対岸の火事でいいのかしら。

富山市の交番が襲撃され、拳銃が奪われて2人が殺害された事件。
いつも静かな富山市にしてはセンセーショナルな事件でした。

この事件の犯人は、何が狙いだったのでしょうか。
この手の事件のとき、私たちは、わりと安易に、
「最近は、危ないヤツが増えて、怖いねぇ」という話をしがちです。
それは、もしかしたら、そのとおりなのかもしれません。
しかし、そういう話にすると、話が「くわばらくわばら」で終わってしまいます。

かつての日本は、みんなが互いに関わり合って生きていました。
煮物を多く作りすぎたと言っては鍋ごとおすそ分けをいただき、
鍋を返す際には、カラの鍋は返せぬと代わりに何かを詰めて差し上げ、
延々と終わらぬおすそ分けのラリーは、
いまどきのご時世からすると鬱陶しいこと極まりないと感じますが、
そういうやり取りのなかで、
「あら、○○ちゃん、学校はどう?」とか、
「あそこの△△ちゃん、テニス部だって」みたいな、
周りの大人が地域内のメンバーを仲間として認識していたと思うのです。
それは、ある意味で“プライベートなんてない”状態だったかもしれませんが、
もともと、日本とは、互いに関わり合う、そういう国でした。

かつての社会とはそういう社会でしたから、
あそこの家の若造が自衛隊やめて帰ってきたらしい、と聞けば、
親世代はその青年が働ける場所があるか聞いて回ったし、
地区の青年団みたいな面々は、本人に対して、
オマエ、どうしたんだ、これからどうする気だと、
地域みんなが彼のことを放っておきませんでした。

だから、私は思うのです。
危ないヤツが増えたのは、地域が、そいつを放っておいたからだ、と。

人間、生まれついての極悪非道などということは、ないはずです。
おぎゃあと生まれたそのときは、純粋な目をしてママの指を握っていたはずです。
それなのに、その20年後に殺人事件の加害者になってしまう青年がいる現実。
この20年の間に何があったというのでしょうか。
「最近は、危ないヤツが多いねぇ」という話は、そのとおりだとしても、
純粋な赤ん坊をそのように変質させる力が社会にあるのではないかと、
私は、なんだか恐ろしくなるのです。

もちろん、この犯人がやった、
無辜の人物を殺めるという行為は許されることではありません。
いまのところ推察ですが、動機はおそらく、身勝手な欲望に基づいてのことでしょう。
しかし、このニュースに接して、
「あぁ、うちの地区でなくてよかった」とか、
「いやぁ、うちの子が無事でよかった」とか、
自分と関わりのない事件で良かったと胸をなでおろした私たち、
突き詰めれば、自分と自分の家族さえ無事ならよいと言っているわけで、
それだって、身勝手な感覚なのではないでしょうか。
これは、震災関連のニュースの際にも感じることです。

マスコミも然りです。
少し前の、新幹線車内で刃物を振り回して乗客を殺傷する事件もそうですが、
このような特殊な事件を、手口などを含めて広く全国に報道する意味は何なのか。
また、これから犯人像というか、加害者の性癖から通院歴までが暴かれ、
面白おかしく報道されるのでしょうが、
それを私たちに伝えようとする意図は何でしょうか。
知る権利?
少なくとも、私はそのようなことを知りたいとは思わないのですが。
知る権利を隠れ蓑に、
何でも流せばいいというものではないと思う
のです。
マスコミにとっては絶好のコンテンツかもしれませんが、
加害者の異常性を暴き立てる報道の仕方では、
次の被害はなくならないのではないでしょうか。

そうそう、その1週間ほど前の大阪の地震では、
ブロック塀が倒れて小学生の女の子が犠牲になりました。
実に痛ましいことだと思うのですが、
だいたい、小学校に、どうしてブロック塀が必要なんでしょうか。
プールなどの目隠しのため?
本気の変質者が来たら、ブロック塀などでは防げないでしょう。
そんな視点で安易にブロック塀なんか作るから、倒れてしまうんです。
この先どうするんでしょうか。
全国的にブロック塀は撤去の動きですが、
そしたら、今回のような拳銃持った暴漢への守りはどうするのでしょうか。

そういうことじゃないですよね。
必要なのはブロック塀でもないし、さすまたでもないでしょう。
もう一度言いますが、
危ないヤツが増えたのは、地域が、そいつを放っておいたからです。
そいつにみんなで関わって、そいつの人間力を高めておけば、
少なくともそういう事件を起こすような人物にはならなかったでしょう。
そういう意味では、
社会に一員としての私たちにも責任はあるでしょう。
反省すべきだし、対策を考えるべきです。
また、第四権力としてのマスコミにもそれを促す力になってほしいものです。

私は、そういう問題提起があっても良いのではないかと思うのです。

[SE;KICHI]
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

No title

マスコミ報道に触れていらっしゃいますが、本当にそうですね。当方は東京在住ですが、このニュースを全国に発信する意味が分かりません。
結局、案の定、模倣犯というか、愉快犯というか、小学校の授業再開を妨げる者が現れてしまいました。
手口を含め、何でも報道すればよいというものではないと思いました。
プロフィール

kkseishin

Author:kkseishin
株式会社セイシン
私たちは工場設備機器を中心に、お客様にご提案・販売をしている総合商社です。

■富山本社/〒930-0821
富山県富山市飯野16番地の5
TEL:(076)451-0541
FAX:(076)451-0543

■新潟営業所/
〒950-1142
新潟県新潟市江南区楚川甲619番地6号
TEL:(025)283-5311
FAX:(025)283-7469



URL:http://www.kk-seishin.com/

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR