FC2ブログ

豊田綱領にシビれるっ!

3年前の実にくだらない記事でしたが、
例年、夏は暑いから静岡の別荘地で過ごすことが多いのだと書いたところ、
思いがけず、その部分の反響が大きく、
「なんで静岡なのか」と、そこそこの件数のお問い合わせをいただきました。

まぁ、ひとつは気候がいいから、です。
ここまで酷暑になってしまうと、もうどこでもいっしょですが、
湖畔などでは涼しく、過ごしやすい感じがします。

もう一つはですね、
私が、この地区出身の豊田佐吉さんのファンだからです。
ご生家なども遺されていて、感慨深いのです。

豊田佐吉翁

握手券が手に入るなら、20枚くらいはCDを買うかもしれません。
まぁ、それくらいのファンです。

さて、豊田佐吉さんを敬愛する私は、
ときどき、名古屋駅近くにあるトヨタ産業技術記念館を訪問します。
そこは、1918年に豊田紡織株式会社の創立総会が開かれた地、
つまりトヨタグループ発祥の地で、今年は発祥から100年ということになります。

トヨタ産業技術記念館

豊田佐吉先生は、貧しい大工の生まれなのですが、
本をたくさん読み、周りをよく観察してニーズを探り、
23歳でトヨタ式木製人力織機を発明して以降、
生涯において84件もの発明特許、13件の外国特許、
35件の実用新案を生み出した偉大な発明家です。
私は、この、貧しい大工から、智慧を蓄えて形にするところが特に好きですね。
果たして自分は、考えに考えを重ねて、
世界一の価値を生み出そうとしているだろうか

考えさせられます。

佐吉先生の作った自動織機は実に優れていて、
世界中からその特許を買う交渉が持ちかけられます。
普通は売り惜しみそうなもんですが、
佐吉先生は、これからは自動車の時代が来ると踏んでおり、
あっさり売却して、その売却益を自動車の開発にあてます。
これが、現在まで続いているトヨタ自動車ですね。

自動車開発を受け継いだ息子の喜一郎氏も、
外国からエンジンを買ったのでは世界一にはなれぬと、
エンジンの自作にこだわりました。
こうした善なる執念が、現在の強いトヨタ自動車を生んだのでしょう。
私は織物屋でも自動車屋でもありませんが、学ぶところは多いですね。

それにしても、この記念館の規模というか、充実度ったらないです。
展示されているほとんどの機械は動き、実演して見せてくれます。
入館料は500円なのですが、そんな廉価でこれだけ見せてくれるのも、
先人から受け継がれた誇りの賜物でしょう。

トヨタ-繊維機械館 トヨタ-綿から糸を作る実演
トヨタ-ジャカード織機 トヨタ-蒸気機関
トヨタ-自動塗装ロボット

もちろん、自動塗装ロボットの稼働もカッコよくて見入ってしまうのですが、
豊田綱領も私好みでシビれますよね!

豊田綱領

分かりやすくすると、
一、全員で協力し、誠実に働き、国のため社会のために貢献しよう。
一、常に時代を先取りした研究をしよう。
一、派手にせず質実剛健であろう。
一、思いやりを大切にし、家庭的な気風を高めていこう。
一、神仏を尊び、恩に報い感謝で生活しよう。
ってところでしょうか。

説明書きによれば、
この綱領は、1935年に豊田利三郎(佐吉の娘婿)や豊田喜一郎(佐吉の息子)が、
トヨタグループの創始者である豊田佐吉の遺訓をまとめたものです。
どうでしょうか。
すでにもう80年が経過しているものですが、色褪せていないと感じます。

企業は、その存続のために利益を生み続けることが宿命づけられていますが、
その宿命ゆえ、ともすれば利益のことばかり考え、ニーズを忘れがちです。
本当は、ニーズに沿ったサービスを提供できれば、
利益はイヤでも創出されるもの
なのですが、私たちはついそれを忘れます。
少し立ち止まって、自身の事業が正しいのかどうか、
客観的に見る目が欲しいものです。

[SE;KICHI]
スポンサーサイト



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

kkseishin

Author:kkseishin
株式会社セイシン
私たちは工場設備機器を中心に、お客様にご提案・販売をしている総合商社です。

■富山本社/〒930-0821
富山県富山市飯野16番地の5
TEL:(076)451-0541
FAX:(076)451-0543

■新潟営業所/
〒950-1142
新潟県新潟市江南区楚川甲619番地6号
TEL:(025)283-5311
FAX:(025)283-7469



URL:http://www.kk-seishin.com/

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR