FC2ブログ

『社員心得帖』

松下幸之助さんの「社員心得帖」を読ませていただきました。
新人・中堅・幹部社員と順を追って読んでいったのですが、
特に中堅社員までのところで思ったのは、
全てではないですが、昔に学校の先生や社会人になってからの先輩に、
そのように言われ、指導をいただいたことを思い出しました。

「体調管理も仕事のうち」
当たり前と言えばそれまでですが、
若い体力がある頃は、
多少の無理をしたり夜更かしをしたりしても大丈夫と思い、
失敗につながることもありました。
仕事を任され、やり遂げようとすると、
プライベートの時間を調整することは必要になってくると思います。
もちろん過度の残業や休日出勤が良いということではありませんが、
乗り越える心の成長のようなものはあったと思います。

叱られることについても、
注意してくださる方は、
私に興味を持ってくれている人だと思っています。

書には叱られて喜んでいるような紹介もありましたが、
私は進んで叱られたいとまでは思わないですし、
褒められるほうが嬉しいです。

でも一番困るのはダメなのに何も言わないことだと思っています。
自主性とか個性はもちろん大切です。
ハマれば効果も大きいと思いますが、
間違っているのに注意しないのは、見捨てている感じがします。

街中で注意して逆ギレされても困るのは分かります。
刃物で刺されたような事件もありましたから、
言い方やり方・状況には注意しなくてはいけないです。
そもそも逆ギレって、自分が間違っていることをわかっているが、
認めたくない・謝りたくないからするのですかね?
キレても解決することはないのだけど。

自分も感情をコントロールできているかわからないけど、
逆ギレはしないようにしたいものです。 

人を育てることは大切です。

やりたいと思ってもらえるように伝えるのも思うのも、
両者の気持ちが通じないと好きになることはないのだろうと思います。

大変わかりやすく書いてありました。
他の方にもまわしたいと思います。

[WAKA]
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

No title

間違っているのに注意しない……とありますが
それは逆ギレされるのが怖いからということではないと思いますヨ?
注意しないのは 「間違っている」という判断が主観的だからですヨ
つまり 間違っていると感じている自分がいるだけであって
その判断は 誰にとっても正しいこととは限らないからです
だから 他人から注意されても なかなか納得できないんですヨネ
ほら あなただって 本に「進んで叱られよう」って書いてあるのに
それを正しいと思えないわけで 説得は無理なんですヨ
だから 注意なんかしてもあんまり効果がないというのはコーチングの基本
結局 本人が自発的に気づくことが必要なんですヨネ
人を育てるって 難しいネ

No title

たしかに。
絶対に正しいことなんて、ないですもんね。
まずは、互いに認め合って、価値観を合わせないとね。

No title

間違っているのに注意しないのは、見捨てている感じがします……ってのは違うのではないですか。注意しても素直には聞いてもらえないですよ。だから、自分で気づいて悔い改めないと、行動は変わりませんから、口を酸っぱくして言うよりも、本人が納得する環境を作ることのほうが大事でしょう。それを待つことは忍耐のいることで、見捨てているわけではなく、むしろ愛情深いことでしょう。すぐ口を出してしまうほうが、相手を信頼してない気がします。

No title

進んで怒られたいとは思わないって、なんだか幼い考え方ですね。(まあ、文章の感じからすると若い人のような気はしますけど)
僕は30代後半ですけど、ある程度の年齢を重ねると、怒ってくれる人なんていなくなりますよ。
僕は、自分の足りないところとかを直したいので、積極的に叱られたり、指摘されたりしたいですよ。
褒められたいって、成長しない人みたいで、みっともないから、若いうちに考え方を切り替えといたほうがいいですよ。
プロフィール

kkseishin

Author:kkseishin
株式会社セイシン
私たちは工場設備機器を中心に、お客様にご提案・販売をしている総合商社です。

■富山本社/〒930-0821
富山県富山市飯野16番地の5
TEL:(076)451-0541
FAX:(076)451-0543

■新潟営業所/
〒950-1142
新潟県新潟市江南区楚川甲619番地6号
TEL:(025)283-5311
FAX:(025)283-7469



URL:http://www.kk-seishin.com/

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR