FC2ブログ

リラックスできない温泉

北陸は今年2月、強烈な寒波に3度襲われました。
福井では昭和56年豪雪以来37年ぶりの大雪となり、
大渋滞の様子は全国ニュースでも取り上げられました。
弊社がある富山県でも、久々に雪国が本気を出したような積雪があり、
ここ数年雪が少なく平和ボケしていたのを叩き直されたような感じでした。

さて、その3度目の寒波の時だったかと思いますが、
弊社社員3人で、トレースヒーターの施工工事で長野県の南方に赴きました。
ホワイトアウトの中、
命からがらたどり着いたその地の日中の気温は氷点下4℃程度。
日程の後半、氷点下に達しない日は寒くないと感じました。
適応するもんですね。

ところで、寒さも印象的でしたが、
それを忘れるほど強烈だったのが、泊まった宿。

現場は温泉街のそばなので、ビジネスホテルではなく、温泉旅館。
かつてテレビでも紹介されたこともあるその宿。
玄関前には高さ80cmほどの大きな提灯が、
自動ドアの脇に1つずつぶら下がっていて、老舗っぽい雰囲気を出していました。

ホームページでもよさげな雰囲気を出していたのですが。

ですが。

まー、すごいところでした。
全部詳しく書いていると長~くなるので、箇条書きで。
・食事の量がものすごく多く、食べきれない。
ご飯、麺、刺身、小鉢複数、メイン、鍋など、それらが一食で出てくる。
・大浴場までの廊下が寒い、暗い、ちょっと怖い。
人物を描いた掛け軸や小さな仏像があって不気味。
・大浴場が寒い。お湯はめちゃくちゃ熱い。
我慢して入るが、入っている間、動くとピリピリッッと刺激が走るので動けない。
しばらく入ったらローストビーフみたいになる。
・露天風呂はお湯が入っていない。
・脱衣場にある、温泉設備についての説明が矛盾だらけ。
加水はしていない。理由は、「源泉の温度が高いため」。
加温はしている。理由は、「加水しているので温度調節のため」。
あの温度は加水しているとは思えないが、
加水して加温しているとすれば完全に調節ミス。
・帰ってきたら部屋の鍵が開いている。
・同僚の部屋には、身に覚えのないゴミが。(午後ティーのペットボトル)
掃除をした人が別の部屋で回収したゴミを置いていったよう。
・情報の管理や共有をしていない。
夜に翌朝の食事の時間や場所をフロントに確認すると、
「いや~、そこまではちょっと…」と言われた。
同僚は、コンビニで買ったビールの空き缶(銘柄はバラバラ)3本を部屋に置いていたら、
チェックアウト時に、「ご注文されたおビール3本のご請求を」と言われた。
・従業員のキャラの濃さ。
「ですのん」みたいな語尾をつける女性。林家パー子そっくりな人。セクハラ女将。
杖をついたおじいちゃん。(玄関に立っていらっしゃるのを見てお客さんかと思ったが、帰り際に、「ありがとうございました。」と言われ間違った書類を出されかけたことで、旅館側の人だと発覚。)

他にもあるのですが、とりあえずこれくらいで。

特に強烈だった、女将とのエピソードについて以下に少し書きます。

2日目。
朝、現場に着くと、先に着いていると思っていた同僚から連絡が。
なんでも、受付のばあちゃんに強烈に絡まれたそう。
そんなに客に絡んでくるばあちゃんて、どんなの?
それが後でわかりました。
その日の夕食はその絡まれた同僚の部屋で。
もう一人の同僚と食事をする部屋に行くと、
ちょうど、食事を準備してくださった二人の方が部屋を出ていくところでした。
その内の一人のおばあちゃんが、笑顔で、
「あら、若い人たちだったのね♡」と言いながら、
同僚の背中を3本の指で力強く上から下へとなぞっていました。
食事の席に座った後も同僚は動揺を隠せずにいました。
すっごい寒気がした、と。

その後、これまで夕食の時にはいつもあった、
ご飯が入ったおひつがなかったため(量が多く、毎回残していたので)
小さいのを持ってきてほしいとお願いすると、そのおばあちゃんが
「おひつウフフフフ!おひつフフフフフ!若いものねウフフフフ!」
と、すごい嬉しそうにしながらおひつを取りに行きました。

ああ、この人か、すごい絡んできたおばあちゃんは。
強烈なキャラクターにより、その後、思わず笑いが止まりませんでした。
その方がこの旅館の女将だというのは後で聞きました。
翌朝も同じ同僚の部屋での食事だったのですが、
準備をされたのはまた女将だったらしく。

準備をしに来た女将と同僚の会話。
女将「元気?」
同僚「元気です。」
女将「どこが一番元気なの?♡」
同僚(苦笑)
女将「当ててあげようか?♡」
完全にセクハラですね。

ですがこの女将のおかげで、
サービスに苦情を言いたい思いはむしろ吹き飛びました。
面白すぎて。

出ていく際には、
同僚は抱きしめられながら「もう帰っちゃうの?」と言われたみたいです。
そして去り際には投げキッス。

その旅館にしばらくの期間泊まっている業者の方は、
年始に、女将に抱きしめられながら、
「姫初めする?」
と言われたらしいです。
もはやホラーです。

長野の温泉街に行かれる方は、もしかしたら出会うかも?
楽しみにしていてください。

[Monsieur]
スポンサーサイト



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

kkseishin

Author:kkseishin
株式会社セイシン
私たちは工場設備機器を中心に、お客様にご提案・販売をしている総合商社です。

■富山本社/〒930-0821
富山県富山市飯野16番地の5
TEL:(076)451-0541
FAX:(076)451-0543

■新潟営業所/
〒950-1142
新潟県新潟市江南区楚川甲619番地6号
TEL:(025)283-5311
FAX:(025)283-7469



URL:http://www.kk-seishin.com/

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR