FC2ブログ

富山と長崎の縁

同僚のFさんは長崎の異国情緒が好きだと言います。
みなさんは、長崎といえば何を連想されますでしょうか。

長崎といえば、潜伏キリシタン関連遺産の世界文化遺産登録が決定し、
今年の長崎は祝福ムードでしょう。
これは、弾圧を受けながらも、隠れキリシタンなどの形で信仰を隠し、
必死に守ってきた歴史が世界に求められたことになるわけで、
そりゃ、喜びもひとしおでしょうね。
そうそう、喜びというか慶事といえば、
6月のコンチストーロ(公開枢機卿会議)で、
隠れキリシタンのひ孫にあたる長崎出身の前田万葉大司教が、
日本人として10年ぶりに枢機卿に任命されましたね。
ますます今年の長崎は祝福ムードでしょう。
私も、前田万葉師が大阪の大司教として着座される前、
広島の幟町教会という、ものすごく斬新な外観の教会で、
お話をお聞きする機会があったので、今回の抜擢を嬉しく思いました。

さて、突然ですが、カトリック富山教会。
正式な教会堂名は、“聖母の汚れなきみ心”教会堂だそうです。
(あまり知られていませんが、教会というのは、たいがいこういうネーミングになっているものです。)
聖母マリアの汚れなきみ心というのはカトリック教会における信心業の一つですが、
全人類を思いやる心といったマリアの内的生活を言い表す呼び方ですね。

カトリック富山教会

この教会の前には『浦上キリシタン流配の地』石碑が置かれています。
「明治2年12月、長崎の浦上村のキリシタン三千余名が捕縛され、
富山藩など全国20の藩に流配された」と書かれています。
いやぁ、知らないことというものは、あるものです。
私は、そのようなことがあったことを、この教会を訪れるまで知りませんでした。

「富山藩の預かったキリシタン42名は、浄土真宗の29の寺院に預けられ、
15歳以上の者は、首に犬のように“鉄ののど輪”をかけられ、
改宗するよう迫害を受けた」とのこと。
いや、明治2年って、1869年ですので、わりと最近のことのように感じるのですが、
首に犬のように“鉄ののど輪”って、そんな野蛮な。
こういう非人道的な話題が身近にあったことに衝撃を受けます。
最初は現在の富山市大沢野の温泉に収容されていたようですが、ちっとも改宗の気配がないので、家族をバラバラにして寺院に収容し、首輪をつけたようです。

カトリック富山教会が1994年に刊行した、
創立百周年記念誌というのを取り寄せて読んでみたところ、
あたりまえのことですが、
「重次郎 35歳、妻・キク 33歳、長女・さき 15歳、次女・とめ 4歳」という具合に、
“キリシタン42名”という表現を越えて、それぞれに個性があり、
たとえば、明治3年6月7日に重次郎が迫害の末に棄教したとか、
記録が残されています。
ただ、敬虔な信徒であった重次郎が、迫害されたとはいえ、棄教するのは不自然で、
これは、おそらく懐妊中であった妻・キクの出産予定日が近づくなか、
最愛の妻に寄り添いたいと願う重次郎に、
役人側が「改心したら会わせてやるぞ」と持ち掛けたからに違いないでしょう。
しかし、明治3年6月20日、キクは難産のため赤ちゃんと一緒に絶命してしまい、
6月22日には長沢(富山市婦中町)の焼き場に葬られます。
このように、それぞれのキリシタンの方に焦点を当てると、
それぞれにドラマのあったことが、臨場感を持って迫ってきます。

しかし、そんな非人道的な迫害が諸外国の厳しい非難を受けたため、
キリシタンは富山藩の鈴木家老の屋敷に全員まとめて移され、
1ヶ月間、神道の講義を聴かされたのだそうです。
その屋敷を、1814年に名古屋の宣教師が購入し、教会としたのが、
現在のカトリック富山教会のはじまりなのだそうで、
つまり、現在の富山のカトリックの繁栄は、
浦上キリシタンの尊い犠牲のうえに成り立っているということですね。
いやぁ、知らないことというものは、あるものです。

カトリック富山教会内部

現在の富山教会は、富山の中心部にありながらも、静かで穏やかなものです。
2013年に献堂50周年を迎えていますが、
現在の聖堂の祭壇の彫刻装飾に、旧聖堂で使われていた、
60年ほど前の主任司祭・ワイペルト師の作品がそのまま使われており、
先人の働きを大切にしていることが感じられます。

ところで、使徒パウロがコリントの教会への手紙で、
あなたがたは神の建物なのです。
あなたがたは、自分が神の神殿であり、
神の霊が自分たちの内に住んでいることを知らないのですか

と言っています(Iコリント3・9、16~17)が、
これは、「どんな人でも内面に神(仏)を宿しているのだ、争ってはならぬ」という、
仏教でいうところの“山川草木悉有仏性”の教えだと私は理解しています。
私は別に信徒ではありませんが、綺麗に清められた教会を見ると、
私たち自身が、神の宿る教会であり、
人によっては、寺であり、神社であるのだなぁと、感慨深く思います。
そして、殉教してしまったキクは、人間の一生としては不遇だったかもしれませんが、
神を宿す「器」としては幸せだったかもしれない、
いや、むしろ、そうであってほしいと思うのです。

私たちも、あまり殉教の心配をする必要のない毎日を暮らしていますが、
自分の仏性を尊重する立場から自己卑下はあってはならないし、
相手の仏性を尊重する立場から不誠実な態度もあってはならないと思います。
自他は等しく尊いものと観じ、
それを意識して、自らを戒め、心穏やかに生きていきたいものです。

ところで、カトリックにまつわる動きといえば、
このところ、香港の陳日君枢機卿がすごく怒っていますが、
法王がベネディクト16世からフランシスコに変わってからの、
ここ数年の路線変更はどうしたことでしょうか。
ガバナンスに難があるような気がするのですが……それは別の話ですかね。

[SE;KICHI]
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

No title

自他は等しく尊い…心に刺さる言葉ですね。
プロフィール

kkseishin

Author:kkseishin
株式会社セイシン
私たちは工場設備機器を中心に、お客様にご提案・販売をしている総合商社です。

■富山本社/〒930-0821
富山県富山市飯野16番地の5
TEL:(076)451-0541
FAX:(076)451-0543

■新潟営業所/
〒950-1142
新潟県新潟市江南区楚川甲619番地6号
TEL:(025)283-5311
FAX:(025)283-7469



URL:http://www.kk-seishin.com/

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR