フォトロゲイニング®︎

当社では、毎年、仕事以外でもいいから、
各自、何か新しいことに挑戦しようということになっています。
もちろん、それは、自分の見聞を広げるためです。

同僚の Okei さんは、今年、ボルダリングを習うと言っています。
彼女には、岩場をよじ登る屈強なイメージはないので、意外に思いますが、
本人がやるというのですから、やるのでしょう、立派です。
また、M M さんも、先日、着物でのお茶会デビューを果たされたようで、
みんな、それぞれに何か新しいことに挑戦しています。

さて、私。
さすがに自分だけ何もしないわけにはいかないと奮起しまして、
挑戦しました、フォトロゲイニング®

フォトロゲイニング、略してフォトロゲとは、
昔、林間学校などでやっていたオリエンテーリングみたいなもので、
チームごとに作戦を立て、地図をもとに、時間内にチェックポイントを回り、
チェックポイントに設定された得点を集めるアウトドアスポーツです。
もちろん、より合計点の高いチームが上位です。
フォト・・・の名前の由来は、
チェックポイントで見本と同じ写真を撮影しなくてはいけないこと。
つまり、「見本と同じ写真を撮って来い、そしたら点数やるぞ」という競技。
町おこしを兼ねて、ここ2年ほどで急速に広まってきました。

先日、長野県伊那市で行われた、
高遠クローバーフォトロゲというのに参加してきました。
私たちは大人4名子供1名の総勢5人の陣容で、
エントリーしたのは3時間コース、49チーム140名が得点を競います。
(他に5時間コースもあって、エントリーしている猛者が73チームも!)

高遠クローバーフォトロゲ 開会式

8時15分から、地図の見方やらの講習を受け、
ちょこっと練習なんかしてみたりなんかして、
おやおや、これは少し楽しいんではないかと思い始めた9時45分、
ついに 1/25000 の地図とチェックポイント一覧が配布されます。

地図 チェックポイント一覧

まずは作戦会議。
順路が決まっているわけではありませんので、
どこをどういう順番で巡るか、相談するわけです。
今回思ったのですが、こういうのは意外と性格が出るものですね。

作戦タイム

結局、私たちのグループは健脚ではないので、山中のポイントは避け、
比較的進みやすい川沿いを西に向かい、
100点のポイント「六道の堤」を目指すことにします。

本気度の高いチームは小走りですが、
私たちは物見遊山なチームなので、徒歩でマイペースに進みます。
とはいえ、林間学校のオリエンテーリングのように、
チェックポイントは頻繁には出現しないので、
ほとんどの時間はただ歩くことに費やされます。
走らなければ、まぁ、グループで行う農村の散歩です。
実際、団子やさんに寄ったりするグループもあるようで、
思い思いに楽しんでくださいというイベントなので、それでいいのです。

フォトロゲ道中 100 六道の堤

しかし、マイペースとはいえ、実際に歩いてみると、
これは少し楽しいんではないかという思いは、わりと序盤で吹き飛びます。
というのも、高遠の街が非常に山がちで、
距離は近くても標高差があるとか、意外とジワジワと体力が奪われ、
ちっとも走っていないのに、膝やら足首やらに影響が出てくるのです。

さて、結局、私たちのチームは、
52→90→56→100→81→42→38→74→40 と巡って、
合計573点を獲得しました。
なかなかの高得点のようです。
が、ゴールの制限時間を2分オーバーしてしまったため、
-200点となってしまいまして、結局 373点の7位に沈んでしまいました。
残念。
あそこで秋田犬を連れた地元の方と触れ合ったのが仇となりましたね。

しかし、私たちは物見遊山の旅、ただ単純に楽しかったので満足です。
なにしろ、チームメイトで地図を読み合って話し合い、
回る順番を決めて、あとは励まし合いながら歩くので、
イヤでも親睦は深まるというもの。
こういうのが普段の生活には欠けているなぁと実感。

ところで、終了後、会場近くのおそば屋さんで昼食をいただいたのですが、
さすが信州そば発祥の地・伊那、いただいた『高遠そば』が絶品でした。

高遠そば

この『高遠そば』のおいしさは、
また来年もフォトロゲをしに高遠に来ようかというモチベーションになるよねと、
チームメイト一同、感動しきりの味と喉ごしでした。
実際、いままで私は、
そばが一番おいしいのは幌加内だと信じて疑っていませんでしたが、
私のなかの1位を塗り替えるかもしれないほどのおいしさでした。

というわけで、毎年、何か新しいことに挑戦しようという社是をコンプリートした私。
ベストそばにも出会えて、満足です。
みなさんも何かを探してみましょう。

[AKA]
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

No title

いつも仕事の合間に楽しく拝見しています v-392
フォトロゲ? 初めて聞きましたけど、面白そうですね。
いろいろ挑戦してみるのも大事ですよね。
Okei さんのボルダリングや M M さんのお茶会デビューについても投稿お願いします。

No title

高遠そば・・・・・確かに美味いよね。
戸隠に比べて、なんか、伝説のそばみたいな感じがする。
・・・・・なんか、バカみたいなコメントでゴメン。

Niigata-Papas

ホント変な会社っすね。
言われてことだけ黙々とやってれば怒られない会社が多い中、
毎年何か新しいことに挑戦しようって。
ボルダリングとか お茶会とか、
普通の会社ブログでは出てこないよね。
プロフィール

kkseishin

Author:kkseishin
株式会社セイシン
私たちは工場設備機器を中心に、お客様にご提案・販売をしている総合商社です。

■富山本社/〒930-0821
富山県富山市飯野16番地の5
TEL:(076)451-0541
FAX:(076)451-0543

■新潟営業所/
〒950-1142
新潟県新潟市江南区楚川甲619番地6号
TEL:(025)283-5311
FAX:(025)283-7469



URL:http://www.kk-seishin.com/

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR