FC2ブログ

魅惑の・・・(9)

前々回の『魅惑の・・・(7)』では阿弥陀三尊を紹介しました。
その際、阿弥陀三尊の優品として、
浄土寺(兵庫)、仁和寺(京都)、三千院(京都)を挙げたのですが、
来ましたよ、クレームが。
我らが浄楽寺を忘れているのではないかと、横浜の方から。

浄楽寺は横須賀にあります。
横須賀という町は、富山の田舎から想像すると都会的に思えるのですが、
実際に訪れてみると、とても山がちなところで、驚きます。
最初に浄楽寺を訪れた際、知らずに横須賀中央駅で下車して、ひどい目にあいました。
浄楽寺は横須賀市西部の海沿いに位置しているのですが、
横須賀中央とか浦賀とか、鉄道が整備されている東部地区からは、行けないのです。

なぜ、仏像マニアが奈良でも京都でもなく、横須賀のこのお寺に行くかといえば、
このお寺の阿弥陀三尊が運慶作だからです。
現在、運慶作の仏像は、その真作とされるものが全国に17体あるのですが、
そのうちの5体が浄楽寺収蔵庫に安置されているというわけで、
仏像マニアにとっては外せないお寺なんです。

浄楽寺阿弥陀三尊像
https://www.pinterest.ca/pin/388998486553264681/

仏像に興味のない方でも聞いたことはあるでしょう、運慶。

仏像を彫る職人を“仏師”と呼びますが、
平安中期くらいまで、仏師はあくまで製作スタッフ的な存在であり、
仏師の名前が知られることは多くありませんでした。
ところが平安末期、国風文化の少し後になってくると、
そんな仏師の世界に大革命を起こす、定朝(じょうちょう)という人物が登場します。
定朝は、それまで1本の木から掘り出すのが主流だった仏像製作に、
寄木造というコスパの良い手法を導入しました。
また、作風は、彫りが浅く穏やかな表情が特徴で、
それが平安貴族に喜ばれ、定朝の仏像が大ブームになります。
こうして定朝は「仏師と言えば定朝!」という名声を得て、
仏師の地位を飛躍的に高めます。

定朝が確立した仏師フィーバーは弟子たちによって受け継がれましたが、
弟子たちはいくつかの流派を作ります。
そのひとつが「慶派」で、運慶も慶派に所属する仏師の一人でした。
まぁ、慶派は、グループとしての経営は下手だったようで、
運慶も、その同僚・快慶も仕事のない毎日を送っていたようですが、
幸運にもというと不謹慎かもしれませんが、
平重衡が1180年に南都焼討事件をやらかして東大寺が全焼したため、
急遽、東大寺復興という大型プロジェクトが立ち上がり、
ヒマだった運慶は、快慶とともにプロジェクトリーダーに抜擢され、
突如として活躍の場を与えられることになりました。
東大寺南大門の金剛力士像が有名ですよね。

ところで、運慶作とか快慶作と伝わる仏像ですが、
別に、運慶とか快慶が、一人でコツコツ彫っているわけではありません。
いや、実は私も小学生のころまでは、一人で作っていると思っていて、
「運慶、スゲー!」とか、「さすが快慶だぜ!」とか、思ってたのですが、
実際は、今でいえば、複数の職人が所属する〇〇工務店みたいなところが制作し、
その職人たちを束ねる棟梁の名前が運慶や快慶だったりするわけです。
そのことを知った時は、いくらか落胆したものですが、
とはいえ、それまでは、制作者の名前など残っていないか、
残っていても、「伝弘法大師」とか、「伝行基」のような、
“そんなわけないじゃん”的な銘だったところを、
定朝以降、運慶・快慶といった仏師が銘を残せるようになったという意味で、
彼らの存在はエポックなことだったと思います。

運慶と快慶は、同じ流派に属していましたがその作風はむしろ正反対で、
運慶は力強い作風、快慶は優美で繊細な作風が特徴でした。
当時、人気だったのは、たぶん運慶でしょう。
鎌倉時代は本格的に武士が台頭してきた時代ですから、
武士達は、その前の時代の、定朝作の柔和な表情の仏像よりも、
運慶のような力強い作品を好んだのだと思います。
ただ、武士のための仏像が多かったということは、
その家が滅んだり弱体化してしまうと、仏像も破却されてしまう運命にあり、
そのせいで、特定の客層にこだわらず活動した快慶よりも、
残っている作例が少ないのかもしれません。

運慶と快慶のことは、私自身はそこまで強い関心を持ってはいませんが、
知識として、知っていると寺院めぐりが数倍面白くなるのは確実なので、
ちょっと覚えておかれるとよいと思います。

最後に、オススメをご紹介しておきますね。

 運慶作; 浄楽寺(神奈川)-阿弥陀三尊立像・不動明王立像・毘沙門天立像、円成寺(奈良)-大日如来座像、願成就院(静岡)-阿弥陀如来坐像・不動明王立像・毘沙門天立像、興福寺(奈良)-無著菩薩・世親菩薩立像

 快慶作; 浄土寺(兵庫)-阿弥陀三尊立像、東大寺(奈良)-僧形八幡神坐像、安倍文殊院(奈良)-文殊五尊像、醍醐寺三宝院(京都)-弥勒菩薩坐像・不動明王坐像

 運慶&快慶作; 東大寺(奈良)-金剛力士立像

 ちなみに、定朝作; 平等院(京都)-阿弥陀如来坐像(確実なのはこれだけ)

それと、興奮していつもより長めに書いちゃってますが、
“おかめ”発祥で有名な千本釈迦堂(大法恩寺;京都)というお寺の話を付け加えます。
このお寺の本尊は釈迦如来坐像で、快慶の一番弟子・行快の作。
また、それを囲むのは十大弟子と言って、
釈迦如来の十人のお弟子さんの像で、快慶最晩年の作。
それから、私がこの寺で最高だと思っているのが、
運慶晩年の弟子・肥後定慶の、重文唯一の六観音立像。
千本釈迦堂って、庶民的な大根炊きの寺として見くびられていますが、
実は、これだけ揃っているのはすごいことですよ。
これらが一堂に会する、
つまり千本釈迦堂がまるごと引っ越してくるような特別展が、
今日から東博で開催されるそうで、これはもう、行かざるを得ないでしょう。

京都大法恩寺 快慶・定慶のみほとけ

特別展も含めて、
一生に一度くらいは
見ておいて損はないと思いますよ。


[SE;KICHI]
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

kkseishin

Author:kkseishin
株式会社セイシン
私たちは工場設備機器を中心に、お客様にご提案・販売をしている総合商社です。

■富山本社/〒930-0821
富山県富山市飯野16番地の5
TEL:(076)451-0541
FAX:(076)451-0543

■新潟営業所/
〒950-1142
新潟県新潟市江南区楚川甲619番地6号
TEL:(025)283-5311
FAX:(025)283-7469



URL:http://www.kk-seishin.com/

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR