FC2ブログ

範囲を拡げる

月並みな話ですが、昔は食べられるけども納得できない食べ物が結構ありました。

たとえば、
酢豚に入っているパイナップル、
ポテトサラダに入っているリンゴ、
そうめんに乗せてある缶詰のミカンやサクランボ、
天ぷらのカボチャとサツマイモ、
甘い味付けの煮豆など。
これらは私がご飯のおかずとして甘いものが合わないと思っていたからです。

炊き込みご飯や混ぜご飯もおかずの味とぶつかるので、
白いご飯を好んで食べていました。
それが大人になるにつれ徐々に抵抗感が薄れ、
出されたものは何でも食べるようにしてからは、
組み合わせの妙というものが少しずつわかるようになりました。
甘いものとしょっぱいものや、ちょっとした酸味の絶妙な関係が昔からあったんだなと。
今では、あれとこれを合わせれば美味しくなるんじゃないかと、
想像するくらいになりました。

少し前から中国産の松茸をスーパーで見かけるようになりましたね。
合わせるということで言うと、今アメリカと中国の貿易摩擦が大変ですが、
アメリカ産の牛肉と中国産の松茸ですき焼きを食べれば安く上がって、
小さな世界平和ということになりませんかね。

昔から猫舌でもありました。
小さい頃は冷めた物しか食べられず、
麺類なんかは麺を持ち上げてから散々フーフーして麺が乾いてから食べるので、
引っかかって上手くすすれませんでした。
カレーも熱い上に辛いので、
自分一人の時は温めていない冷たいカレーを温かいご飯にかけて食べていました。
その方が熱くないのですぐに食べられるし、辛さもやわらぐのです。

社会に出てからも、仕事の同僚とお店でお昼を食べる時などは、
熱い物を頼むと人より食べるのに時間がかかり、
すごく焦って食べるのであまり食べた物の味を覚えていないことがよくありました。
そんなある時、そば屋で冷たいざるそばを食べるのに、
いつもの癖で無意識のうちにそばにフーフーしていたのです。
割と早く気が付いてやめたのですが、人が見ていなかったかすぐに確認しました。
幸いだれも見ていなかったようなのですが、
それでも自分ではすごく恥ずかしかったです。

そんなことがあり、さすがにこれではいけないと思い、
猫舌を治そうと、意識して熱い物を食べるようにしました。
フーフーする回数を最小限に抑え、
口の中に入れてから熱くて我慢できない時は水を飲み、
最初のうちはやけどをして口の中や舌がヒリヒリすることが何度もありましたが、
徐々に慣れてきて他の人のスピードに近づいていきました。
今では人よりも少し遅いぐらいまでにはなっていると自分では思います。
そして熱い物は熱いうちに食べた方がいいとまで思うようになりました。

おかげで食べ物に関しては、昔に比べるとずいぶん許容範囲が拡がりました。
いろんな食べ物が好き嫌いなく美味しく食べられて、
楽しいし幸せだと感じます。


食べ物以外のことでも、
変えた方がいいと思うことは積極的に取組みたいと思います。
失敗もあるとは思いますが、
克服できたときにはそれまでとは違うことが体験できると思います。

[KAZSOU]
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

No title

牛肉と松茸かぁ…安いですか…いいもん食べてるんですね…
プロフィール

kkseishin

Author:kkseishin
株式会社セイシン
私たちは工場設備機器を中心に、お客様にご提案・販売をしている総合商社です。

■富山本社/〒930-0821
富山県富山市飯野16番地の5
TEL:(076)451-0541
FAX:(076)451-0543

■新潟営業所/
〒950-1142
新潟県新潟市江南区楚川甲619番地6号
TEL:(025)283-5311
FAX:(025)283-7469



URL:http://www.kk-seishin.com/

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR