FC2ブログ

交通事故

このところ毎日ニュースで日替りのように、
次々と起きる交通事故が報道されています。

事故の巻き添えで命を落とす方々が絶えません。
高齢者のアクセルとブレーキの踏み間違いによる事故が多いようです。
踏み間違いの事故は何も高齢者ばかりということではなく、
若い人でも同じくらい多いのですが、
死亡事故にまでなるのは、圧倒的な割合で高齢者が多いようです。

また、交差点での事故に巻き込まれて、
歩道を散歩中の幼稚園児達が犠牲になりました。
直進車が右折車と接触し、
直進車がそのまま歩道に突っ込んだのですが、
前をよく見ずに曲がった右折車の責任は当然大きいですが、
私は直進車の過失が小さいとは言え、
右折車が止まるだろうと思い込んでの衝突ですから、
まずは視界に入っているであろう右折車の動きを全く予測していなかった事と、
次に接触した後そのまま歩道に突っ込み園児との衝突を、
ブレーキも踏まずハンドルも切らず、回避できなかった事が悔やまれます。

双方とも制限速度を大きく超える速度ではなかったとの事で、
毎日車を乗っている人ならわかると思いますが、
その状況であれば園児がいようといまいと、
反射的にブレーキを踏むか、
衝突を回避するためにハンドルを切るものだろうと思います。
回避出来なければ自分がどこかに衝突して、
命を落とす事になりかねませんし、
目の前に幼稚園児達がいれば尚更です。
ちなみに右折車は52歳、直進車は62歳で、
2人ともそれほど高齢とは言えません。

これだけ多い事故を受け、
高齢者の運転免許自主返納の話が活発になってきましたが、
認知機能の低下にばかり目がいっていると感じます。
私は認知することが出来たとしても、
運転技術が伴わなければ事故は回避できないと思います。
そういう意味では年齢は関係ありません。

若い人でもしょっちゅう車をどこかにこすって傷だらけにしていたり、
駐車場に入れる姿を見ていると、
よくこれで免許が取れたと思うくらい下手だったり、
車道を走っていても、
明らかに周囲が見えていない自分勝手な危ない運転の人が多いです。
また、高速道路で、
後ろから車が来ているにもかかわらず、
制限速度のままずっと何Kmも追越車線を走っていたり、
そもそも道路交通法を知らない人もかなり目にします。

そういうことからして運転免許を持っていても、
実際には運転に向いていない人は相当な数いると思われます。
ですから高齢者ばかりにとらわれず
全ての運転者に対して定期的に実施講習や試験を行い、
運転技術や法規の知識、マナー、運転時の視野、様々な状況を予測する力、
とっさの判断や回避行動が取れるかどうかを、総合的に判断し、
運転免許を更新するかどうかを審査すればいいのではないかと思います。
(※あくまでも私個人の見解です。)

私も毎日運転していますので決して他人事ではありません。
事故のニュースを見るたびに、
自分も気をつけて運転しなければと、気を引き締めています。
自分の車だけではなく、周囲にも気を配り、
迷惑にならないよう心掛けて行きたいと思います。

[KAZSOU]
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

No title

確かに! 年齢は関係ないかも。
でも、免許更新のたびに全員にテストするのは現実的じゃないですからね。
結果的に、認知機能が低下した高齢者の免許を制限するのが現実的なんじゃないですか?
私も含め、50過ぎたら衰えていくのは医学的には間違いないんですからね。

No title

下手なヤツは昔からいっぱいいるけどさ。
そいつらを排除する方法はないわけでさ。
全員テストとかやってられないし。
それやると更新の費用も高くなっちゃうしね。
じゃあってことで、とりあえず認知機能が落ちる老人を排除するしかないじゃん。
現実に老人の事故は多くなってるわけだし。
普通に考えて、70になっても80になっても運転できるなんて、やっぱおかしいもん。

No title

高齢者の免許更新に実技試験があったら、9割受からないだろうって自動車学校の先生が言ってた。
なのに、実際には実技試験がないから、ほぼ全員更新できちゃうわけで、それって怖い。
いっそ、70過ぎたら、一旦全員、免許剥奪したらどうかな?
それで再試験を受けて、受かったら免許証再発行みたいな。
プロフィール

kkseishin

Author:kkseishin
株式会社セイシン
私たちは工場設備機器を中心に、お客様にご提案・販売をしている総合商社です。

■富山本社/〒930-0821
富山県富山市飯野16番地の5
TEL:(076)451-0541
FAX:(076)451-0543

■新潟営業所/
〒950-1142
新潟県新潟市江南区楚川甲619番地6号
TEL:(025)283-5311
FAX:(025)283-7469



URL:http://www.kk-seishin.com/

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR