FC2ブログ

マドレーヌ

ホテルのモーニングなどで和食と洋食が選べる場合、
納豆が食べられない私は、必ず洋食を選択するわけですが、
お菓子の場合、和菓子か洋菓子か、どちらが好きかと言われれば和菓子です。
それはケーキに使われるような生クリームが得意ではないからなのですが、
そういう意味では、生クリームを使わない焼き菓子なら、
洋菓子であっても、わりと好きだったりします。

焼き菓子ではフィナンシェもフロランタンも好きなのですが、
一番好きな焼き菓子が何かと聞かれれば、マドレーヌでしょうか。

マドレーヌというのは、貝殻の形をかたどったシリコンの型を使って焼きます。

マドレーヌの型 マドレーヌ

いま、特に断りなく「マドレーヌ」といった場合、このシェル型を連想するかもしれません。
それは、このお菓子を最初に作ったマドレーヌ(という女性)が、
ありあわせの材料と厨房にあったホタテの貝殻を使って作ったからだと聞いています。
つまり、もともとは貝殻に生地を詰めて焼いたお菓子だったのでしょう。

ところが、弊社の Okey さんによれば、「マドレーヌ」といえば、
菊花型の型紙のようなもの(マンケ型と言います)で焼いてあるものを連想するそうです。
この、菊花型のマドレーヌは、
パン・ド・ジェーヌというお菓子が日本に伝わった際にマドレーヌと混同され、
その型(マンケ型)がマドレーヌの型として誤用されたことによるとされています。
本来のパン・ド・ジェーヌは、アーモンドプードルだけで作る贅沢な焼き菓子なので、
おそらく、そんな贅沢なお菓子は頻繁には作らないと思うので、
その型を、もっと気軽に作れるお菓子のマドレーヌに代用したのでしょう。

まぁ、そういう豆知識はどうでもいいのですが、
シェル型のマドレーヌとマンケ型のマドレーヌ、
はっきり言って別のお菓子のような感じがしますよね。
シェル型のほうは、Pâtisserie ナントカ… のようなオシャレなお店で見かけますが、
一方のマンケ型のほうは洋菓子のタナカ…みたいな、
なんならどら焼きなども並んでいるような、
ニーズに合わせて洋菓子も和菓子も焼きますよ的な、
敷居の低い“街の洋菓子屋さん”に置かれている感じです。

ちなみに、私はどちらも好きです。
自宅で焼くときは、型がある分、明らかにシェル型のほうが簡単で気軽ですが、
古くからやっている“街の洋菓子屋さん”のマドレーヌも捨てがたいものです。

というわけで、出張先では、
たいしてオシャレではない洋菓子店を探すのに余念のない私。
和菓子屋も好きでよく探しますので、なかなか忙しいものです。

そういう先日も見つけました。
出張先ではなく、ほぼ地元でしたが。
店名は、『御菓子 アリカネ』。
もう、店名からは和菓子屋なのか洋菓子屋なのかすら不明ですが、
店に入ってすぐの場所にウグイス餅などが並んでいます。
その奥、右手のほうに置かれているのが、今回ご紹介したい『早月川』。

早月川パッケージ早月川

包装紙の印刷が『越中銘菓 万葉の旅 早月川』ですからね。
ネーミングからして和菓子感が出ていますが、開けてみたらマドレーヌでしょ、これ。
色味からすると、ちょっと堅めの焼き上がりでしょうか。

しかし、ひっくり返して、銀紙を剥がしてみると……。

ひっくり返したら

……あんこだ。
しかも、わりと存在感のある、どっしりとしたあんこ在中。

それが、味は意外なことに美味しいのです。
私、これで、マドレーヌにあんこがアリだってことを、初めて知りました。
いや、他で、リンゴのコンフィが入ったマドレーヌを食べたことがあって、
もともとアップルパイなども好きな私、
マドレーヌにリンゴのコンフィもアリだなぁとか思っていたのですが、
あんこが合うとは盲点でした。
試しに作ってみようと思った私です。

あ、あと、ついでといっては失礼なのですが、
同じ富山県内でいえば、『菓子処 みずしま』のマドレーヌも、
チョコチップが入っていておいしいです。
お近くにお寄りの際はぜひ。

みずしまのマドレーヌ マドレーヌ(チョコ)

あと、富山県内に限らなければ、
岡山の、商店街のメインから外れたところにある『金扇堂」という、
キビ団子の老舗から売られているマドレーヌもおススメです。
パンケーキのように分厚くて、とてもしっとりしていておいしいです。
お近くにお寄りの際はぜひ。

金扇堂 マドレーヌ 金扇堂 マドレーヌ 中身

[SE;KICHI]
スポンサーサイト



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

kkseishin

Author:kkseishin
株式会社セイシン
私たちは工場設備機器を中心に、お客様にご提案・販売をしている総合商社です。

■富山本社/〒930-0821
富山県富山市飯野16番地の5
TEL:(076)451-0541
FAX:(076)451-0543

■新潟営業所/
〒950-1142
新潟県新潟市江南区楚川甲619番地6号
TEL:(025)283-5311
FAX:(025)283-7469



URL:http://www.kk-seishin.com/

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR