FC2ブログ

死にたいヤツは独りで死ねよという暴言

川崎市登戸の路上で児童ら19人が相次いで殺傷された事件。

この事件は、朝、子供がスクールバスを待っているところに、
突然、包丁を持った男が現れて、児童ら19人を切り付けたというもので、
前途ある外務省職員と女子児童が犠牲になった実に痛ましい事件でした。
また、その凶行は30秒ほどの短時間で行われたことから、
その、吹き矢の如く、避けようのない感じも世間を震撼させました。

この事件では、犯行後に犯人も自ら首を切って絶命しており、
犯行が、いわば、「自殺の道連れ」のように見えることから、
ネット上では早い段階から犯人への非難が殺到しました。
曰く、「死にたいなら人を巻き込まずに自分だけで死ね」とか、
「死ぬなら迷惑かけずに死ね」とか、
なかなかに強い表現も見受けられました。

私はげんなりしています。
日本人って、こんな感じだったかと。


もちろん、この事件は痛ましい事件で、
犠牲になった方には何の落ち度もなかったわけですから、
犯人側にどのような事情があったにせよ、
凶行に及んだ事実は許されるものではありませんし、
その理不尽に憤る気持ちは私にだってあります。

しかし、です。
「死ぬなら迷惑かけずに死ね」というのは、どうなのでしょうか。

少なくとも私は、学校では「命は大事だよ」と教えられ、
通夜や葬儀では「生かされている大切な命」と諭されてきました。
そうやって育てられてきた私には、
「死ぬなら……死ね」という価値観は、ありません。
生かされている命であるとするなら、
「死ぬなら……死ね」という発言は、
神様のみに許されているのではないのでしょうか。

私には、神様のみに許されている発言を人間がすることに、
「何? みんな、神様のつもりなわけ?」と、違和感を持ちますし、
もっと強い言い方が許されるなら、
「命は大事」と「死ぬなら……死ね」が、同じ口から語られることに、
違和感というか、大人に対する欺瞞を感じるのです。

古今東西、このような凶行を行う犯人は、
「こんな生きにくい社会は間違っている」というような、
社会に対する一方的な義憤に駆られている場合が多いようで、
彼らは、“必殺仕事人”よろしく、
社会に天誅を下すような気分で犯行に及ぶケースが多いのだそうです。
だとすれば、この手の事件をこれ以上発生させないために必要なことは、
「死ぬなら……死ね」という冷たいメッセージではなく、
「困っていたり、辛いことがあるのなら、社会は助けてくれるよ」という、
温かいメッセージだと思うのです。
いや、実際に社会が助けてくれるかどうかは問題ではありません。
しかし、追い詰められて凶行に及ぼうとしている彼らに、
それを思いとどまらせる程度の温かさがあれば、それでいいのです。

川崎市登戸の事件の犯人は、
なにも、世界で唯一の、特殊な攻撃性を持った人物ではありません。
あのような人物は、世界に唯一の存在ではなく、
それなりの確率で存在して、社会生活を営んでいます。

そういう人物に対して、もしかしたら社会に憤ったりしている彼らに対して、
「死にたいなら人を巻き込まずに自分だけで死ね」という言葉は、どう響くでしょうか。
やはり社会は何もしてくれない、自分を責め続けるこんな社会は間違っている、と、
より、“必殺仕事人”気分を募らせるかもしれません。
仮に、犯人に向けられた「死ぬなら……死ね」という冷たい言葉だったとしても、
当人のほかにも、犯人と同様の想いを持つ別の人物にも届くでしょう。
そうすると、やはり社会は何もしてくれない……と、
寝た子を起こすようなことにもなりかねないわけです。

言うまでもなく、彼らの“必殺仕事人”気分は間違っています。
なぜ、そんな間違っている者に配慮せねばならぬのか、と思うかもしれません。
しかし、彼らの主張がいかに理不尽で一方的な理由であったとしても、、
そう思ってしまう人々がいることは事実だし、
その一部が凶行に及ぶのであれば、阻止しなければなりません。

この事件の犯人は50代の引きこもりの男でしたが、
その少し後に、元農林水産事務次官の父親に刺殺された息子も、
50代の引きこもりの男でした。
50代の引きこもり、怖っ!と思いますが、
そもそも、昔は50代の引きこもりなんていませんでした。
近所付き合いとか親戚付き合いとか、社会が許さなかったですから。
いま、どのような価値観も自由ですという世の中になりましたが、
そうやって、引きこもるも自由、自殺するも自由ということになってきた結果、
鬱屈した人物が社会に潜在するリスクは高まってきていると言えます。
そういう鬱屈した人物が、負の感情をぬぐえず、
最終的に猟奇的な事件を起こすケースが後を絶たぬのですから、
挫折して引きこもりやすい社会になっていることが問題でしょう。

そこを何とかするほうが大事なのではないでしょうか。

もともと犯人の目的が自殺であったとして、
関係のない人を道連れにしたことは正当化はできませんし、
その部分を糾弾されることは当然の報いだとは思います。
ただ、50代の犯人の、もともとの目的が自殺であったのであれば、
そのような目的を抱いたプロセスに注目し、
悩みや憤りなどを解消してあげないと、事件は防げないでしょう。
そのことが、「死ぬなら……死ね」という神の如くの批判を加えるよりも、
ずっとずっと大事なのではないかと思うのですが。

[SE;KICHI]
スポンサーサイト



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

No title

え・・・・でも、つい、そう思っちゃうアタシって、心が狭いんでしょうね・・・・
プロフィール

kkseishin

Author:kkseishin
株式会社セイシン
私たちは工場設備機器を中心に、お客様にご提案・販売をしている総合商社です。

■富山本社/〒930-0821
富山県富山市飯野16番地の5
TEL:(076)451-0541
FAX:(076)451-0543

■新潟営業所/
〒950-1142
新潟県新潟市江南区楚川甲619番地6号
TEL:(025)283-5311
FAX:(025)283-7469



URL:http://www.kk-seishin.com/

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR