://www.kk-seishin.com/

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR